現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ラリージャパンの影の主役は勝田貴元! クラッシュからの「10回のSSウイン」で衝撃の速さを見せつけた

ここから本文です

ラリージャパンの影の主役は勝田貴元! クラッシュからの「10回のSSウイン」で衝撃の速さを見せつけた

掲載
ラリージャパンの影の主役は勝田貴元! クラッシュからの「10回のSSウイン」で衝撃の速さを見せつけた

 この記事をまとめると

■世界ラリー選手権第13戦「ラリージャパン」で主役となった勝田貴元選手

WRC第13戦「フォーラムエイト・ラリージャパン2023」がついに開幕! SS1を終えてトヨタ勢最上位はGRヤリスの勝田貴元選手の5位

■デイ2でのクラッシュ以降から攻めの姿勢で勝田選手はベストタイムを次々とマークした

■表彰台には上がれなかったが2024年に向けて大きな成長を遂げた

 鳥肌が立つような攻めの姿勢で5位入賞の勝田貴元

 WRC第13戦「フォーラムエイト・ラリージャパン」が11月16~19日、愛知県・岐阜県で開催。エルフィン・エバンスがシーズン3勝目を獲得したほか、セバスチャン・オジエが2位、カッレ・ロバンペラが3位につけるなど、ホームイベントに挑むトヨタGAZOOレーシングWRTが1-2-3フィニッシュを達成したのだが、筆者から見れば2023年の日本決戦は、やはり、日本人ドライバーとしてトヨタの4台目のGRヤリスRally1ハイブリッドで5位入賞を果たした勝田貴元が主役だった。そう思えるほどに、勝田は今大会でスリリングな戦いを演じていた。

 勝田のドラマチックな戦いはデイ2のSS2から始まった。既報のとおり、勝田は同ステージでクラッシュを喫し、33番手タイムでフィニッシュ。マシンのフロントまわりを破損したことから、勝田は続くSS3を18番手タイムでなんとか走り切ったが、多くのファンがこの波乱の幕開けを残念に思ったことだろう。

 もちろん、筆者もそのひとりだが、同時に勝田のSS2のチャレンジに、「勝利に対する決意」が感じられた。思い起こせば一年前、2022年のラリージャパンで勝田は最大のリスクを持って結果を求めていく……と宣言していたが、どこかでセーブしていた部分があったのだろう。その結果、デイ1で出遅れ、最終的には3位で表彰台を獲得したが、ついに勝田は最後までトップ争いに加わることができなかった。

 勝田にはこのときの悔しさがあったに違いない。果たして1年越しのラリージャパンで勝田は実質的なオープニングステージとなるSS2から「勝つための勝負」にチャレンジしたのである。

 金曜日のデイ2、とくにファーストループは視界を遮るほどの豪雨に祟られ、ステージのいたるところでハイドロプレーニングが起きるほどの状態だった。ヒョンデ・シェル・モビスWRTのエサペッカ・ラッピも「こんなに難しいターマックラリーはほかにない」と語るほど過酷なコンディションで、まさにドライバーにとって、SS2、SS3はタイトロープを駆け抜けるような感覚だったに違いない。

 そこで勝負に挑んだ勝田は、前述のとおり、限界を超えてしまいコースアウトを喫したが、そのファイティングスピリットは午後のループでも衰えなかった。

 2024年のWRCはGRヤリス・ラリー1ハイブリッドと勝田に注目

 昼のサービスでマシンを修復した勝田は、GRヤリスRally1ハイブリッドを武器にSS5、SS6、SS7と3回連続でベストタイムをマーク。豊田スタジアムを舞台にしたSS8でも2番手タイムをマークした勝田は総合9番手で波乱のデイ2をフィニッシュしたのである。

 その勢いはデイ3でも健在で、SS10、SS13、SS14、SS15と4回のSSウインを獲得したほか、SS9でセカンドベストをマークし、総合6番手に浮上。さらに、デイ4でも勝田の猛追は続き、SS19、SS21でSSウインを獲得したほか、SS17、SS18ではセカンドベストをマークし、総合5位でフィニッシュしたのである。

 最終SSを終えた勝田は「勝てる走りができただけに悔しいです」と語っていた。実際、計10回のSSウインを獲得した勝田のパフォーマンスは十分に優勝できるレベルであり、その手応えがあったからこそ、勝田は悔しい……という言葉を述べながらも、清々しい表情を見せることができたのではないだろうか。

 リザルトだけみれば、2022年大会で記録した3位に対して、2023年の大会は5位に終わったが、計10回のSSウイン獲得からも分かるように、勝田の成長がうかがえ、2022年のラリージャパンより2023年の大会のほうが価値のある内容だったように思う。

 同時に2024年のシーズンで勝田の優勝の可能性は一段と高くなったように思う。トヨタGAZOOレーシングWRTは、すでに2024年の体制を発表し、勝田はワークスノミネートでフル参戦を果たすこととなったが、これも勝田の勝算を見込んでのラインアップだ。

 2023年のラリージャパンでの戦いぶりを見て、勝田はワンランク上のレベルに達した。「勝田がついにWRCで初優勝!」。2024年のWRCではそんなニュースが飛び込んでくるに違いない。

こんな記事も読まれています

ボルボV90より引越し向きかも! フォルクスワーゲンID.バズ 長期テスト(2) それは隣の標識だよ・・
ボルボV90より引越し向きかも! フォルクスワーゲンID.バズ 長期テスト(2) それは隣の標識だよ・・
AUTOCAR JAPAN
初の春開催となったF1日本GPはM.フェルスタッペンが独走で完勝! 母国凱旋の角田裕毅が 10位に入りポイント獲得!【F1日本GP】
初の春開催となったF1日本GPはM.フェルスタッペンが独走で完勝! 母国凱旋の角田裕毅が 10位に入りポイント獲得!【F1日本GP】
LE VOLANT CARSMEET WEB
アストンマーティン、SUVスーパーカー「DBX707」をマイナーチェンジ!インテリアを全面刷新して発表
アストンマーティン、SUVスーパーカー「DBX707」をマイナーチェンジ!インテリアを全面刷新して発表
LE VOLANT CARSMEET WEB
ルクレール、サインツの“行きすぎの防御”に不満「彼が限度を超え、不必要な接触が起きた」フェラーリ/F1中国GP土曜
ルクレール、サインツの“行きすぎの防御”に不満「彼が限度を超え、不必要な接触が起きた」フェラーリ/F1中国GP土曜
AUTOSPORT web
ランドクルーザー250/70専用の車中泊ベッドキットが登場! トヨタディーラーとトイファクトリーで販売開始
ランドクルーザー250/70専用の車中泊ベッドキットが登場! トヨタディーラーとトイファクトリーで販売開始
月刊自家用車WEB
2択アンケート「5ナンバーにこだわる? こだわらない?」【クルマら部 車論調査】
2択アンケート「5ナンバーにこだわる? こだわらない?」【クルマら部 車論調査】
レスポンス
ボルボの新型SUV悪くないやん! でもドアも始動も自動は慣れないなー 今季注目の新型EX30は中々に手強いゾ!
ボルボの新型SUV悪くないやん! でもドアも始動も自動は慣れないなー 今季注目の新型EX30は中々に手強いゾ!
ベストカーWeb
名作スポーツカーにちなんだアイコニックな椅子の限定コレクション。「ヴィトラ」の「ポルシェ・ペピータ・エディション」
名作スポーツカーにちなんだアイコニックな椅子の限定コレクション。「ヴィトラ」の「ポルシェ・ペピータ・エディション」
LE VOLANT CARSMEET WEB
スバルとRyzenでお馴染みのAMDが手を組んだ! 元祖ぶつからないクルマの「アイサイト」がさらに進化する!!
スバルとRyzenでお馴染みのAMDが手を組んだ! 元祖ぶつからないクルマの「アイサイト」がさらに進化する!!
WEB CARTOP
F1、新たなポイントシステムを協議へ。ポイント獲得の対象が12位まで拡大?
F1、新たなポイントシステムを協議へ。ポイント獲得の対象が12位まで拡大?
motorsport.com 日本版
「無断駐車は罰金○万円」の看板には法的な効力なし! 悪質無断駐車に対する現実的な対応策とペナルティとは
「無断駐車は罰金○万円」の看板には法的な効力なし! 悪質無断駐車に対する現実的な対応策とペナルティとは
WEB CARTOP
WRCクロアチアラリー|クラッシュで優勝争い一気に変動……トヨタのオジェが制す。勝田貴元はスーパーサンデー首位でポイント積み上げ
WRCクロアチアラリー|クラッシュで優勝争い一気に変動……トヨタのオジェが制す。勝田貴元はスーパーサンデー首位でポイント積み上げ
motorsport.com 日本版
夢を叶え、歴史を作った男に万雷の拍手。初の中国人F1ドライバーとして母国GP戦った周冠宇、感極まる「これだけの熱気や愛に触れたのは初めて」
夢を叶え、歴史を作った男に万雷の拍手。初の中国人F1ドライバーとして母国GP戦った周冠宇、感極まる「これだけの熱気や愛に触れたのは初めて」
motorsport.com 日本版
現行カイエンに「GTS」シリーズを追加! 新型「カイエンGTS」「カイエンGTSクーペ」の予約受注を開始
現行カイエンに「GTS」シリーズを追加! 新型「カイエンGTS」「カイエンGTSクーペ」の予約受注を開始
月刊自家用車WEB
モータースポーツでもサスティナブルを目指す! マツダが2024年スーパー耐久シリーズ参戦体制を発表
モータースポーツでもサスティナブルを目指す! マツダが2024年スーパー耐久シリーズ参戦体制を発表
Webモーターマガジン
全固体電池の量産化も見えた! 日産の次世代バッテリー生産最前線を取材、不可能を可能にしたブレイクスルーを解説
全固体電池の量産化も見えた! 日産の次世代バッテリー生産最前線を取材、不可能を可能にしたブレイクスルーを解説
AUTOCAR JAPAN
サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)、リバティ傘下のF1とMotoGPの同時開催は“可能”。しかし実現の「可能性は低い」と推測
サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)、リバティ傘下のF1とMotoGPの同時開催は“可能”。しかし実現の「可能性は低い」と推測
motorsport.com 日本版
「淡路島最長のトンネル」ついに貫通 かつて電車も走ってた中心地の渋滞解消へ「洲本バイパス」 ただし全通は延期に
「淡路島最長のトンネル」ついに貫通 かつて電車も走ってた中心地の渋滞解消へ「洲本バイパス」 ただし全通は延期に
乗りものニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村