現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > クルマ免許で乗れる屋根付き3輪「APトライク125」は箱根の激坂を上れるのか?嵐の日にハードなツーリングテストに挑んでみた【過酷試乗レビュー】

ここから本文です

クルマ免許で乗れる屋根付き3輪「APトライク125」は箱根の激坂を上れるのか?嵐の日にハードなツーリングテストに挑んでみた【過酷試乗レビュー】

掲載 更新 4
クルマ免許で乗れる屋根付き3輪「APトライク125」は箱根の激坂を上れるのか?嵐の日にハードなツーリングテストに挑んでみた【過酷試乗レビュー】



普通自動車免許(AT限定可)で乗れる屋根付き三輪トライクの「APトライク125」シートベルトやヘルメット装着義務なしで3人乗りなんてメチャ面白そうだけど、雨とか風とかパワーとか、そして峠の坂道は上れるのか? 徹底的にテストしてみたレポートをお届けいたします~!

【SCOOP!】ヤマハ「セロー」に復活の機運アリ!! 新型は既存リソース活用の空冷?それとも水冷で仕切り直し?



実はずっと気になっていた「APトライク125」

これを読んでいる皆さんの中にも、タイの「トゥクトゥク」のようなトライシクル (三輪バイク)「APトライク(APTrikes)125」を目撃したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

走っているのを見かけたら二度見必至のその可愛いフォルム。バイクでもなけりゃクルマでもない。

このAPトライクは「側車付軽二輪」という区分の車両で、

・普通自動車免許(AT限定可)で運転可能

・シートベルトやヘルメット装着義務なし

・保険は軽二輪 250cc等と同じ

・車庫証明、車検は無し

・・・という、法律の隙間にスポッとはまっているようなマシンなのです。

しかも驚きなのは、コレで3人乗り(!)ということ。確かに、運転席の後ろに座席があります。

ハンドル周りはまんまバイクっぽいですが

シートは車!という(笑)

そして気になるエンジンは中国のZONGSHEN(ゾンシェン)エンジンメーカーが製造していて、スペックは以下の通り。

・125cc 空冷4ストロークSOHC 2バルブ 単気筒

・最高出力:6.3kw(8.7ps)/7,500rpm

・最大トルク:8.8Nm(0.89kgf/m)/5,500rpm

・燃料タンク容量:約10L

・参考燃費:郊外実測約25km/L

そしてミッションはというと、ロータリー式四段変速で自動遠心クラッチ。そしてバックギアを装備していて、これでシャフトドライブの回転を「前進|後進」を切り替える仕組み。

このサイズで、このフォルムで、しかも三人乗りとか!こりゃもう面白くないわけがない!ってことで、筆者も非常に興味津々だったわけです。

だけど浮かぶ疑問と不安

このAPトライクの車体サイズ下記の通り。

・全長 2200mm
・全幅 1000mm
・全高 1650mm
・乾燥重量 232kg

・・・おおっと、乾燥重量 232kgだ。控えめに言っても「重い」ぞ?

なにせ125ccのエンジン。空冷4ストロークSOHC 2バルブ単気筒で、最高出力は6.3kw(8.7ps)/7,500rpmしかない。

パワーウェイトレシオを計算してみると・・・

パワーウェイトレシオ=232(kg)÷8.7(ps)=約26.67(kg/PS)

26.67kg/PS かっっ!
ちなみに、スーパーカブC125のパワーウェイトレシオを計算してみると、「110(kg)÷9.8(ps)=11.22(kg/PS)で、その差は2倍以上とカブの圧勝。

果たしてこのAPトライク125は、大きな道を快適に走ることが、ましてや、山道の坂を上ることができるのだろうか?

これはネタマシンなのか、それともちゃんと「走れる」マシンなのか? 俺が欲しいのは子供のオモチャじゃない。大人の玩具なんだっ!!(真剣)

APトライクで嵐の中、箱根の峠に挑戦するぞっ!!

―― 夜明け前の出発。真っ赤な空が湿度を感じさせる。

気になったら試してみるしかないってことで、テストツーリング(この場合ドライブかな?)することにしたのだけど、予定していた当日はなんと悪天候。しかも後に夕方のニュースになっちゃったほどの大雨と強風が吹き荒れた日だったのですよ。

でも逆に考えれば天祐とも言える。
APトライクに興味はあるけど、不安も抱えてしまうユーザーさんの疑問不安を一気にテストできるのだから。

APトライクは幹線道路を走れるのか?

