サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 雪道ではクルマへのダメージ不可避! ズタボロにならないためには「走った後」の対策だけじゃなく「走る前」も大切だった

ここから本文です

 この記事をまとめると

■雪道を走るとどうしてもクルマはダメージを負う

壊れた? 寒い時期に「MT」のギヤが入りにくくなるワケ

■症状は基本的に下まわりの劣化、損傷

■雪道走行の前、後に行うと良い対策を解説する

 基本的に下まわりにダメージを負う

 雪国の方でもあまり意識がいかないのが、雪道走行によるボディのダメージ。海辺で使われているクルマのように、ボディ全体にサビが出たり、腐ってしまうわけではないのが気が付きにくい理由で、基本的には下まわりがボロボロになることがほとんどだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン