現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱 eKスペースのフロントデザインを変更するなど一部改良を実施

ここから本文です

三菱 eKスペースのフロントデザインを変更するなど一部改良を実施

掲載 8
三菱 eKスペースのフロントデザインを変更するなど一部改良を実施

2023年4月6日、三菱自動車工業(以下、三菱)は軽スーパーハイトワゴンの「eKスペース」を一部改良し、2023年5月25日から販売を開始する。

立体的なデザインのグリルで上質感のあるフロントフェイスに
eKスペースは、三菱のスーパーハイト軽ワゴンだ。クラストップレベルの後席シートスライド量や、開口幅が大きくハンズフリー機能を備えたスライドドアの採用など、乗り降りしやすく使い勝手の高い快適な室内空間に加え、高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」や、運転支援機能「三菱eアシスト」といった先進機能や安全装備を特長としている。今回、「デリカミニ」のデビューに合わせて、姉妹車にあたるeKスペースも一部改良が施された。主な変更点は、以下のとおりだ。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

1)エクステリア


●フロントグリルには高輝度ブラック塗装にメッキ加飾を組み合わせた立体的なデザインを採用し、上質感のあるフロントフェイスとした。またフロントバンパーは、特徴的な縦型スリットのモチーフにより、先進性と親しみやすさを表現している。
●LEDプロジェクターヘッドランプを全車標準装備。
●3本スポークをイメージさせる新デザインの14インチホイールカバーを採用。
●ボディカラーは、モノトーンに新色のアッシュグリーンメタリックに加え、ミストブルーパールを新設定。2トーンにはナチュラルアイボリーメタリック×ブラックマイカ、ホワイトパール×ブラックマイカ、ミストブルーパール×ホワイトソリッドを新採用(いずれも有料色)するなど、モノトーン7色、2トーン4色の、全11色とした。

2)インテリア


シート生地は幾何学的でモダンなパターンとし、汚れの目立ちにくいグレージュ(グレーとベージュの中間色)とした。

3)機能装備


リアビューモニター付きルームミラー、ならびに後部座席にはプリテンショナー機構付きシートベルトを全車標準装備とし、安全性を向上させた。

グレードと価格は、以下のとおり。いずれもパワートレーンは、0.66Lの直3 DOHC+モーターのマイルドハイブリッドで、トランスミッションはCVTのみとなっている。

M(2WD=FF/4WD):154万7700円/167万9700円
G(FF/4WD):166万1000円/179万3000円

なお、デリカミニの登場に伴い、eKクロス スペースはフェードアウトしている。

[ アルバム : 三菱 eKスペース 一部改良 はオリジナルサイトでご覧ください ]

