サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > サンクチュアリーコウガZ1R-II(カワサキZ1R-II)あえてノーマルフレームで仕上げた激シブ・コンプリート【Heritage&Legends】

ここから本文です
希少なZ1R-IIがベースゆえの配慮を行った
RCM=リアル・コンプリート・マシンと呼ばれるオーダーカスタムコンプリートを手がけるACサンクチュアリー。そのグループ店として15年の活動歴を持つ、サンクチュアリーKOUGAによるZ1R-IIだ。ただこの車両、他のZ系RCMとは少し異なる作りとなっている。

「元々は17インチホイール、セパハン仕様のRCMを持っている方がZ1R-IIの中古を手に入れていじり進めた車両でした。前後18インチ、黒でまとめてちょっとワルっぽいイメージ。それでちょっと変わってるというのは、フレームがノーマルで作った点なんですよ。

おすすめのニュース

サイトトップへ