サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 新生コンパクトSUV トヨタ・ライズ用パーツ「モデリスタ」と「TRD」から登場

ここから本文です

新生コンパクトSUV トヨタ・ライズ用パーツ「モデリスタ」と「TRD」から登場

直系ブランドだからできるフィッティングの確かさ  

 11月5日に発表されたばかりのコンパクトSUV「トヨタ・ライズ」に、その印象を一変させるドレスアップパーツが、モデリスタとTRDから早くも登場している。

TRD 新型スープラ試乗、エアロパーツとアルミテープがもたらすチューニング効果を体感

 トヨタ・ライズはダイハツ・ロッキーの兄弟車で、ダイハツからOEM供給されるクルマ。かつてのトヨタ・ラッシュ/ダイハツ・ビーゴの実質後継モデルといえる。全長は4mを切るコンパクトサイズのSUVで、100psの1リッターターボエンジンを搭載し、FF/4WDをラインアップ。それぞれのブランドが展開しているパーツを紹介しよう。

【モデリスタ】ドレスアップ・バージョン  

 モデリスタは2タイプ用意し、いずれもフロント、サイド、リヤのパーツで構成。ひとつは「アドバンス・ブラスト・スタイル」で、コンパクトSUVなライズをダイナミックに見せる大胆なデザインを採用。フロントスポイラーの左右にはLEDのイルミネーションを配し、夜間の見栄えも考慮されている。

 もうひとつは「エレガント・アイス・スタイル」。こちらはメタル調の塗装があしらわれ、シンプルかつシャープで洗練された雰囲気を醸し出す。リヤは左右分割タイプのスパッツとなる。

 ほかにも、ルーフに装着するリヤスポイラーや、メッキのフロントグリルカバーとバックドアガーニッシュがセットの「クールシャインキット」、18インチアルミホイール&タイヤセットなども用意されている。

 室内もインテリアパネルセットやラゲージウッドデッキなどの実用パーツも設定となった。

【TRD】ドレスアップ・バージョン

 対してTRDは1タイプのみ。エクステリアは「赤と黒」を基調にしたボディパーツやデカールで構成される。

 フロントスポイラー&リヤバンパースポイラーは基本的にツヤ消しブラックで、フロントは左右のエアインテーク部分、リヤはディフューザー形状の部分に赤をあしらうことで疾走感を表現。また、サイドとバックドアにはTRDのロゴが入り、同じく赤と黒でデザインされたデカールも用意されている。

 加えて小物類も登場。ドアハンドルの窪み部分に貼るドアハンドルプロテクターは、ブラックとシルバーから選べる。

 インテリアではレッドのTRDロゴ入りのプッシュスタートスイッチ。他にも夏場に活躍するTRDのロゴ入りサンシェードや、エッジ部分にレッドをあしらいTRDのロゴが入ったラゲージマットなどもラインアップした。

 モデリスタはドレッシーに、TRDはスポーティさが強調できる、それぞれに異なる個性を持たせたのも特筆すべき。あなたはどちらがお好み?