サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ダニール・クビアト、アルピーヌF1入りが発表。リザーブドライバーに就任「A521の開発を手助けしたい」

ここから本文です

 昨シーズン限りでアルファタウリのシートを失ったダニール・クビアトが、アルピーヌF1のリザーブドライバーを務めることが決まった。

 アルファタウリは、2021年のドライバーとしてピエール・ガスリーと角田裕毅を起用することを決断。その結果、クビアトは2021年シーズンはF1でのシートを確保できないことになった。

■アルピーヌF1”初代”マシンA521が発表。ブルー基調の美しいカラーリングを纏う

 しかし3月2日、アルピーヌはニューマシンA521の発表と共に、クビアトの加入を発表。リザーブドライバーを務めることを明らかにした。

「今シーズンのリザーブドライバーとしてダニール・クビアトがチームに加わることになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