サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「やっぱりシルビアのコンバチは良い!」バブル絶頂期に登場した最強デートカー【ManiaxCars】

ここから本文です

CA18DETに4速ATのみの組み合わせ! ボディ架装はオーテックジャパンが担当

電動ソフトトップにハードトノカバーを採用!

「やっぱりシルビアのコンバチは良い!」バブル絶頂期に登場した最強デートカー【ManiaxCars】

トヨタに肉薄する勢いで、バブル期にヒット作を飛ばしまくった日産。その先陣を切ったのがY31シーマとA31セフィーロ、そしてS13シルビアだ。

1988年デビュー組の1台であるS13シルビアは、1.8L直4DOHCターボのCA18DET型(175ps/23.0kgm)を載せるK’s、そのNA版CA18DE型(135p/16.2kgm)を搭載するQ’sとJ’sという3グレードで展開。

おすすめのニュース

サイトトップへ