サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > プリウスやアクアが廃止される!? 存在意義が薄れるハイブリッド専用車の価値

ここから本文です

プリウスやアクアが廃止される!? 存在意義が薄れるハイブリッド専用車の価値

■ハイブリッド車が当たり前になった現代で、プリウスやアクアの生き残る道はある?

 世界初の量産ハイブリッド車として、1997年に初代「プリウス」が発売されました。いまでは、ハイブリッドも20年以上の歴史があります。

【新型ヤリスの燃費がスゴい!】新基準の最新燃費ランキング

 搭載車種も増えて、国内で販売される小型/普通乗用車の多くがハイブリッド車になりました。もはや目新しい存在ではありません。

 では、ハイブリッド車が当たり前となった現代において、ハイブリッド専用車のプリウスや「アクア」は今後どうなるのでしょうか。

 2019年に発表・発売された国産の新型車を振り返ると、大半の車種にハイブリッドが用意されています。トヨタ「ヤリス」、「カローラセダン/カローラツーリング」、「RAV4」、ホンダ「フィット」という具合です。

 また、販売台数ランキングの上位に位置するトヨタ「シエンタ」、ホンダ「フリード」、日産「ノート」といった車種にもハイブリッド車があります。

 そのために最近では、小型/普通乗用車に占めるハイブリッド比率も高いです。メーカー別に見ると、トヨタは40%から50%、ホンダは55%前後、日産は60%前後がハイブリッド車です(いずれもマイルドハイブリッドを含みます)。

 このように大半の車種でハイブリッドを選べるのが当たり前になると、プリウス、アクア、ホンダ「インサイト」、レクサス「CT」のようなハイブリッド専用車は、今後どうなるのでしょうか。

 ハイブリッド車の購入に関して、トヨタの販売店は次のように話します。

「アクアやプリウスは、ハイブリッド車が欲しいと考えているお客さまの間で人気が高いです。ただし最近はヤリス、カローラセダン&ツーリング、C-HR、RAV4など幅広いトヨタ車にハイブリッドが用意され、必ずしもアクアやプリウスを選ぶ必要がなくなりました」

※ ※ ※

 最近は新車に乗り替える周期も長く、7年から9年に達します。販売店スタッフも「いまはクルマが丈夫になり過ぎて(ユーザーにとっては良いことですが)、なかなか乗り替えてもらえません」と漏らす声も多いほどです。

 仮に2020年に所有している愛車が購入から9年を経過しているとすれば、買ったのは2011年です。アクアの登場は2011年末なので、いまほどハイブリッドは普及していませんでした。

 つまり愛車を買い替える周期が伸びたことで、「ウチもそろそろハイブリッドを買ってみようか」と考えている人が、いまでも相応にいるわけです。

 その一方でトヨタは「基本的にすべてのトヨタ車にハイブリッドを設定する方針」だと述べています。先代型の11代目カローラは2012年に発売されましたが、2013年にハイブリッドを加えています。このときの理由も「すべてのトヨタ車にハイブリッドを設定する」ためでした。

 そして新型ヤリスにもハイブリッド車が用意され、開発者は「アクアは国内で100万台以上が保有されています。そのお客さまも、ヤリスのハイブリッドに乗り替えるでしょう」と述べています。

■ハイブリッド専用車「プリウス」「アクア」の役目は終わった?

 新型ヤリスがハイブリッド車を設定したことにより、アクアを廃止する話は出ていませんが、クルマの性格は重複しています。

 両車ともに運転感覚が少しスポーティで、後席と荷室は狭いです。そしてハイブリッドシステムやプラットフォームは、新型ヤリスのハイブリッド車の方が新しいです。

 そうなると新型ヤリスが登場した現在では、2011年に発売されたアクアを買うメリットは見当たりません。機能的には、新型ヤリスは、ヴィッツとアクアの後継車種といえるのです。

 プリウスにはハイブリッドの草分けという知名度があり、後席の足元空間は、カローラスポーツやカローラ/カローラツーリングのハイブリッド車よりも少し広いです。

 それでも実用性に大差はなく、居住空間や荷室容量を重視するのであれば、シエンタのハイブリッド車を選ぶ方法もあります。

 個性的な外観を求めるなら、C-HRのハイブリッド車も用意されています。プリウスがいまの状態を保つなら、必要不可欠のバリエーションとはいえません。

 そしてトヨタは、2020年5月から国内の全店で全車を売るようになり、車種数も半減する方針を打ち出しています。

 廃止されるおもな車種は、販売系列のために用意された「アルファード/ヴェルファイア」、「ヴォクシー/ノア/エスクァイア」のような姉妹車ですが、売れ行き次第では、アクアやプリウスも廃止される可能性もあるのです。

 トヨタの主要車種にハイブリッドが設定され、いわば普通のメカニズムになると、もはやハイブリッド専用車を用意する必要はありません。

 仮にアクアやプリウスを残すのであれば、ハイブリッドのスペシャルティカーに仕上げる方法があります。後席の居住性や積載性を重視するニーズはほかの車種に任せ、アクアとプリウスは、燃費、走行性能、ボディスタイルに特化させるわけです。

 せめてプリウスは、ハイブリッド車の源流としてラインナップを続けて欲しいと思いますが、その余裕を持つのは難しいかも知れません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します