現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 体調不良続出のF1カタールGP受け、FIAが暑さ対策に本腰。コックピット周りに冷却用の開口部を追加へ

ここから本文です

体調不良続出のF1カタールGP受け、FIAが暑さ対策に本腰。コックピット周りに冷却用の開口部を追加へ

掲載
体調不良続出のF1カタールGP受け、FIAが暑さ対策に本腰。コックピット周りに冷却用の開口部を追加へ

 今シーズンのF1カタールGPでは、気温の高さからドライバーが熱中症との戦いを強いられ、体調不良を起こすドライバーも多く出る事態となった。これを受けて統括団体のFIAは調査を開始していたが、具体的な解決策が講じられることになりそうだ。

 先週開催されたF1委員会では、2024年シーズンに向けて空気をコックピットに導くための小型スクープ(開口部)をマシンの下に設置するという計画が承認された。ただFIAは、カタールのような事態を繰り返さないためにさらなる措置を講じていることを明らかにしている。

■1シーズンを戦い抜いたF1最終戦で“体調不良者”が続出。ラッセル、全24戦の来季に向けて「持続可能じゃないことの証明」

 FIAのシングルシーター担当ディレクターであるニコラス・トンバジスは、気温、湿度、コースレイアウトの組み合わせから危険なコンディションと判断された場合、FIAが緊急事態を宣言してドライバーを支援する計画が進められていると説明した。そうなった場合、マシンの最低重量は即座に引き上げられ、その分、ドライバーの冷却装置を追加することになるという。

 トンバジスは次のように語る。

「追加でおそらく2kgほど重量が増やされ、その追加分はドライバーを冷却するために使用することが義務付けられる。それにより、冷却ベストのようなソリューションが可能になる」

 こういった変更によって懸念される点もある。例えば猛暑が予想されるレースで最低重量が2kg引き上げられた時、冷却装置ではなくバラストを積んでパフォーマンス的なアドバンテージを得ようとするチームが出てくるかもしれない。ただトンバジスはそのような動きはあまり意味がないと考えている。

「詳細を詰める必要があるが、どんな形であれ、いかがわしい利点のために使用できるものではないことを明確にしておきたい」

「これは本当に冷却のためのもので、義務なんだ。シートにバラストを入れることはできるが、それはやや馬鹿馬鹿しいことだ。カタールでは(暑さによって)レース後半にミスをするドライバーが多く見受けられたのだからね。(それを無視するのは)明らかにチームの利益にはならない」

 前述のスクープの案は、元々2023年シーズンに計画されていたものだったが、空力的な影響を懸念したチームがあったために採用が見送られていた。

 トンバジスは、その開口部が最終的にかなり小さいものになると語っており、それがパフォーマンスに影響を与えるという指摘を否定した。

 スクープがどのようなものになるかについて尋ねられたトンバジスは、こう答えた。

「シュノーケルみたいにはならないさ! 実際にはスロットのようなものであり、シャシーの下に収まることになる」

「それが過去に否定された理由は、境界層(の空気)を吸い上げるような形となり、間接的に空力のアドバンテージに使われる可能性があると心配されたからだ」

「人々は、それが何に使われる可能性があるのかについて、様々な、やや偏執的な仮説を立てていた。しかし実際は、ある領域にスクープを存在させ、そのための寸法を与えるだけなのだ」

