現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ初代「イプサム」はワゴンとミニバンのいいとこ取り!「イプー」の愛称で親しまれたのになぜ販売が低迷した?

ここから本文です

トヨタ初代「イプサム」はワゴンとミニバンのいいとこ取り!「イプー」の愛称で親しまれたのになぜ販売が低迷した?

掲載 13
トヨタ初代「イプサム」はワゴンとミニバンのいいとこ取り!「イプー」の愛称で親しまれたのになぜ販売が低迷した?

キャプテンシートは存在しない7人乗りだったイプサム

1990年代中盤に始まったミニバンブームは、それまでどちらかというと人員輸送車という側面の強かった3列シート車を、乗用車感覚で乗ることができるファミリーカーへと変化させており、その先陣を切ったのは1994年に登場した初代ホンダ「オデッセイ」であることは明白だ。

トヨタ「ナディア」は時代を先取りしすぎていた!? 今ならヒットしたはずの斬新なコンセプトとは?

運転のしやすさや税制面での有利さが販売に繋がった

その後、各メーカーもオデッセイに追い付け追い越せの勢いで、さまざまなモデルをリリースしたのだが、その中でもスマッシュヒットを記録したのが1996年5月に登場した初代トヨタ「イプサム」。1997年の販売台数ランキングでは9万2822台を売り、10位のオデッセイを上回る7位という販売台数を記録した。

1620mm(2WD車)と比較的低めの全高に4枚のヒンジドア+テールゲート、3列シートを備えるというコンポーネンツはオデッセイと同様で、オデッセイを意識していたのは一目瞭然だったが、オデッセイと異なる点としては全幅1695mmの5ナンバーサイズで、搭載エンジンも5ナンバーサイズ内に収まる2Lエンジン(とディーゼルエンジン)となっていた。運転のしやすさや税制面での有利さが販売に繋がったと言えるだろう。

シートレイアウトも2列目キャプテンシート仕様は存在せず、すべて2-3-2の7人乗りとなっていたのもイプサムの特徴となっていた。

またイメージキャラクターとして「イプー」というキャラクターが存在し、カタログなどに登場しただけでなく、オリジナルのグッズやステッカー、果ては絵本などが販売されるなど、1車種のキャラクターの範疇を超えた活躍を見せていたのも初代イプサムを語る上で外すことができないエピソードである。

このように好調なスタートを切った初代イプサムであったが、5ナンバーサイズのボディが故に車内が狭いというデメリットがあり、価格もオデッセイとそこまで変わらない(エントリーグレード同士で15万円ほど)にもかかわらず、そこまで質感も高くないという声もあって徐々に販売は失速。

1998年4月のマイナーチェンジのタイミングで、通常モデルには存在しないイエローのボディカラーやサードシートレスの5人乗りのシートレイアウト、ビレットグリルなどを備えた特別仕様車「U.S.カスタム」を追加するなどテコ入れをしたが、残念ながら当初の人気を回復するまでには至らなかった。

結局、2001年に登場した2代目は3ナンバーサイズのボディと2.4Lエンジンとライバルのオデッセイに近いものとなり、大人気モデルとはならなかったものの2010年まで販売されるロングセラーモデルとなったのだった。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

スズキの「小さな高級車」!? 新型「コンパクト“クーペSUV”」発表へ! MT設定&「100万円台」で先行の「インドフロンクス」に大反響!
スズキの「小さな高級車」!? 新型「コンパクト“クーペSUV”」発表へ! MT設定&「100万円台」で先行の「インドフロンクス」に大反響!
くるまのニュース
キャデラック「高級オープンカー」 シートに "木" 使用 50年代カラーの電動2+2「ソレイ」限定生産か
キャデラック「高級オープンカー」 シートに "木" 使用 50年代カラーの電動2+2「ソレイ」限定生産か
AUTOCAR JAPAN
MT採用! スバル「最新4ドアセダン」公開! 約860万円の右ハンドル「WRX」インドネシアに存在も“日本にはない”理由とは?
MT採用! スバル「最新4ドアセダン」公開! 約860万円の右ハンドル「WRX」インドネシアに存在も“日本にはない”理由とは?
くるまのニュース
超コンパクトな都市型2人乗りスポーツカー、復活か スマート「ロードスター」後継車開発を検討中
超コンパクトな都市型2人乗りスポーツカー、復活か スマート「ロードスター」後継車開発を検討中
AUTOCAR JAPAN
驚きの620馬力! マツダ「FC3S RX-7」を4ローター化…懐かしいノーマルルックチューンドカーのエンジンの秘密とは
驚きの620馬力! マツダ「FC3S RX-7」を4ローター化…懐かしいノーマルルックチューンドカーのエンジンの秘密とは
Auto Messe Web
人気者の予感あり「スズキ フロンクス(SUZUKI FRONX)」プロトタイプのインプレッション
人気者の予感あり「スズキ フロンクス(SUZUKI FRONX)」プロトタイプのインプレッション
AutoBild Japan
アドバンテッジなど、古河電池を400億円で買収 鉛電池強化へエナジーウィズと統合
アドバンテッジなど、古河電池を400億円で買収 鉛電池強化へエナジーウィズと統合
日刊自動車新聞
日産新型「NISMO」初公開! “スゴい4WD”初搭載で走行性能が大幅アップ! 新型「オーラNISMO」従来モデルと何が違う?
日産新型「NISMO」初公開! “スゴい4WD”初搭載で走行性能が大幅アップ! 新型「オーラNISMO」従来モデルと何が違う?
くるまのニュース
スマートがインドネシア市場に再進出、電動SUVを年内に発売へ…GIIAS 2024
スマートがインドネシア市場に再進出、電動SUVを年内に発売へ…GIIAS 2024
レスポンス
【あなたは大丈夫?】 家の「駐車スロープ」は違反? 全国で見られる行為だが…ダメな理由は? 自治体も警告
【あなたは大丈夫?】 家の「駐車スロープ」は違反? 全国で見られる行為だが…ダメな理由は? 自治体も警告
くるまのニュース
日本製鉄、中国・宝山と合弁解消、EV台頭で日本車苦戦、鋼板訴訟も区切り[新聞ウォッチ]
日本製鉄、中国・宝山と合弁解消、EV台頭で日本車苦戦、鋼板訴訟も区切り[新聞ウォッチ]
レスポンス
コクピットが見えた! アウディの旗艦SUV『Q7』次期型、ニュルで高速テスト
コクピットが見えた! アウディの旗艦SUV『Q7』次期型、ニュルで高速テスト
レスポンス
トヨタの「V8」が終了!? でもMTは継続! 最新型「ランドクルーザー70」搭載の一部エンジンが豪州で終了へ
トヨタの「V8」が終了!? でもMTは継続! 最新型「ランドクルーザー70」搭載の一部エンジンが豪州で終了へ
くるまのニュース
激レア「UFO型信号機」突然の消滅に惜しむ声「一度見たかった」「残念」なぜいま急に? 保存先は? 宮城県警に聞いてみた
激レア「UFO型信号機」突然の消滅に惜しむ声「一度見たかった」「残念」なぜいま急に? 保存先は? 宮城県警に聞いてみた
くるまのニュース
クライマックスを飾る555台の限定車 ドゥカティ「パニガーレV2スーパークアドロ・ファイナル・エディション」発表
クライマックスを飾る555台の限定車 ドゥカティ「パニガーレV2スーパークアドロ・ファイナル・エディション」発表
バイクのニュース
いまや貴重なコンパクトセダン! トヨタ・カローラセダンとは
いまや貴重なコンパクトセダン! トヨタ・カローラセダンとは
WEB CARTOP
【最新モデルガイド】ベストセラーSUV、VW T-Crossがよりポップに便利に進化した!
【最新モデルガイド】ベストセラーSUV、VW T-Crossがよりポップに便利に進化した!
カー・アンド・ドライバー
アウトドア好き垂涎!焚火グッズを詰め込んだアウトドアキットボックス、ルノー・ジャポンから数量限定で登場!
アウトドア好き垂涎!焚火グッズを詰め込んだアウトドアキットボックス、ルノー・ジャポンから数量限定で登場!
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

13件
  • てつぶん
    イプサム愛車でした
    記事の内容と違って、2代目の2.4が失敗だったですね
    自分はイプサム乗り換えずに、ISISに乗り換えました
  • reg*******
    初代イプサムは後年になっても言うほど低迷してはいなかった印象だけど…
    他チャネル向け派生モデルとしてガイアもあったし、後に出たウィッシュに至ってはストリームを食い潰すほど売れた。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

225.8302.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

33.2138.0万円

中古車を検索
イプサムの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

225.8302.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

33.2138.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村