まずは単純にパワーのテストです。田舎道や小さい道ではなくて、幹線道路を普通に走れるのか試してみたい。

―― 国道に、いざ合流!

朝の早い時間とはいえトラックがバンバン走る国道129号線に突入します。緊張感を感じつつ、いざ合流!ギュアーーン!あ、普通に走れるね。

―― なんか普通に走れてる!

正直、加速は若干もたつきますが、例えるなら軽トラックみたいな感じ。トップギアに入れてしまえば、およそ6,000回転で60km/h をキープできるので、意外にも普通に走ることができました。

原付バイクみたいに 道路のすみっこをビクビクしながら走るかと思っていたのは杞憂でした。意外とやるな、APトライク!

APトライクは大雨でも走ることができるのか?

予報通り大雨が降ってきました。

間欠ワイパーじゃ間に合わないほどの雨量で、路面見ても水しぶきの跳ね返りがみられるほどなので十分大雨です。

ですが・・・ 体は濡れません。ステップへの吹き込みも少なくて、強いていれば肘が少し濡れたくらい? 停車中に横風が吹けばすこし足に湿り気を感じますが、走行中に濡れることは皆無でした。

ただ、さすがに後部座席には多少の吹き込みがありましたが、運転席が濡れないってのは驚きでした。雨にも強いね?APトライク!

APトライクの天敵は「風」だった!

しかーし、風には弱いです。横風に煽られる・・・ってのもありますが、それより困るのは真正面からの風。なんたってフロントパネルはほぼ垂直に立ちあがっているので、風の影響はモロに受けちゃいます。

―― 道路わきの草のあおられっぷりから強風をお察しください

前から突風が吹き付けた時にはガス欠もしくはブレーキ掛けたのかと思ったほどでした。でも、ドアがないためか、横風はそこまで大きな影響はありませんでしたね。てっきり横風に弱いかと思っていたので、予想外だぞ、APトライク!

そして・・・イザ、箱根路へ!

さぁやってきました、本日のメインイベント「箱根七曲り」!

箱根七曲りは、旧東海道の畑宿から見晴らし茶屋向かう間の文字通り7つのつづら折りの急坂で、その斜度はおよそ10%。 ロードバイクのヒルクライムのコースとしても人気を集めています。

挑戦!箱根七曲り…その結果は!?

そんなわけで、APトライクのコンディションを確かめてから、寄木細工の里からいざスタート!

走り始めていきなりグッと傾斜がキツくなって、APトライクのエンジンは3速では失速しはじめました。ギアは2速へ。そしてここから、いよいよ七曲りの始まりです。

コーナーを立ち上がって直線に入ると、多少回転数は上がるもののシフトアップするほどまでは加速しなくて、そのまま次のコーナーを曲がります。コーナー中の上りではエンジンが少し辛そうですが・・・ それでも、ギアは2速ホールドのまま約5,000回転で30km/hがずっと続きます。

箱根もかなりの強風と大雨だったようで、路面には葉っぱと枝が一面に敷き詰められているような状態でしたが、時々タイヤが滑ったものの、コーナリングでの不安感はありませんでした。バイクだったらひとたまりもない路面ですよね!

―― バイクだったら即転倒コース(ヒエェ!)

エンジンは相変わらず2速ホールドのまま約5,000回転で30km/h。加速はできなくても減速もしないエンジンにひたすら声援を送っているうちに、だんだんと楽しくなってきちゃいました。

―― これはすっげー楽しい!!!

コーナーごとに応援してて、テンション上がってくる筆者。しかに、上るほどに斜度が増してきて、5つ目のコーナーでついに1速ローギアに入れてしまいました。

頑張れAPトライク、もうあとはないぞ!!

ギュアーーンと唸るエンジン!
回転が戻ってきたので再び2速へ!

28km/hくらいを何とかキープしつつ、6つめ、そして7つ目のコーナーを越えて・・・

―― やったぜAPトライク!

