現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > GOODSMILE RACING & Team UKYOが2024年参戦体制を発表。谷口&片岡コンビ継続で王座奪回へ

ここから本文です

GOODSMILE RACING & Team UKYOが2024年参戦体制を発表。谷口&片岡コンビ継続で王座奪回へ

掲載
GOODSMILE RACING & Team UKYOが2024年参戦体制を発表。谷口&片岡コンビ継続で王座奪回へ

 12月16日、スーパーGT GT300クラスに参戦するGOODSMILE RACING & Team UKYOは、東京都千代田区のアキバCOギャラリーで『グッドスマイルミーティング 2023 Vol.9』を開催し、このなかで2023年シーズンを振り返るとともに、継続して2024年の参戦体制会を開催した。2024年も谷口信輝と片岡龍也のコンビで参戦し、メルセデスAMG GT3とヨコハマの組み合わせで王座奪回に挑む。

 2011年、2014年、2017年と三度のチャンピオンを誇り、スーパーGT GT300クラスでもトップクラスの人気と実力を誇るGOODSMILE RACING & Team UKYO。2023年はチャンピオン奪回を目指し、11年目となる谷口&片岡のコンビで臨んだものの、第4戦のポールポジションなど予選で好位置につけるシーンもありながら、ふたりで臨んでから初めてシーズンで表彰台を逃す悔しいシーズンとなっていた。

HELM MOTORSPORTSが2024年のスーパーGTに参戦! 創設時の目標を実現。体制は今後発表

 12月16日にアキバCOギャラリーで行われた『グッドスマイルミーティング 2023 Vol.9』では、そんななかでも絶えず声援を送り続けたファンに向けて、安藝貴範代表、片山右京監督、谷口、片岡、河野高男エンジニア、レーシングミクサポーターズが出席し、シーズンの報告が行われた。

 思うように歯車が噛み合わないシーズンとなった2023年のGOODSMILE RACING & Team UKYOだが、そこはこのチームらしく、ラウンドごとに「誰のせいで何ポイントを失ったか」を軽妙なトークでプレイバック。その結果、失ったポイントは「50ポイントくらい」と結論づけられ、「チャンピオン争いはできてましたね。調子は悪くなかった(片岡)」と振り返った。

「一年間応援ありがとうございました。『もうひと頑張り』が多かったシーズンでしたね。かなりの準備をしてきて、うまく噛み合ってきているところもありましたが、今回失ったポイントはチームのギャラ交渉に繋がるかなと(笑)」と安藝代表。

「GT300はとても複雑で高度で、ちょっとした運でレースの結果が大きく変わります。それに向けて我々も頑張っていきますし、皆さんのご声援も引き続きお願いしつつ、一年間の感謝をお伝えしたいと思います」

 この報告に続き、多くのファンが見守るなか、2024年の参戦体制がファンに向けて発表された。「来季は転機かな」と安藝代表が予告した後に伝えられた気になる体制は、2012年から続く谷口&片岡のコンビを継続、メルセデスAMG GT3、そして横浜ゴム、さらに片山右京監督、河野高男エンジニアと、昨年からまったく変わらないものとなった。ただし、メルセデスAMG GT3は新車を投入する。

「我々の方針として『何も変えません』。2016年からメルセデスを使っていて、来季は9シーズンめです。熟成を重ねている車両ですが、新車を購入し、昨日届きました」と安藝代表。

「心機一転、我々は体制は大きく変わっていませんが、高度化して緻密な戦いのなかで勝ちを狙っていくためには、来季もう一段レベルアップしていきたいと思います。必ずチャンピオンを獲りたいですし、イライラが募って本業に影響が出ております(笑)。力を合わせて、勝利を勝ち取りたいと思います」

 そして、ファン待望のレーシングミク2024 ver.もファンに向けて公開された。新たなレーシングミクを描くことになったのは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』のキャラクター原案などを手がけたキャラクターデザイナー、イラストレーターのモグモさんだ。

「レーシングミクのイラストにはずっと興味がありました」というモグモさんはメッセージを寄せたが、なんとこのイラスト制作に140回ほどのラフが提出されたのだという。テーマは“魔女”で、「美しくてミステリアスな魔女ではなく、みんなに愛される存在」として描かれた。手にもつのは魔女のほうきだが、「コードレスクリーナーとマイクスタンドを組み合わせたデザイン」だという。細部はすべてがこだわりをもってデザインされた。

 こちらもファン待望のマシンカラーリングは、2月のワンダーフェスティバルを「アンオフィシャルに」予定しているとのこと。チームは個人スポンサーを12月18日(月)から募集を開始する。

GOODSMILE RACING & Team UKYO 2024年スーパーGT参戦体制
エントラント名:GOODSMILE RACING & Team UKYO
エントラント代表:安藝貴範
監督:片山右京
ドライバー:谷口信輝/片岡龍也
チーフエンジニア:河野高男
メンテナンス:RSファイン
アートディレクター:コヤマシゲト
イラストレーター:モグモ
カーナンバー:4
車名:グッドスマイル 初音ミク AMG
車両:メルセデスAMG GT3
タイヤ:ヨコハマ

