サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 欧州のベストセラーSUV、「フォルクスワーゲン・ティグアン」がマイナーチェンジでプラグインHV仕様を追加!

ここから本文です

欧州のベストセラーSUV、「フォルクスワーゲン・ティグアン」がマイナーチェンジでプラグインHV仕様を追加!

トップパフォーマンスモデル「ティグアンR」も設定

7月1日、フォルクスワーゲンはSUVの「ティグアン」にマイナーチェンジを実施したことを発表した。

ワゴン系の「シューティングブレーク」やハイブリッドも! 「フォルクスワーゲン・アルテオン」が大幅進化

ティグアンは2008年に初代が誕生。2016年に2代目に生まれ変わり商品力に磨きをかけた。ティグアンは欧州では最も成功したSUVとなっており、2019年にはグローバル販売台数が91万1000台に。初代から数えると累計で600万台を販売する、世界で最も売れているSUVの1台に成長した。




新型はフロントマスク及びリヤエンドのデザインを一新。フロントグリルはよりワイドになり、スポーティな形状のバンパーを組み合わせた。ヘッドライトに新しい「IQ.LIGHT」と呼ぶLEDマトリクスライトを採用した点もニュースだ。テールライトのデザインも凝ったもので、流れるように点滅するシーケンシャルウインカーが採用されている。なお、ボディ前後などに装着されるVWのエンブレムは、先ごろ発表された新デザインだ。

インテリアはさらなるデジタル化を促進。メーターパネルやセンターパネル上部ディスプレイだけでなく、エアコンの調整パネルもタッチスライダー式を採用。インスツルメントパネルは比較的シンプルだが、機能性の高さを感じさせるデザインにまとめられている。インフォテインメントシステムは最新世代の「MIB3」が採用された。

4WDシステムの「4MOTION」には、電子制御式LSD「XDS」を組み合わせた「4MOTIONアクティブコントロール」が設定され「オンロード」、「オフロード」、「スロー」、「インディビジュアル(個別設定)」の4つから、走行状況などに合わせてドライビングモードが選択できる。

このほか、最高210km/hまでの車速で部分自動運転を可能にする「トラベルアシスト」や、harman kardon製480Wサウンドシステムのオプション設定も新しい。




そして新型には、ゴルフなどに設定されているトップパフォーマンス仕様の「R」が、ティグアンとして初めて設定された。搭載エンジンやパフォーマンスデータは今後の発表を待つことになるが、「Rパフォーマンス・トルク・ベクタリング」が搭載され、走行状況に応じて前後アクスル間、さらに左右輪間で駆動力を最適に配分し、より質の高いドライビングダイナミクスを実現しているという。




さらに新型ではプラグインハイブリッド仕様「eハイブリッド」もラインアップ。こちらも詳細は未発表だが、EVモードによる最高速は130km/hをマークするとのこと。





 

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します