七曲りクリア!みごと上りきりました

平坦路になったところで一休みして、APトライクのエンジンの様子を見てみましたが、オイルが焼けてる匂いもしないし、異常な加熱も見られません。

坂でなかなか加速できなかったとはいえ、回転数はレッドゾーンよりずいぶん下だったので、エンジンの負担そのものは実はそうでもなかったのかもしれません。

そして無事、芦ノ湖へ到着。

お疲れ様でした、APトライク!

最初はどうなることかと冷や冷やしましたが、エンジンそのものはトルクがあって粘り強いので、なんだかんだ法定速度で登ることができましたね。

とりあえずこのAPトライク125、箱根の坂を上れることは証明できました。自動車開発の歴史に照らし合わせてみれば、箱根を越えることができたら合格と言えるのではないでしょうか?

ということは、ほとんどの山道を走れるってことですよね?いや~素晴らしい!

―― 次は荷物いっぱい積んでキャンプいってみたい!

山道を走れることが分かったので、次回は・・・ 今度はAPトライクの積載性に注目してみたいと思います。荷物満載にして、キャンプツーリングに挑戦してみますよ~!

今回お借りしたAPトライクについて

今回のAPトライク125は株式会社カーターさんの試乗車をお借りしました。安全性向上のために以下の部品が変更になってます。

純正からの変更点

・外装塗装 (フレンチグレー)
・リアキャリア(メーカーオプション) 15,000円(税別)
・フロアマット(メーカーオプション) 8,000円(税別)
・リアシートベルト(メーカーオプション) 4,000円 (税別)
・PRIMARIDE製 アクスルシャフトキット 15,000円 (税別)
・PRIMARIDE製 ステンレスマフラー 販売終了品
・強化クラッチ
・リアサスペンション
・リアタイヤ (車用タイヤ)
・スマホホルダー

また、2024年モデルからはAPトライク125の更なる品質向上と安全性向上のためにモデルチェンジします。筆者個人としても、これからもどんどんバージョンアップしていくAPトライクに期待したいところです!

2024年モデルチェンジ内容について

・フロントホイールハブの変更
フロントホイール内ベアリング強度を向上するため、 ハブの形状を変更。

・デファレンシャルギアの変更
ドライブシャフト端のベアリングを強度向上のため大径化し、形状が変更。

・フレームの変更
スイングアーム取り付け部のフレームを強度向上のため形状を変更。

・エキゾーストマフラーの変更
マフラーを2分割、 接合部に球面フランジを採用し、 破損リスクを低減。

★APトライク125についてのお問い合わせはコチラ!

株式会社カーター・KATER CO,LTD.
サービスショップ プリマライド・PRIMARIDE
〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名6026-2
TEL/FAX 042-814-8760

この記事が皆様の参考になれば幸いです。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました~!

動画解説はこちら↓

(↓)YouTube動画のほうでは映像付きで解説しているのでよかったら参考にしてください♪

私のYouTubeチャンネルのほうでは、「バイクを元気にしたい!」というコンセプトのもと、3日に1本ペースでバイクいじりの動画を投稿しております。よかったら遊びにきてくださいね~!★メインチャンネルはコチラ→「DIY道楽」 ☆サブチャンネルもよろしく→「のまてつ父ちゃんの日常」