こんな記事も読まれています

約345万円! 日産「新型コンパクト“セダン”」実車公開! 全長4.5m以下ボディ&迫力顔が“超スポーティ”な「SR」伯に登場
約345万円! 日産「新型コンパクト“セダン”」実車公開! 全長4.5m以下ボディ&迫力顔が“超スポーティ”な「SR」伯に登場
くるまのニュース
ケータハム 新型「スーパーセブン600」にクラシック感満載の日本限定モデルが登場
ケータハム 新型「スーパーセブン600」にクラシック感満載の日本限定モデルが登場
グーネット
ケータハム「スーパーセブン600/2000」発売 70~80年代の人気車を現代風にアレンジ
ケータハム「スーパーセブン600/2000」発売 70~80年代の人気車を現代風にアレンジ
グーネット
シエンタ、スイフト用を販売開始、ブリッツの車高調キット「DAMPER ZZ-R」シリーズ
シエンタ、スイフト用を販売開始、ブリッツの車高調キット「DAMPER ZZ-R」シリーズ
レスポンス
102回目の「パイクスピーク」にヒョンデが大挙襲来! 「アイオニック5N」のパフォーマンスはいかに?
102回目の「パイクスピーク」にヒョンデが大挙襲来! 「アイオニック5N」のパフォーマンスはいかに?
Auto Messe Web
マセラティ MC20のスペシャルシリーズ「イコナ」と「レジェンダ」を限定販売
マセラティ MC20のスペシャルシリーズ「イコナ」と「レジェンダ」を限定販売
Webモーターマガジン
S30型ダットサン240Zをオマージュした日産Zの特別仕様車「Zヘリテージエディション」が米国でデビュー
S30型ダットサン240Zをオマージュした日産Zの特別仕様車「Zヘリテージエディション」が米国でデビュー
カー・アンド・ドライバー
ホンダ「新型ヴェゼル」登場! “3年ぶり刷新”でどんな人が買ってる!? イチバン人気は「最上級仕様」! 購入ユーザーの特徴は
ホンダ「新型ヴェゼル」登場! “3年ぶり刷新”でどんな人が買ってる!? イチバン人気は「最上級仕様」! 購入ユーザーの特徴は
くるまのニュース
写真から車種や価格わかる…Yahoo!ブラウザーで「クルマ検索」の提供開始
写真から車種や価格わかる…Yahoo!ブラウザーで「クルマ検索」の提供開始
レスポンス
55年に渡るGT-Rの歴史にある「空白の16年」! スポーツグレードは存在したのに日産がGT-Rを「名乗らせなかった」理由とは
55年に渡るGT-Rの歴史にある「空白の16年」! スポーツグレードは存在したのに日産がGT-Rを「名乗らせなかった」理由とは
WEB CARTOP
サインツJr.の移籍先、決断はもうすぐ「決める時期は来ている」ザウバー/アウディとウイリアムズどちら?
サインツJr.の移籍先、決断はもうすぐ「決める時期は来ている」ザウバー/アウディとウイリアムズどちら?
motorsport.com 日本版
単に「ヤナセで買いました」の誇示じゃない! 黄色に青文字の「YANASEステッカー」がもつ重要な意味とは
単に「ヤナセで買いました」の誇示じゃない! 黄色に青文字の「YANASEステッカー」がもつ重要な意味とは
WEB CARTOP
ホンダのATVで最大排気量、675cc単気筒エンジン搭載の『ルビコン4X4オートマチック』
ホンダのATVで最大排気量、675cc単気筒エンジン搭載の『ルビコン4X4オートマチック』
レスポンス
日産、中国江蘇州の常州工場を閉鎖 生産車種はキャシュカイ 生産能力は中国全体の1割にあたる13万台
日産、中国江蘇州の常州工場を閉鎖 生産車種はキャシュカイ 生産能力は中国全体の1割にあたる13万台
日刊自動車新聞
名門アルピナが放つ「流麗な4ドアクーペ」の魅力とは? 529psの“直列6気筒ツインターボ”を搭載! 新しい「B4 GTグランクーペ」は何が進化した
名門アルピナが放つ「流麗な4ドアクーペ」の魅力とは? 529psの“直列6気筒ツインターボ”を搭載! 新しい「B4 GTグランクーペ」は何が進化した
VAGUE
スズキ新型「コンパクトSUV」発表! 全長4m以下の「カクカクボディ」が超カッコイイ! MTもある待望の「“5ドア”ジムニー」尼に登場
スズキ新型「コンパクトSUV」発表! 全長4m以下の「カクカクボディ」が超カッコイイ! MTもある待望の「“5ドア”ジムニー」尼に登場
くるまのニュース
トーヨータイヤの「OPEN COUNTRY R/T」がみんカラ「PARTS OF THE YEAR 2024上半期大賞」タイヤ(SUV/4X4)部門で5年連続1位を受賞
トーヨータイヤの「OPEN COUNTRY R/T」がみんカラ「PARTS OF THE YEAR 2024上半期大賞」タイヤ(SUV/4X4)部門で5年連続1位を受賞
レスポンス
“謎の何か”が毎晩監視している、M・ナイト・シャマラン監督の娘イシャナが贈る衝撃ホラー『ザ・ウォッチャーズ』
“謎の何か”が毎晩監視している、M・ナイト・シャマラン監督の娘イシャナが贈る衝撃ホラー『ザ・ウォッチャーズ』
バイクのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村