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

全米のスタバにEVの急速充電設置へ、メルセデスベンツが戦略的提携を発表
全米のスタバにEVの急速充電設置へ、メルセデスベンツが戦略的提携を発表
レスポンス
【鈴鹿8耐】ポール獲得のYART YAMAHA、ハニカのいらぬ転倒は”張り切りすぎ”が原因? 「2分4秒台の気持ちでイッパイだった」
【鈴鹿8耐】ポール獲得のYART YAMAHA、ハニカのいらぬ転倒は”張り切りすぎ”が原因? 「2分4秒台の気持ちでイッパイだった」
motorsport.com 日本版
レッドブルF1のセカンドシートは誰が掴む!? 重鎮マルコ「全ての可能性がオープンだ」絶体絶命ペレスも復調の兆し
レッドブルF1のセカンドシートは誰が掴む!? 重鎮マルコ「全ての可能性がオープンだ」絶体絶命ペレスも復調の兆し
motorsport.com 日本版
苦戦が続いた福住仁嶺が新天地でポール獲得「予選でこんなに泣きそうになったことはない」|スーパーフォーミュラ第4戦
苦戦が続いた福住仁嶺が新天地でポール獲得「予選でこんなに泣きそうになったことはない」|スーパーフォーミュラ第4戦
motorsport.com 日本版
レッドブルF1、新投入の大型アプデは「上手くいっている」ただ、注目のエンジンカバーによる性能アップはわずか?
レッドブルF1、新投入の大型アプデは「上手くいっている」ただ、注目のエンジンカバーによる性能アップはわずか?
motorsport.com 日本版
ランドローバー・ディフェンダーの新たな旗艦ハイパフォーマンスモデル「オクタ」がワールドプレミア
ランドローバー・ディフェンダーの新たな旗艦ハイパフォーマンスモデル「オクタ」がワールドプレミア
カー・アンド・ドライバー
日産の新型「コンパクトミニバン」に大反響! “220万円台”から&「斬新メーター」採用! “車中泊仕様"や“商用バン仕様”もスゴイ「NV200バネット」発表
日産の新型「コンパクトミニバン」に大反響! “220万円台”から&「斬新メーター」採用! “車中泊仕様"や“商用バン仕様”もスゴイ「NV200バネット」発表
くるまのニュース
電動SUV『アイオンV』新型がラインオフ、広汽埃安初の海外工場がタイで稼働
電動SUV『アイオンV』新型がラインオフ、広汽埃安初の海外工場がタイで稼働
レスポンス
ハニカとフリッツが全体ワンツータイムでYARTヤマハが暫定総合トップ/鈴鹿8耐予選1回目
ハニカとフリッツが全体ワンツータイムでYARTヤマハが暫定総合トップ/鈴鹿8耐予選1回目
AUTOSPORT web
ベントレー新型「コンチネンタルGTスピード」が金魚の水槽に!?「海底トンネル世界最速記録」をいかにして達成したのか…舞台裏を公開
ベントレー新型「コンチネンタルGTスピード」が金魚の水槽に!?「海底トンネル世界最速記録」をいかにして達成したのか…舞台裏を公開
Auto Messe Web
「アウディA4」がフルモデルチェンジで「A5」と改名。全グレードに先進の48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載
「アウディA4」がフルモデルチェンジで「A5」と改名。全グレードに先進の48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載
Webモーターマガジン
マクラーレンF1のブレーキドラムに開いた”小さな穴”に、ライバルが疑惑の目向ける
マクラーレンF1のブレーキドラムに開いた”小さな穴”に、ライバルが疑惑の目向ける
motorsport.com 日本版
ハース離脱のマグヌッセン「まだ移籍のチャンスがある。F1のシートを最後まで諦めない」リザーブには興味なし
ハース離脱のマグヌッセン「まだ移籍のチャンスがある。F1のシートを最後まで諦めない」リザーブには興味なし
AUTOSPORT web
自動運転で「179km/h」!グッドウッドのヒルクライム最速記録を樹立
自動運転で「179km/h」!グッドウッドのヒルクライム最速記録を樹立
レスポンス
10年も輸入車トップを堅守! 日本でメルセデス・ベンツが売れるワケ
10年も輸入車トップを堅守! 日本でメルセデス・ベンツが売れるワケ
WEB CARTOP
「商談中」の札が出てても略奪可能なことも多し! 中古車屋の「商談中」は大した効力のない状況だった
「商談中」の札が出てても略奪可能なことも多し! 中古車屋の「商談中」は大した効力のない状況だった
WEB CARTOP
べドリンが優勝。今季10人目のウィナー誕生|FIA F3ハンガロリンク スプリントレース
べドリンが優勝。今季10人目のウィナー誕生|FIA F3ハンガロリンク スプリントレース
motorsport.com 日本版
トヨタ「“次期型ハイエース”」どうなる!? 「新型に期待」「そろそろ?」の声多数!? デビュー20年目の「大人気“商用バン”」全面刷新するのか
トヨタ「“次期型ハイエース”」どうなる!? 「新型に期待」「そろそろ?」の声多数!? デビュー20年目の「大人気“商用バン”」全面刷新するのか
くるまのニュース

みんなのコメント

8件
  • ekクロススペースはフェイドアウトと言うより、フロントマスクと車高を変えて、デリカミニとして販売を始めたということでしょうか。
  • >なお、デリカミニの登場に伴い、eKクロス スペースはフェードアウトしている。

    フィードアウト・・・微妙な表現だが、どういう意味だろう?「公式の案内はないが販売を中止している」とか、性格に分かりやすく書くことはできないのだろうか?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

158.1182.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0199.0万円

中古車を検索
eKスペースの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

158.1182.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0199.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村