現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > インパル星野一樹監督、F2王者プルシェールの適応力に大興奮「並じゃない。平川みたいに“区別”ができるタイプ」

ここから本文です

インパル星野一樹監督、F2王者プルシェールの適応力に大興奮「並じゃない。平川みたいに“区別”ができるタイプ」

掲載 1
インパル星野一樹監督、F2王者プルシェールの適応力に大興奮「並じゃない。平川みたいに“区別”ができるタイプ」

 鈴鹿サーキットで12月6日から行われている全日本スーパーフォーミュラ選手権の合同/ルーキーテストにITOCHU ENEX TEAM IMPULから参加した2023年のFIA F2王者、テオ・プルシェール。初日こそ総合16番手に終わったものの、2日目にはタイムも向上し、セッション4ではトップから0.290秒差の1分36秒586で6番手につけ、初めてのスーパーフォーミュラ走行を終えた(FIA表彰式出席のため、3日目は出走せず)。

 初めてのマシン、タイヤ、コースに難しさを感じる部分もあったようだが、FIA F2王者の片鱗を見せつけたプルシェール。星野一樹監督も、思わず「いやぁ、スゴいですよ!」と驚きの声をあげていた。

「振り出しに戻った方がいい」「まだ分からないこともたくさん」「暖かくなるまで待ちます」【SF Mix Voices 合同テスト】

「セッション1の3周目から、(今回20号車をドライブした国本)雄資と同じようなタイムを出しているところを見て『コイツは並じゃないな!』と思いました。初日は、ウチがクルマの持ち込みセットを外してしまったところがありました。1日目を終えてデータを見直してもらって、クルマは良いどころにだいぶ戻せました。そうしたら、テオも良いタイムを出してくれました」と一樹監督。

「今回は2日間で6セット履きましたけど、ニュータイヤを入れるたびにコンマ数秒ずつタイムを上げてくれました。毎回学習をして、伸び悩むことが一度もなく、セッション1からセッション4まで来た。やっぱり、F1に乗るような人間はレベルが違うなと思いました」と、プルシェールの凄さに一樹監督は興奮を隠しきれないといった様子だ。

 さらに、タイムが出ていないことに対しての問題点がどこにあるのかを正格に把握できている部分も、一樹監督は高く評価している。

「すべてをクルマのせいにせずに、『ここは僕の問題だから、次見ていて!』という言い方をしてきます。基本的に『こことこことは僕の運転の問題だから、そこは次直すから大丈夫。でも、ここだけはクルマ側で直してほしい』という指摘の仕方をしてくれます。平川(亮。2023シーズンまで在籍)みたいに、自分が良くないところとクルマ側が良くないところの区別がしっかりできるタイプ。正直、僕の領域では分からないことで……本当に並じゃないですね」

 現役時代から多くの外国人ドライバーとともにレースをしてきた一樹監督。その中でもプルシェールは、前例がないほどの逸材のようだ。

「ブノワ(・トレルイエ)を最初に見た時も衝撃的でしたけど、(プルシェールは)強烈にいっちゃうというよりも、すべがコントロールされていて、自分のコントロール下のもとに完璧に仕上げていくタイプなので、レースが速いと思います。2日目のロングランもめちゃくちゃ速かったです。(予選で)2~3列目にいれば、すぐに勝ってしまうようなレースをすると思います。すごく賢いですね」

 そうなると、レースを観る側としてはプルシェールが来季日本で走る姿を期待せざるを得ないのだが、そこについては「そこはトヨタさん次第なので、まだ分からないです」と一樹監督。それでも、「仮に彼が来季チーム・インパルで参戦することになれば、明らかにチャンピオン争いはすると思います。適応能力が半端ではないです」と力強く語っていた。

■難しいのはクルマよりコース? プルシェールは“鈴鹿攻略”に悩む

 一方、当のプルシェールは「素晴らしいコースだし、素晴らしいクルマだなと思った。いままで経験してきたものとは異なる部分もあるから、そこに合わせ込まなければいけないけど、1日目としては良かったのかなと思う」と初走行を終えた後に満面の笑みで話していた。

 一樹監督も言及したように、テスト1日目はマシンのセットアップが思うようにいかず、タイム的に苦戦をした部分もあったが、セッションを重ねるごとにタイムを上げいき、最後には1分37秒台中盤のタイムをマークし、上位ドライバーと遜色ないタイムを記録した。

「良いラップを刻めたけど、まだ僕はこのシリーズについて学ばなければいけないことが多いから、勉強をしている最中だ」とプルシェール。そして、繰り返して強調していたのが「鈴鹿のコースは難しい」ということだった。

「コースを攻略する方が難しい。狭さという点ではジェッダとかモナコほど狭いわけではないんだけど、セクター1は次々とコーナーが現れるし、すべてがつながっている感じだから、もしターン1・2あたりでミスをしたら、そのあとはすべてがうまくいかない。速くて、正確に駆け抜けないといけない。本当に難しい」

