サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ、インドで解体・リサイクル事業 豊田通商との合弁会社が稼働 処理台数は月間2000台

ここから本文です
 スズキは24日、豊田通商とインドに設立した使用済み車両の解体・リサイクルを行う合弁会社「マルチ・スズキ・トヨツウ・インディア(MSTI)」が23日に稼働したと発表した。自動車保有台数が拡大するインド市場において、豊通が待つ解体・リサイクルのノウハウを生かし、地球温暖化や土壌汚染などの環境問題に対応する。

 MSTIは、スズキのインド子会社のマルチ・スズキ・インディアが50%、豊通が25%、豊通のインド子会社のトヨタ・ツウショウ・インディアが25%を出資し、19年10月に設立。このたび、ウッタル・プラデーシュ州ノイダ地区の施設が稼働した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン