サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自転車もあおり運転罰則の対象! これで傍若無人な自転車乗りはいなくなるのか?

ここから本文です

 2020年6月30日から施行された改正道路交通法では、これまで法的に定義されていなかったあおり運転について「妨害運転」と規定し、幅寄せや急ブレーキ、執拗なクラクションなどで危険を生じさせると取締りの対象となった。

 罰則は最高で5年以下の懲役または100万円以下の罰金。さらに、行政処分による免許取り消しの対象になり、一定の期間は再取得できなくなる。

先代フェアレディZが100万円以下で買える! 今おススメの中古車&購入術

 また今回の改正見逃せないポイントして、自転車についてもクルマと同じように厳しい罰則を科すことになっており、14歳以上であれば悪質な場合は刑事罰を受ける可能性がある。

おすすめのニュース

サイトトップへ