「その点でクルマに関しては、FIA F2と比べると適切なセットアップを見つけ出すのは難しいけど、動きに関しては周回を重ねていくことで慣れることができた。FIA F2とF1の間という感覚で、まだ完璧ではないけど、理解は進んでいる」

 もし、来シーズンのスーパーフォーミュラにプルシェールが参戦することになれば、鈴鹿をはじめとした日本のコースに短時間で順応できるかというところが焦点になりそうだ。それをクリアすることができれば、チャンピオン争いの有力候補として名前が挙がる可能性も充分にありそうだ。

関連タグ

こんな記事も読まれています

ノリスが劇的展開でスプリント予選トップに。FIA、最速タイムを抹消も、後に復活させる/F1中国GP
ノリスが劇的展開でスプリント予選トップに。FIA、最速タイムを抹消も、後に復活させる/F1中国GP
AUTOSPORT web
いつ届くかはわからない……[リコール]は他人事じゃない 自分の愛車が対象になったら
いつ届くかはわからない……[リコール]は他人事じゃない 自分の愛車が対象になったら
ベストカーWeb
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】電動メタルルーフを国産車で初めて採用したシルビアヴァリエッタ!!
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】電動メタルルーフを国産車で初めて採用したシルビアヴァリエッタ!!
ベストカーWeb
無数の十字架が「ルート66」唯一のワインディングに…険しくも不思議と落ち着くオススメの場所です【ルート66旅_48】
無数の十字架が「ルート66」唯一のワインディングに…険しくも不思議と落ち着くオススメの場所です【ルート66旅_48】
Auto Messe Web
角田裕毅、スプリント予選19番手「今までこれほど苦労したことはない。土曜予選までに突破口を見出したい」/F1中国GP
角田裕毅、スプリント予選19番手「今までこれほど苦労したことはない。土曜予選までに突破口を見出したい」/F1中国GP
AUTOSPORT web
アストンマーティンF1の抗議棄却。サインツJr.の予選”復活”は慣例では認められると判断
アストンマーティンF1の抗議棄却。サインツJr.の予選”復活”は慣例では認められると判断
motorsport.com 日本版
嘘のように速いホットハッチ:MG 4 EV Xパワー 「まさにコレ!」な正当性:クプラ・ボーン お手頃EV 12台比較(6)
嘘のように速いホットハッチ:MG 4 EV Xパワー 「まさにコレ!」な正当性:クプラ・ボーン お手頃EV 12台比較(6)
AUTOCAR JAPAN
ポルシェ新型「パナメーラ」に試乗! 常に水平を保つ未体験の走りに驚愕…PHEVは1669万円から
ポルシェ新型「パナメーラ」に試乗! 常に水平を保つ未体験の走りに驚愕…PHEVは1669万円から
Auto Messe Web
ダニロ・ペトルッチ、トレーニング中に負傷で第3戦オランダを欠場。ニコラス・スピネッリが代役でSBKデビューへ
ダニロ・ペトルッチ、トレーニング中に負傷で第3戦オランダを欠場。ニコラス・スピネッリが代役でSBKデビューへ
AUTOSPORT web
【F1第5戦中国GP週末の要点】雨を味方につけたキック・ザウバー、2台揃ってスプリント予選SQ3進出
【F1第5戦中国GP週末の要点】雨を味方につけたキック・ザウバー、2台揃ってスプリント予選SQ3進出
AUTOSPORT web
「圏央道4車線化」鉄道またぐ橋、一夜で架設! 開通はいつ? スマートICもできる!?
「圏央道4車線化」鉄道またぐ橋、一夜で架設! 開通はいつ? スマートICもできる!?
乗りものニュース
シモーネ・テンペスティーニが初優勝。マックス・マクレーもJr.部門を制覇/ERC開幕戦
シモーネ・テンペスティーニが初優勝。マックス・マクレーもJr.部門を制覇/ERC開幕戦
AUTOSPORT web
40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
レスポンス
小沢仁志さんの愛車はV8の「“アウトロー”スポーツカー」!? 鮮烈オレンジ光るド派手な「マスタング」 公開に「めっちゃ目立ちますね」「兄貴の愛車かっこよすぎます」の声
小沢仁志さんの愛車はV8の「“アウトロー”スポーツカー」!? 鮮烈オレンジ光るド派手な「マスタング」 公開に「めっちゃ目立ちますね」「兄貴の愛車かっこよすぎます」の声
くるまのニュース
シリンダー内の「旋回流」が鍵? アンモニアは化石燃料の代わりになるか 上智大学の研究チームが発表
シリンダー内の「旋回流」が鍵? アンモニアは化石燃料の代わりになるか 上智大学の研究チームが発表
AUTOCAR JAPAN
2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
WEB CARTOP
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
AUTOSPORT web
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
AUTOSPORT web

みんなのコメント

1件
  • DBrown
    来シーズン、もし岩佐君とプルシェールがバチバチ争ったら世界的に注目されるでしょう。F2以上に、F1予備軍の熾烈な戦場になる事を期待しています。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村