現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1、不評なスプリント・フォーマットを刷新へ。タイヤウォーマー廃止も一旦棚上げ

ここから本文です

F1、不評なスプリント・フォーマットを刷新へ。タイヤウォーマー廃止も一旦棚上げ

掲載 2
F1、不評なスプリント・フォーマットを刷新へ。タイヤウォーマー廃止も一旦棚上げ

 F1最終戦が開催されているアブダビでF1委員会の会合が行なわれ、リバースグリッドの導入やタイムテーブルの全面的な見直しの検討を含む、スプリント・フォーマットのリフレッシュを目標とすることが合意された。

 今季からスプリント・フォーマットが微調整。スプリントレースが決勝と分離され、スプリント用の予選であるシュートアウトが実施されるようになった。

■角田裕毅、アルファタウリF1の最終アップデートに確かな手応えも「扱いにくさも増した」

 しかしF1パドックでは、この変更が期待されたほどの効果をもたらしていないという評価が固まっている。

 そのため再び微調整をすることが検討されている。そのアイデアのひとつが、金曜日の午後にスプリント・シュートアウトを行ない、土曜日の午前中に決勝レースの予選を実施、午後にスプリントレースを行なうというものだ。

 だがこの方式ではひとつのセッションでクラッシュが発生し、その後の週末に大きな影響を及ぼすリスクがあるとの懸念もある。

 リバースグリッドの導入も検討されているが、トップ10のグリッドを逆転させるか、グリッド全体を逆転させるかの選択肢がある。

 FIAのスポーツ諮問委員会は今後、スプリントレース再編成について詳細を検討し、来年の年明けに開催される2024年最初のF1委員会でチームに提示される予定だ。

 F1はまた、来年スプリントを開催する6つの会場についても今後数週間のうちに決定する予定だ。

■タイヤウォーマー禁止は断念

 F1委員会はまた、来季中に評価される予定だった2025年のタイヤウォーマー禁止を断念することにも同意した。

 これは現在、タイヤ特性がレースにおいて理想的なものではないという見解がある中、F1上層部が改善を推進する中での動きである。

 FIAとF1が発表した声明では、次のように述べられている。

「委員会は、今後のタイヤ開発の方向性として、オーバーヒートの問題を軽減し、タイヤのレース性を向上させることに重点を置くべきであるとし、2025年もタイヤウォーマーを維持することを決定した」

 また今季、F1はATA(代替的なタイヤ配分)の評価を2度実施した。これはドライタイヤの供給数を11セットに削減する試みだったが、2024年は1週末につき1台あたり13セットのタイヤを標準とすることも合意され、ATAに関するレギュレーションは削除することとなった。

■ドライバーのクーリング対策

 今年のカタールGPでドライバーが直面した過酷な状況を受け、コックピット内のコンディションを改善することが合意された。

 2024年からはレギュレーションが改正され、ドライバーの冷却を促進するためのスクープ(吸気口)を設けることが許可される。

 この案は当初、今季中に導入されることも検討されていたが、あるチームの反対により却下されたという。

 安全性を向上させるためのさらなる動きとして、フロアの金属部品が外れて他のマシンにダメージを与えるリスクを減らすため、ルールにさらなる微調整が加えられる。また、FIAは雨天時の視界を確保するためにホイールカバーのテストを実施することに合意している。

