サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > バブル崩壊とともに名門F1チームが撤退…1992年の記憶【連載第9回:熱田護のF1勝手に片思い】

ここから本文です

ベネトンフォードに乗るのは、フル参戦1年目のマイケル・シューマッハ選手(奥)とマーチン・ブランドル選手(手前)。

ベルギーグランプリでは、シューマッハ選手がF1初優勝を飾っています。

史上2人目のF1ドライバー、ジョバンナ・アマティー選手ほか写真で見る

USEN440、オートポリス、SANYOは、日本のスポンサーです。

ニキ・ラウダさんと話すのは、同じオーストリア出身のカール・ベンドリンガー選手。

レイトンハウスが撤退した後、マーチと名前を変更して参戦。

大きなスポンサーもなく、おそらくマシンの開発も進まないままであったが、カナダでベンドリンガー選手が4位入賞。

おすすめのニュース

サイトトップへ