サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「マイルドハイブリッド」はエンジンだけで走る“名ばかり”エコカー? ハイブリッド車と違う点

ここから本文です

「マイルドハイブリッド」はエンジンだけで走る“名ばかり”エコカー? ハイブリッド車と違う点

燃費向上や加速補助などが主な用途

 最近よく耳にする「マイルドハイブリッド」機構。新開発ガソリンエンジン”SKYACTIV-X”(スカイアクティブ-X)を搭載するマツダ3や、スズキのハスラーやワゴンRなど、採用車種が増加中だが、いわゆる「ハイブリッド車」や「プラグイン・ハイブリッド車」との違いはなんだろうか。その目的や機構の違いなどを解説しよう。

「レクサス」が「メルセデス・ベンツ」よりも売れていないのはブランド力の差なのか

 まず、マイルドハイブリッド車とハイブリッド車の違いは、大きく2つある。その説明の前に、マイルドハイブリッド車とは、「モーター/発電機」による電動化は行なうものの、走行の主体はエンジンというクルマだ。

 それに対し、ハイブリッド車(プラグイン・ハイブリッド車、電気自動車含む)は、走行で積極的にモーター/発電機を活用し、大幅な燃費向上や排ガスゼロ化を目指すクルマである。それらを踏まえたうえで、モーター/発電機という言葉遣いについても解説しておこう。

 まず、電気を使って動力を得るモーターと、電気を生み出す発電機は、機構がまったく同じであることからこの言い方が生まれる。

 クルマの電動化に際し、モーター/発電機を用いることによって、アクセルペダルを踏んで車載バッテリーから電力を流せばモーターが動いてクルマを走らせ、アクセルペダルを戻せば走っていたクルマの動力が、減速と同時に発電にも使われる。この発電機能を回生(かいせい)と呼んでいる。

アイドリングストップからの再始動に使用

 さて、マイルドハイブリッド車で、バッテリーの電力を使ってモーターとして機能させる第一の用途が、アイドリングストップからのエンジン再始動。通常のスターターモーターより素早く、静かにエンジンを再始動させることができる。その理由は、次の通りだ。

 モーター/発電機は、加速の際にエンジンの補助力としても機能する。ただし、モーターだけを使ういわゆるEV走行をしないのが、マイルドハイブリッド車である。ここが、ハイブリッド車との大きな違いの1点目になる。

 モーター走行をしないとはいえ、加速の補助をするのだから、モーターの動力はそれなりに大きい。強い力を活用して、アイドリングストップからエンジン再始動を行うため、素早く、なおかつ静かに再始動を行なうことが可能だ。

マツダSKYACTIV-Xは加速補助なし

 アクセルを戻しクルマが減速する際の”回生”では、バッテリーへの充電をより多く行なうことができるのも、このモーター/発電機の出力が通常のオルタネーター(交流発電機)に比べて大きいからだ。減速時の発電だけでバッテリーへの充電を十分に行なえるため、従来のエンジン車のように走行中に発電を行なわなくても済み、発電のための燃料消費を抑えることが可能。すなわち、燃費向上に役立つ。

 マイルドハイブリッド車の燃費が通常のエンジン車より良くなる理由は、加速力の補助を行なうことに加え、この回生を主体とした減速時での発電があるからだ。そのうえで、モーター/発電機の出力は、モーター走行を行なわない分ハイブリッド車より小さく抑えることができ、バッテリー搭載量も少なくて済むため、原価低減に役立つ。これがハイブリッド車との違いの2点目だ。

 ただし、マイルドハイブリッドを採用したガソリンエンジンの中でも、マツダがマツダ3に搭載する新開発の「SKYACTIV-X」は、モーター/発電機を加速の補助として使っていない。

 理由は、圧縮着火というディーゼルエンジンと同様の燃焼方式を採用したこと。エンジンの運転だけでもガソリンエンジンに比べて燃費が良くなるからだろう。

モーターだけで走れるのがハイブリッド車

 念の為、付け加えると、ハイブリッド車でモーター/発電機をどのように使っているかを説明しておこう。アイドリングストップ後の発進に際し、モーターのみで走ることができる点がマイルド・ハイブリッドと異なる。

 ただし、マイルドハイブリッド車はプラグイン・ハイブリッド車や電気自動車に比べ、搭載するバッテリー量が多くないので、発進後まもなくエンジンが再始動する。それでも、通常クルマは発進の際に燃料消費量が多くなるので、発進時にモーター走行することは、燃費向上に大いに役立つわけだ。

 また、ハイブリッド車は走行状況に応じてモーターとエンジンの両方で走行可能。走行中にエンジンの負荷が少ない(アクセルペダルを深く踏み込んでいない)場合で、なおかつバッテリーに十分な電力が残されているときにはモーターだけの走行を行なうこともできる。

 そしてハイブリッドに車は、モーターとエンジンの動力を両方とも走行に利用する方式(パラレル式)と、走行はモーターのみによって行ない、モーターへ供給する電力確保のため発電用にエンジンを使う方式(シリーズ式)の2種類がある。パラレル式の代表的な車種はプリウスだ。

 一方、シリーズ式の代表的な車種は、日産のノートやセレナに設定されている「e-POWER」モデルである。

プラグイン・ハイブリッド車は長距離EV走行が可能

 プラグイン・ハイブリッド車になると、バッテリー搭載用が増えることにより、モーターのみによるEV走行をより広範囲に行なうことが可能。代表としては、ホンダのクラリティPHEVがあり、モーターのみで100kmを走行でき、高速道路では時速100kmでモーター走行することもできる。ただし、バッテリーへの充電が十分なされていることが条件となる。

 プラグイン・ハイブリッド車は、電気自動車と同じように充電を行うことで、そのEV走行を可能にする。充電できない場合は、ハイブリッドカーと同じようにモーターとエンジンを併用した走行になる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します