サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 最速バルテリ・ボッタス、セットアップ面の不安解決が、ポールポジションへの”鍵”だった?

ここから本文です

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1 70周年記念GPの予選でチームメイトのルイス・ハミルトンを下し、ポールポジションを獲得した。最終的にふたりの差は、0.063秒だった。

 同じシルバーストン・サーキットで先週行なわれたイギリスGPの際は、ボッタスはハミルトンに0.3秒及ばず、予選2番手に終わっていた。それを考えれば、見事なリカバリーだったと言えよう。

【動画】2020F1 70周年記念GP予選ポールポジションラップ

「先週末から今週まで、改善できること全てに取り組んでいる。そしてチームとしては、僕とルイスのドライビングに関して、もっと良い形を見つけようとしてきた」

 そうボッタスは語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