サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 456GTから612スカリエッティへ。華麗なる2+2モデル(1992-2004)【フェラーリ名鑑】

ここから本文です
1992年、400シリーズに代わる「456GT」デビュー

約17年間にわたってカスタマーに親しまれた直線基調のクーペデザインに別れを告げ、フェラーリがフルサイズ2+2のフルモデルチェンジを行ったのは1992年のことだった。ここでデビューしたのが「456GT」だ。ボディスタイルは前作の412から一転して丸みを帯びた現代的なスタイルを採用。ボディサイズも日常の扱いやすさを考慮して、全長などは同様の比較で80mmほど短い設定となった。車名の456は1気筒あたりのエンジン排気量で、すなわち456に搭載されるV型12気筒エンジンの排気量は5474ccとされている。

おすすめのニュース

サイトトップへ