■2026年マシンの開発禁止で合意

 F1チームは、抜本的にレギュレーションが見直される2026年に向けて開発を始めているが、当面はマシンの開発を行なわないことで合意がなされた。

 声明では 「委員会は、2025年の開幕前に2026年シーズンのマシン開発に着手することを禁止することで合意した」とされている。

関連タグ

こんな記事も読まれています

BYDの日本での本気度が伝わる! いよいよ全国のディーラーで認定中古車制度をスタート!! 中古EVの価値も安定するのか?
BYDの日本での本気度が伝わる! いよいよ全国のディーラーで認定中古車制度をスタート!! 中古EVの価値も安定するのか?
ベストカーWeb
ゴールデンウイークにレンタカーを使って出かけたい観光スポットランキング
ゴールデンウイークにレンタカーを使って出かけたい観光スポットランキング
@DIME
トヨタ「新型ランドクルーザー250」発売! 15年越し「全面刷新」でめちゃ高性能化! 価格は1.5倍に… 従来の“プラド”から何が進化した?
トヨタ「新型ランドクルーザー250」発売! 15年越し「全面刷新」でめちゃ高性能化! 価格は1.5倍に… 従来の“プラド”から何が進化した?
くるまのニュース
ミドルクルーザー「スーパーメテオ650」にロイヤルエンフィールドの技術力と資金力とヤル気を感じる!!
ミドルクルーザー「スーパーメテオ650」にロイヤルエンフィールドの技術力と資金力とヤル気を感じる!!
バイクのニュース
レッドブル&HRC密着:スプリント予選で状況は一変。フェルスタッペンはセットアップに満足もタイヤの温度が上がらず4番手
レッドブル&HRC密着:スプリント予選で状況は一変。フェルスタッペンはセットアップに満足もタイヤの温度が上がらず4番手
AUTOSPORT web
EVの下取り価格が激減するって…マジ?? それとも大丈夫??
EVの下取り価格が激減するって…マジ?? それとも大丈夫??
ベストカーWeb
マツダ「ボンゴ」の一族17台が埼玉の山奥でキャンプ! 発起人は河原でDIYオールペンしたインフルエンサーでした
マツダ「ボンゴ」の一族17台が埼玉の山奥でキャンプ! 発起人は河原でDIYオールペンしたインフルエンサーでした
Auto Messe Web
偉大すぎる9人の男達! 日本のモータースポーツ史は彼らの活躍なくして語れない!!
偉大すぎる9人の男達! 日本のモータースポーツ史は彼らの活躍なくして語れない!!
WEB CARTOP
ヤマハ発動機、「MT-09」「XMAX300」がドイツの国際デザイン賞 13年連続で受賞
ヤマハ発動機、「MT-09」「XMAX300」がドイツの国際デザイン賞 13年連続で受賞
日刊自動車新聞
ハミルトン2番手「雨の到来でマシンが生き生きしてきた」2セット目のインター投入も奏功/F1中国GPスプリント予選
ハミルトン2番手「雨の到来でマシンが生き生きしてきた」2セット目のインター投入も奏功/F1中国GPスプリント予選
AUTOSPORT web
【20世紀名車ギャラリー】風とフラット6をリアルに感じる、1989年式ポルシェ911スピードスターの肖像
【20世紀名車ギャラリー】風とフラット6をリアルに感じる、1989年式ポルシェ911スピードスターの肖像
カー・アンド・ドライバー
JAOSがトヨタ『ランドクルーザー250』用各種カスタマイズパーツをリリース
JAOSがトヨタ『ランドクルーザー250』用各種カスタマイズパーツをリリース
レスポンス
[BYD]が都内有数の輸入車販売激戦区[東京・目黒]に正規ディーラーをオープン! 日本での出店ペースが加速!!
[BYD]が都内有数の輸入車販売激戦区[東京・目黒]に正規ディーラーをオープン! 日本での出店ペースが加速!!
ベストカーWeb
ザウバーF1、アウディワークス化を背景に来季ドライバー市場でも強気の姿勢?「我々は傍観者ではなくプレイヤーになった」
ザウバーF1、アウディワークス化を背景に来季ドライバー市場でも強気の姿勢?「我々は傍観者ではなくプレイヤーになった」
motorsport.com 日本版
スバルが新型「レガシィ“セダン”」発表! “精悍顔”が超カッコイイ「スポーティセダン」日本導入は? 米で発表もなぜ日本では「セダン」ないのか
スバルが新型「レガシィ“セダン”」発表! “精悍顔”が超カッコイイ「スポーティセダン」日本導入は? 米で発表もなぜ日本では「セダン」ないのか
くるまのニュース
どっちが燃えやすいか知ってる? バイクの燃料に使われるレギュラーとハイオク
どっちが燃えやすいか知ってる? バイクの燃料に使われるレギュラーとハイオク
バイクのニュース
豊田章男会長の想いが詰まったLBXの生産ライン公開! 東北の復興を支えたトヨタ自動車東日本の新たな挑戦
豊田章男会長の想いが詰まったLBXの生産ライン公開! 東北の復興を支えたトヨタ自動車東日本の新たな挑戦
ベストカーWeb
BMWの4ドアEVクーペ『i4』、改良新型を発表へ
BMWの4ドアEVクーペ『i4』、改良新型を発表へ
レスポンス

みんなのコメント

2件
  • ab0********
    スプリントは廃止してくれ
  • hamhamham
    普通でいい。なぜそんなにスプリントをしたがる?全然面白く無いんだよ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村