現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スクープ】ターゲットはBMW「i7」!? ボルボ次世代フラッグシップ「ES100」、デザイン大予想

ここから本文です

【スクープ】ターゲットはBMW「i7」!? ボルボ次世代フラッグシップ「ES100」、デザイン大予想

掲載 15
【スクープ】ターゲットはBMW「i7」!? ボルボ次世代フラッグシップ「ES100」、デザイン大予想

堂々たる風格のフラッグシップサルーンEV

ボルボは11月9日、新型電動クロスオーバーSUV『EX90』を発表したが、次世代フラッグシップセダン『ES100』を大予想した。

【スクープ】三菱「エクリプス」が日産「Z」と兄弟モデルとなって復活の噂が!? そのスタイルを大予想!

【画像6枚】ボルボの最上級EVサルーン「ES100」の予想CGを見る

CGを提供してくれたのデジタルアーティストのTheottle氏だ。同氏によるとこのモデルはBMW「i7」やメルセデスベンツ「EQS」の直接のライバルになる、同様のスタイルのフルエレクトリックセダンだと言う。

デザインはi7に基づき制作、同じプロポーションを維持しながら、ボディワーク全体をEX90のパーツに置き換えている。フルエレクトリックSUVのシンプルなライン、滑らかな表面、グリルレスのフロントエンドは伝統的セダンのボディスタイルにピッタリだが、LEDヘッドライトは主流のスリムデザインが好ましいかも知れない。

ES100のパワーユニットは、EX90と共有するとみられ、デュアル電気モーターのセットアップを搭載、最高出力517ps、BMW i7より強力な最大トルク910Nmを発揮する。また107kWhのバッテリーを積むが、セダンのため後続距離はEX90の373マイル (600km) よりも長くなる可能性がある。

現在、ボルボのラインナップで最大かつ最も豪華なセダンモデルは、2016年に最初に導入された「S90」だ。しかし、4,963 mm (195.4 インチ)の全長はBMW 5シリーズ、アウディA6、メルセデスベンツ Eクラスと同レベルであり、フラッグシップとしは物足りない。

S60とS90の両モデルが新しい世代に継承されるか明らかではないが、同ブランドでは、SUVと並んでセダンとエステートを作り続けることを約束しており、すでに「ES60/EV90」および「ES90/EV90」の名前が商標登録されている。現段階でES100の商標登録は未確認だが、i7と並ぶ最高級セダンが計画されているも不思議ではないだろう。

関連タグ

こんな記事も読まれています

「入り口が斜めに切られた」トンネル、なぜ増えた? 図らずも効果バツグン!? でも全部ができるわけじゃない
「入り口が斜めに切られた」トンネル、なぜ増えた? 図らずも効果バツグン!? でも全部ができるわけじゃない
乗りものニュース
「ポンピングブレーキ」覚えてる? そもそも何のために存在し、もはや「不要なスキル」なの? 実は今でも意外な「役立ち方」があった!
「ポンピングブレーキ」覚えてる? そもそも何のために存在し、もはや「不要なスキル」なの? 実は今でも意外な「役立ち方」があった!
くるまのニュース
メルセデスベンツの小型EVミニバン『EQT』、3列シート7名乗りのロング登場…欧州発表
メルセデスベンツの小型EVミニバン『EQT』、3列シート7名乗りのロング登場…欧州発表
レスポンス
ナビタイムジャパン「auカーナビ」がAndroid Auto 1.4に対応
ナビタイムジャパン「auカーナビ」がAndroid Auto 1.4に対応
レスポンス
トライアルブーム再燃!? 世界タイトルを獲得したホンダが作り上げた往年の公道トライアル車とは
トライアルブーム再燃!? 世界タイトルを獲得したホンダが作り上げた往年の公道トライアル車とは
バイクのニュース
住友ゴム ゴム中の原子・分子運動の測定技術で高強度、耐摩耗性のタイヤ開発に貢献
住友ゴム ゴム中の原子・分子運動の測定技術で高強度、耐摩耗性のタイヤ開発に貢献
Auto Prove
GTワールドチャレンジ・アジア富士大会はポルシェが2連勝。岡崎ポルシェが日本勢ベストの7位に
GTワールドチャレンジ・アジア富士大会はポルシェが2連勝。岡崎ポルシェが日本勢ベストの7位に
AUTOSPORT web
トヨタ 『ランドクルーザー70』Tシャツ新発売…キッズサイズもあり、メーカー公認
トヨタ 『ランドクルーザー70』Tシャツ新発売…キッズサイズもあり、メーカー公認
レスポンス
亡きユベールと共に登ったF2表彰台から5年……不屈の男コレア、壮絶な大怪我からの復活で掴んだ3位に「非現実的だ!」
亡きユベールと共に登ったF2表彰台から5年……不屈の男コレア、壮絶な大怪我からの復活で掴んだ3位に「非現実的だ!」
motorsport.com 日本版
約1100台の歴代ロードスターが大集合! マツダ・ロードスター生誕35周年 世界最大のファンミーティング「軽井沢ミーティング」開催
約1100台の歴代ロードスターが大集合! マツダ・ロードスター生誕35周年 世界最大のファンミーティング「軽井沢ミーティング」開催
VAGUE
新型フォレスターを北米モデルから”大予想”! 年内登場濃厚か!?
新型フォレスターを北米モデルから”大予想”! 年内登場濃厚か!?
月刊自家用車WEB
5速MT設定! スズキ「“斬新”オシャレ軽トラ」がカッコイイ! 精悍「黒すぎ顔」×超「タフワイルド」デカール装備! カジュアルすぎる軽トラとは
5速MT設定! スズキ「“斬新”オシャレ軽トラ」がカッコイイ! 精悍「黒すぎ顔」×超「タフワイルド」デカール装備! カジュアルすぎる軽トラとは
くるまのニュース
JAF滋賀支部、車庫入れセミナー開催 7月13日
JAF滋賀支部、車庫入れセミナー開催 7月13日
レスポンス
タイヤにも正しい洗い方があります! 知らないとゴムを傷めてヒビの原因に…業界随一のオカルトグッズ評論家が解説します
タイヤにも正しい洗い方があります! 知らないとゴムを傷めてヒビの原因に…業界随一のオカルトグッズ評論家が解説します
Auto Messe Web
ペレスのレッドブル2年残留を、96年F1王者デイモン・ヒルが考察「マックスに、チームの将来像を示してあげる必要があったのでは?」
ペレスのレッドブル2年残留を、96年F1王者デイモン・ヒルが考察「マックスに、チームの将来像を示してあげる必要があったのでは?」
motorsport.com 日本版
レンジローバー SVに日本専用の限定モデル「ビスポーク 1858エディション」「ビスポーク バルモラル エディション」が登場
レンジローバー SVに日本専用の限定モデル「ビスポーク 1858エディション」「ビスポーク バルモラル エディション」が登場
Webモーターマガジン
ダイハツ、グランマックス/タウンエース/ボンゴトラックで新たな不具合発覚 その他すべての車種は基準適合確認
ダイハツ、グランマックス/タウンエース/ボンゴトラックで新たな不具合発覚 その他すべての車種は基準適合確認
日刊自動車新聞
ボッシュ・テックデー2024 SDVの進化に伴うドメインコンピュータとソフトウェアによる次世代車両技術を発表
ボッシュ・テックデー2024 SDVの進化に伴うドメインコンピュータとソフトウェアによる次世代車両技術を発表
Auto Prove

みんなのコメント

15件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1089.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

68.0809.8万円

中古車を検索
S90の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1089.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

68.0809.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村