こんな記事も読まれています

新東名は“3年後”に全線開通!? 「あと少し…」でも2度延期なぜ? 反響は? 最後の25km「未完成区間」とは
新東名は“3年後”に全線開通!? 「あと少し…」でも2度延期なぜ? 反響は? 最後の25km「未完成区間」とは
くるまのニュース
着けたままスマホが操作できる!スマホ対応のバイク用グローブとは?
着けたままスマホが操作できる!スマホ対応のバイク用グローブとは?
バイクのニュース
[15秒でわかる]レクサス『LBX』…ブランド最小クラスのSUVの強み
[15秒でわかる]レクサス『LBX』…ブランド最小クラスのSUVの強み
レスポンス
アウディQ8の一充電走行距離が118km伸びるオプションパッケージ「レンジプラスパッケージ」36万円を新発売
アウディQ8の一充電走行距離が118km伸びるオプションパッケージ「レンジプラスパッケージ」36万円を新発売
Auto Prove
フェルスタッペンの支配、いつまで続く? ホーナー代表「楽しめるうちに楽しんでおくべき!」
フェルスタッペンの支配、いつまで続く? ホーナー代表「楽しめるうちに楽しんでおくべき!」
motorsport.com 日本版
ホンダが新型「軽バン」発売!“ 柱無い”斬新モデル、反響は? 6速MT&CVTの「N-VAN」136万円から
ホンダが新型「軽バン」発売!“ 柱無い”斬新モデル、反響は? 6速MT&CVTの「N-VAN」136万円から
くるまのニュース
新開発水冷エンジン搭載 MUTT MOTORCYCLES「DRK-01 125/250」発売
新開発水冷エンジン搭載 MUTT MOTORCYCLES「DRK-01 125/250」発売
バイクのニュース
ホンダの新型SUV『WR-V』、発売1か月で1万3000台を受注…月販計画の4倍超
ホンダの新型SUV『WR-V』、発売1か月で1万3000台を受注…月販計画の4倍超
レスポンス
クルマの事故で散らばった破片は「基本的に当事者」が片付ける必要あり! ただし勝手に「持ちかえる」「捨てる」はNGなワケ
クルマの事故で散らばった破片は「基本的に当事者」が片付ける必要あり! ただし勝手に「持ちかえる」「捨てる」はNGなワケ
WEB CARTOP
情報処理推進機構、欧州「カテナ-X」とデータ連携基盤の相互運用を検討 欧州の電池規則に対応
情報処理推進機構、欧州「カテナ-X」とデータ連携基盤の相互運用を検討 欧州の電池規則に対応
日刊自動車新聞
【スーパーテスト】馬力アップ+軽量化+縦と横方向のダイナミクス!630馬力の新型「アウディ RS7 パフォーマンス」がサーキットを駆け回る
【スーパーテスト】馬力アップ+軽量化+縦と横方向のダイナミクス!630馬力の新型「アウディ RS7 パフォーマンス」がサーキットを駆け回る
AutoBild Japan
渋滞135分!? 中央道「地獄のGW渋滞」いつ走れば回避可能? 「穴場の時間帯」を知れば全然混んでないことも 「ずらし移動が効果的」NEXCOの予測は
渋滞135分!? 中央道「地獄のGW渋滞」いつ走れば回避可能? 「穴場の時間帯」を知れば全然混んでないことも 「ずらし移動が効果的」NEXCOの予測は
くるまのニュース
新車販売はN-BOXとカローラが相変わらず絶好調だが……じわり「ホンダの登録車勢」が勢いを増していた!
新車販売はN-BOXとカローラが相変わらず絶好調だが……じわり「ホンダの登録車勢」が勢いを増していた!
WEB CARTOP
調子良かったのは何で? ノリス、苦戦予想した中国での好パフォーマンスにハテナ残る
調子良かったのは何で? ノリス、苦戦予想した中国での好パフォーマンスにハテナ残る
motorsport.com 日本版
ヤマハ「XSR900」 新型モデル「XSR900 GP」とリレーションを図った新色を設定
ヤマハ「XSR900」 新型モデル「XSR900 GP」とリレーションを図った新色を設定
バイクのニュース
トヨタ“新”「カローラ」発表! めちゃ精悍エアロに「上質内装」採用! 「スポーティな走り」の新「ACTIVE SPORT」 ベースモデルとの違いとは
トヨタ“新”「カローラ」発表! めちゃ精悍エアロに「上質内装」採用! 「スポーティな走り」の新「ACTIVE SPORT」 ベースモデルとの違いとは
くるまのニュース
空力とエンジン性能を高める“穴”の真相~カスタムHOW TO~
空力とエンジン性能を高める“穴”の真相~カスタムHOW TO~
レスポンス
メルセデス・ベンツ Gクラス【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
メルセデス・ベンツ Gクラス【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン

みんなのコメント

4件
  • mad********
    好意で借りている以上、悪いことは書けません。
    そのへんは記事でも動画でも一緒ですが、
    動画の方は悪いことを要注意であるとか
    危険な思いをしたりであるとか、一発でエンジンブローの可能性とか
    ちゃんと紹介されている。

    この記事を読んで買おうと思う人がいるかどうかは別として、
    もしも思ったならば動画版を見てからにしたほうが身のためです。
  • aid********
    箱根走るにはパワー不足だと思う。
    箱根ならBMWのM1000RRならパワーウエイトレシオ1キロ1馬力以上だからオススメ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村