現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1、アブダビGPのFP1後に“自動レインライトシステム”をテストへ。2024年からの本格導入目指す

ここから本文です

F1、アブダビGPのFP1後に“自動レインライトシステム”をテストへ。2024年からの本格導入目指す

掲載
F1、アブダビGPのFP1後に“自動レインライトシステム”をテストへ。2024年からの本格導入目指す

 F1は2024年から自動レインライトシステムの導入を目指しており、最終戦アブダビGPでは金曜日のフリー走行1回目の後にテストが実施されることとなった。

 FIAはウエットコンディションでの視認性の悪さを受けて、レインライトが必要とされるコンディションとなった時に、自動でリヤの赤いレインライトを点灯させる新しいソフトウェアを開発した。

■FIA、F1マシンのウエット対策を諦めず。次回テストでは大型ホイールカバーをテストへ

 これにより、FIAのレースコントロールが降雨によってコースコンディションが“ローグリップ”となったと判断すると、すぐにソフトウェアが各車のレインライトを点灯させることができる。

 これまでレインライトはドライバーが各自手動で点灯させる必要があったため、コンディションが悪化してもレインライトが点灯しないリスクがあった。

 アブダビGPに先駆けてF1レースディレクターのニールス・ウィティヒは、イベントノートの中で、FP1終了後にはソフトウェアの導入が成功したかどうかのショートテストが実施される旨をチームに伝えた。

 ウィティヒはレインライトのテストについて次のように手順を説明した。

「全車がチェッカーフラッグを受けた後、ダブルイエローセクターとローグリップが提示される。約20秒後にローグリップの表示が消える。さらに10秒後にバーチャル・セーフティカー(VSC)が作動する。約20秒後、VSCの表示は消える」

 導入したソフトウェアが問題なく機能するかどうかをFIAが判断するには、この短いテストで十分だろう。このテストが成功すれば、来年から本格的にレインライトの自動化が実施される可能性が高い。

 自動レインライトシステムの導入に向けた動きは、ウエットコンディション時のドライバーの視界を改善しようとするFIAの幅広い取り組みの一環だ。

 2022年に現行のグラウンドエフェクト規則がF1に導入されて以降、ディフューザーから巻き上げられる水しぶきの量は増え、強い雨の中では水煙と化してドライバーの視界を奪ってしまうのだ。

 FIAはこうした状況を改善すべく、今年7月に水しぶきを抑えるホイールアーチのテストを行なったが、その時点では十分な効果を発揮しなかった。

 今年初め、FIAのスポーツ担当副会長を務めるロバート・リードは、ウエットコンディションでの視界問題について次のように語った。

「F1の新しい空力特性には課題があり、我々はそれを解決しようとしている」

「水しぶきを減らし、視界を改善するためにできることなら何でも取り組んでいる」

「今のところ具体的な解決策はない。しかしF1で見られたように、いくつかの解決策に向けた最初の学習ステップがあった」

「批判があったのは知っているし、失敗だったと書かれているのも読んだ。しかし、どんな状況でもトライしなければならない。それこそが我々がやったことだ」

関連タグ

こんな記事も読まれています

トヨタが新型「“スポーティ”セダン」初公開! コンパクト&迫力エアロの「アクティブ スポーツ」! ワゴンも設定の「新カローラ」が販売店でも話題に
トヨタが新型「“スポーティ”セダン」初公開! コンパクト&迫力エアロの「アクティブ スポーツ」! ワゴンも設定の「新カローラ」が販売店でも話題に
くるまのニュース
待ってたぜ3列シート! 4月18日にマツダCX-80発表! 日本発売はいつ? 今わかっているすべて教えます!
待ってたぜ3列シート! 4月18日にマツダCX-80発表! 日本発売はいつ? 今わかっているすべて教えます!
ベストカーWeb
マーベリック・ビニャーレス、MotoGP史上初の3メーカー優勝を達成! マルケス一時トップ走行も散る|MotoGPアメリカズGP決勝
マーベリック・ビニャーレス、MotoGP史上初の3メーカー優勝を達成! マルケス一時トップ走行も散る|MotoGPアメリカズGP決勝
motorsport.com 日本版
スカイラインタイプR誕生に期待も……? 日産とホンダの業務提携がもたらす自動車業界の大変革!
スカイラインタイプR誕生に期待も……? 日産とホンダの業務提携がもたらす自動車業界の大変革!
ベストカーWeb
キャンピングカーはミニバンで充分! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
キャンピングカーはミニバンで充分! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
【BC中古車ウオッチ】時代の徒花! たった5年で人知れず消えていった悲しき「トヨタオーパ」を君は知っているか?
【BC中古車ウオッチ】時代の徒花! たった5年で人知れず消えていった悲しき「トヨタオーパ」を君は知っているか?
ベストカーWeb
Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
motorsport.com 日本版
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
ベストカーWeb
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
motorsport.com 日本版
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
AUTOSPORT web
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
AUTOSPORT web
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
AUTOSPORT web
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
AUTOSPORT web
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
AUTOSPORT web
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
ベストカーWeb
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
AUTOCAR JAPAN
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
AUTOCAR JAPAN
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村