現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2023年F1第23戦アブダビGP決勝トップ10ドライバーコメント(1)

ここから本文です

2023年F1第23戦アブダビGP決勝トップ10ドライバーコメント(1)

掲載
2023年F1第23戦アブダビGP決勝トップ10ドライバーコメント(1)

 2023年F1第23戦アブダビGPの決勝レースで6位~10位に入賞したドライバーたちが日曜日を振り返った。6位~10位のドライバーはオスカー・ピアストリ(マクラーレン)、フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)、角田裕毅(アルファタウリ)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、ランス・ストロール(アストンマーティン)だ。

■ランス・ストロール(アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム)
決勝=10位(58周/58周)
 ハードタイヤでレースをスタートすることを選んだ。ロングスティントのどこかでセーフティカーが出動して、最小限のタイムロスでタイヤ交換ができることに期待をかけたんだ。

フランツ・トストがアルファタウリF1代表として最後のレースを終える「すべてのドライバーと関係者に感謝」

 だが、そういった展開にはならず、2ストップ戦略を採らざるを得なくなった。それでもなお、かなり攻撃的なレースができたと思うし、サーキットを駆け抜けることができた。

 僕らは決勝日の方がペースが良い傾向があって、今日はまさにその好例だった。

 誇りに思えるような力強いパフォーマンスで2023年を締めくくることができて満足している。

 今年は学習の一年になり、かなり浮き沈みがあったとはいえ、来年に向けて良い環境が整ってきたね。

■ルイス・ハミルトン(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム)
決勝=9位(58周/58周)
 コンストラクターズ選手権で2位を獲得できたことを、チームのためにもうれしく思う。

 サーキット現場と、ファクトリーのあるブラックリー、ブリックスワース(パワーユニット開発拠点)すべての素晴らしい努力があった。

 でも、まだ僕たちが望む位置にはいない。僕たちはタイトルとレースでの勝利を争えるようになりたいんだ。

 今週末は、シーズンオフの間に全力を尽くして懸命な仕事をする必要があることが示されていた。望むべきポジションに返り咲き、来年はさらに強くなって戻るためにね。

 今日の結果にファクトリーのみんなが満足してくれることを願っているし、今シーズンにチームが注いできたすべてのハードワークに感謝している。僕たちにとって長く厳しい一年だった。

■角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)
決勝=8位(58周/58周)
 ドライバー・オブ・デ・デーで僕に投票してくれた皆さんに感謝します。

 厳しいレースでした。一時は、トップ6位内でフィニッシュできると考えていましたが、うまくいきませんでした。でも、ステイアウトして1ストップ戦略を試したことに後悔はありません。僕は全力を尽くしたので、自分自身に満足しています。

 全体的に楽しいシーズンでした。序盤はマシンパフォーマンスに苦労しましたが、シーズンを通してステップアップしていくことができました。

 コンストラクターズ選手権7位には届きませんでしたが、ビスターとファエンツァのチームのおかげで、シーズン終盤で10位から8位に上がれました。一方で、僕は、たとえばメキシコなどで、いくつかミスを犯し、それが結果に影響しました。ウイリアムズチームは素晴らしい仕事をしましたし、彼らは7位にふさわしいです。彼らとの戦いを楽しみました。

 フランツに感謝します。この3年間を楽しんできたので、彼がいなくなると間違いなく寂しくなるでしょう。どう改善するかについての彼のアドバイスがなかったら、僕はF1キャリアのなかでこれほど進歩することはできなかったでしょう。彼に感謝しています。今後も連絡を取り合うつもりです。

■フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム)
決勝=7位(58周/58周)
 アストンマーティンのチームのみんなが本当に熱心に働いてくれた。これからシーズンオフに入って来年に向けた作業を始めることを、今から楽しみにしている。

 今年は下位チームのひとつとして開幕を迎えたけど、2024年は大いに注目を集めながらのスタートになる。まずはそれに備える必要があるだろうね。

 最後に、チームの全員に向けて「本当にありがとう。お疲れさま」と伝えたい。

 今年は自分たちのあらゆる予想をはるかに超える成績を収めることができた。チームのひとりひとりが、こうしてみんなで成し遂げたことを誇りに思っていいだろう。

■オスカー・ピアストリ(マクラーレン・フォーミュラワン・チーム)
決勝=6位(58周/58周)
 ちょっとトリッキーな一日だった。でも、コンストラクターズ4位という成績は、とても良い結果であることに変わりはない。

 チームとして、来年はこれより上を目指すのはもちろんだけど、僕自身はまずF1での初シーズンを心からエンジョイしたよ。

 素晴らしいハイライトもあれば、少し厳しい場面もあったけど、そのすべてがいい経験になった。ひとまず、少しの休みが取れるのを楽しみにしている。

 トラックサイドとウォーキング(マクラーレン本社)のチームに感謝したい。そして、このローラーコースターのようなシーズンを通じて、ずっと僕らを応援してくれたファンのみんなにもね。

 来年はもっと上位で戦えるようになって戻って来るつもりだ。

こんな記事も読まれています

春爛漫の新潟に名車が集結…20世紀ミーティング2024春季「クラシックカー&バイクの集い」
春爛漫の新潟に名車が集結…20世紀ミーティング2024春季「クラシックカー&バイクの集い」
レスポンス
マツダ新型「最大・最上級セダン」世界初公開へ!? “流麗”ボディ&横一文字ライトが見えた! 噂の新型「マツダ6」中国で近日発表か
マツダ新型「最大・最上級セダン」世界初公開へ!? “流麗”ボディ&横一文字ライトが見えた! 噂の新型「マツダ6」中国で近日発表か
くるまのニュース
【MotoGP】苦戦するヤマハへの残留決めたクアルタラロ、24歳という若さも一因に? 31歳で移籍のマルケスが指摘「彼にはまだ時間が残されている」
【MotoGP】苦戦するヤマハへの残留決めたクアルタラロ、24歳という若さも一因に? 31歳で移籍のマルケスが指摘「彼にはまだ時間が残されている」
motorsport.com 日本版
レッドブル・パワートレインズの2026年PU、設定した目標を達成中とホーナー代表自信「ライバルとの比較は、現時点ではできないが……」
レッドブル・パワートレインズの2026年PU、設定した目標を達成中とホーナー代表自信「ライバルとの比較は、現時点ではできないが……」
motorsport.com 日本版
カッコいいじゃん……ホンダが[イエ]ブランド[GTコンセプト]を世界初公開! EV[e:N]シリーズに続く第2弾は2027年までに6車種一挙投入
カッコいいじゃん……ホンダが[イエ]ブランド[GTコンセプト]を世界初公開! EV[e:N]シリーズに続く第2弾は2027年までに6車種一挙投入
ベストカーWeb
富士山に朱雀……どころかくまモンにみきゃんってゆるキャラまで! 続々増える「図柄入りナンバー」の人気ランキングをチェックしてみた
富士山に朱雀……どころかくまモンにみきゃんってゆるキャラまで! 続々増える「図柄入りナンバー」の人気ランキングをチェックしてみた
WEB CARTOP
日産がフォーミュラEをモチーフとした「シビれる」音楽を配信!? イノベーションと情熱を表現
日産がフォーミュラEをモチーフとした「シビれる」音楽を配信!? イノベーションと情熱を表現
Webモーターマガジン
トヨタ「ハイラックスサーフ“後継車”」が全面刷新!「日本で復活したら欲しい!」の声も!? 武骨な本格四駆の需要あり?
トヨタ「ハイラックスサーフ“後継車”」が全面刷新!「日本で復活したら欲しい!」の声も!? 武骨な本格四駆の需要あり?
くるまのニュース
各メーカーの性能が拮抗し過ぎたから? 開幕戦で追い抜きの少なかったGT500にHRCも訝しげ「かつてのスーパーフォーミュラのよう」
各メーカーの性能が拮抗し過ぎたから? 開幕戦で追い抜きの少なかったGT500にHRCも訝しげ「かつてのスーパーフォーミュラのよう」
motorsport.com 日本版
ホンダ、人気の軽バン「N-VAN」の一部改良を実施。内外装にアウトドアテイストをプラスした特別仕様車「STYLE+ NATURE」も同時発売
ホンダ、人気の軽バン「N-VAN」の一部改良を実施。内外装にアウトドアテイストをプラスした特別仕様車「STYLE+ NATURE」も同時発売
月刊自家用車WEB
川口の“あまりにも惜しい”道路が奇跡の全線開通!? “高速越えたら虚無”30年越しの解消!
川口の“あまりにも惜しい”道路が奇跡の全線開通!? “高速越えたら虚無”30年越しの解消!
乗りものニュース
アストンマーティンF1と“キャリア最長の契約”を結んだアロンソは引退後もチームに残留か。将来的には「違う役割を担う」
アストンマーティンF1と“キャリア最長の契約”を結んだアロンソは引退後もチームに残留か。将来的には「違う役割を担う」
AUTOSPORT web
日産が「和製スーパーカー」投稿! ゴールドアクセントが強烈!? わずか50台の限定発売… 「GT-R50」とは
日産が「和製スーパーカー」投稿! ゴールドアクセントが強烈!? わずか50台の限定発売… 「GT-R50」とは
くるまのニュース
純血の競技マシン!三菱「ランサーエボリューションII」とは
純血の競技マシン!三菱「ランサーエボリューションII」とは
バイクのニュース
日産「GT-R」のパトカーが大人向けトミカから登場! 白いボディのV-spec N1も同時に発売。
日産「GT-R」のパトカーが大人向けトミカから登場! 白いボディのV-spec N1も同時に発売。
くるくら
アウディの4ドアスポーツEV『e-tron GT』に改良新型、プロトタイプの写真を公開
アウディの4ドアスポーツEV『e-tron GT』に改良新型、プロトタイプの写真を公開
レスポンス
実は深刻なのよ……免許返納を親子間で話す家族はたったの3割 解決方法は
実は深刻なのよ……免許返納を親子間で話す家族はたったの3割 解決方法は
ベストカーWeb
【50本限定】ランボルギーニが「ラケット」を作る!? カーボンファイバー技術を応用した「パデル」用の究極スポーツ用品とは
【50本限定】ランボルギーニが「ラケット」を作る!? カーボンファイバー技術を応用した「パデル」用の究極スポーツ用品とは
Auto Messe Web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村