サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハースF1代表、チームオーナーとともにマラネロのデザインオフィスを視察。組織編成など現状に満足

ここから本文です
 ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーによると、チームオーナーのジーン・ハースは2022年型マシンの開発が行われているマラネロにあるチームのデザインオフィスを最近訪れたが、彼はそこで目にしたものを気に入ったという。

 昨年末、フェラーリは何人かのスタッフをハースに移籍させたが、シモーネ・レスタを含むスタッフは、マラネロの専用の施設に拠点を置いたままにしている。まず何よりもフェラーリがF1のバジェットキャップ制度に対処することを意図して行われた再編成だったが、もともとハースにとって移行の年である2021年シーズンにほとんど影響を及ぼすことはなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