関連タグ

こんな記事も読まれています

【殺人チャイルドシート】 違法チャイルドシート買った人に返金はある? アマゾンと楽天の対応は?
【殺人チャイルドシート】 違法チャイルドシート買った人に返金はある? アマゾンと楽天の対応は?
AUTOCAR JAPAN
高速SA・PAのNo.1「ハイウェイめし」決定! 「高級志向にしたくない」担当者の思い  1位のメニューは“ごはんノンストップ”!?
高速SA・PAのNo.1「ハイウェイめし」決定! 「高級志向にしたくない」担当者の思い 1位のメニューは“ごはんノンストップ”!?
乗りものニュース
海外ライターF1コラム:24戦の理不尽なカレンダーが招く問題。人材不足が深刻化、“根無し草感”で疲弊するドライバー
海外ライターF1コラム:24戦の理不尽なカレンダーが招く問題。人材不足が深刻化、“根無し草感”で疲弊するドライバー
AUTOSPORT web
スズキが「謎のクルマ」実車公開! めちゃゴツい“骨組み”に「Sマーク」装着! “強靭な構造”で未来を支える「新型ユニット」に期待!
スズキが「謎のクルマ」実車公開! めちゃゴツい“骨組み”に「Sマーク」装着! “強靭な構造”で未来を支える「新型ユニット」に期待!
くるまのニュース
マツダ、2024年スーパー耐久シリーズに3台で参戦
マツダ、2024年スーパー耐久シリーズに3台で参戦
レスポンス
マイチェンしたいすゞ・ギガが2024年問題の救世主に! 低床3軸でドライバーの負担も軽い
マイチェンしたいすゞ・ギガが2024年問題の救世主に! 低床3軸でドライバーの負担も軽い
WEB CARTOP
ポルシェ963最新ファクトリーの利点を語るロッテラー「ピット作業のスピードと精度が上がった」
ポルシェ963最新ファクトリーの利点を語るロッテラー「ピット作業のスピードと精度が上がった」
AUTOSPORT web
SPKがシミュレーター機材の研究施設「シミュレーターラボ」を開設 企業や行政、eスポーツイベントに場所提供も
SPKがシミュレーター機材の研究施設「シミュレーターラボ」を開設 企業や行政、eスポーツイベントに場所提供も
くるまのニュース
トヨタ ランドクルーザー250 をモデリスタがカスタム…都会派もアウトドア派も
トヨタ ランドクルーザー250 をモデリスタがカスタム…都会派もアウトドア派も
レスポンス
なんで芝生が燃え広がったんだ?? FIA、F1中国GPの火災再発防止のため詳細な調査を実施へ
なんで芝生が燃え広がったんだ?? FIA、F1中国GPの火災再発防止のため詳細な調査を実施へ
motorsport.com 日本版
レクサスが考えるアウトドアライフは上質だった──新型NX350“OVERTRAIL”試乗記
レクサスが考えるアウトドアライフは上質だった──新型NX350“OVERTRAIL”試乗記
GQ JAPAN
スプリント予選4番手は「妥当な位置」とフェルスタッペン。雨でタイヤ熱入れに苦しむ|F1中国GP
スプリント予選4番手は「妥当な位置」とフェルスタッペン。雨でタイヤ熱入れに苦しむ|F1中国GP
motorsport.com 日本版
新型「ランドクルーザー」なぜカクカクに? 徹底的に「悪路」重視のカタチとは
新型「ランドクルーザー」なぜカクカクに? 徹底的に「悪路」重視のカタチとは
乗りものニュース
トヨタ、ランドクルーザー新型“250”シリーズの特別仕様車“First Edition”を限定8000台発売
トヨタ、ランドクルーザー新型“250”シリーズの特別仕様車“First Edition”を限定8000台発売
AUTOSPORT web
ガスリー、FP1でトラブルに見舞われパワーユニット交換。しかし予選アタックには満足「期待よりもポジティブ。今後も仕事を続けていかないと!」
ガスリー、FP1でトラブルに見舞われパワーユニット交換。しかし予選アタックには満足「期待よりもポジティブ。今後も仕事を続けていかないと!」
motorsport.com 日本版
1000万円超えた!? 三菱が「最後のランサーエボリューション」販売! 特別な「エボX」に驚愕! 即“完売”の「激レアランエボ」に大反響
1000万円超えた!? 三菱が「最後のランサーエボリューション」販売! 特別な「エボX」に驚愕! 即“完売”の「激レアランエボ」に大反響
くるまのニュース
<新連載>[低予算サウンドアップ術]“超基本機能”をちょっと触って、聴こえ方を変える!
<新連載>[低予算サウンドアップ術]“超基本機能”をちょっと触って、聴こえ方を変える!
レスポンス
「ここまで苦しんだことはなかった……」角田裕毅、19番手に終わったF1中国GPスプリント予選の苦戦に困惑
「ここまで苦しんだことはなかった……」角田裕毅、19番手に終わったF1中国GPスプリント予選の苦戦に困惑
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村