サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 後方視界が悪すぎでは!? デザインを優先した車3選

ここから本文です

後方視界が悪すぎでは!? デザインを優先した車3選

■カッコイイけど後がよく見えないクルマがあった!?

 クルマがヒットするかしないか、それを決める要素のひとつに外観のデザインがあります。多くの人はデザインを見て、好むか好まないかを判断し、そのほかの情報を照らし合わせて購入に至るのではないでしょうか。

ちょいワルオヤジに乗って欲しい! シブくてナウい国産セダン3選

 一方で、デザインはスタイルだけを重視するのではなく、室内の広さや、空力性能、生産性、視界など、さまざまな面を考えなければなりません。

 しかし、かつてはデザインを重視したと思えるクルマが存在。そこで、デザインが優先され、視界がおろそかになったクルマを3車種ピックアップして紹介します。

●日産「チェリー X-1R」

 日産「チェリー」は、1970年に同社初のFF車としてデビューしました。車名の「チェリー」は、日本らしさを訴求するため「桜」から命名されたといいます。

 当時の小型車は世界的にFRからFFへ移行しようとしていて、小さなボディサイズでも広い室内を確保できるというメリットがありました。

 発売当初のボディバリエーションは2ドアセダンと4ドアセダンでしたが、1971年にはスポーティなクーペが加わります。

 なかでも上位モデルである「X-1R(エックス・ワン・アール)」はオーバーフェンダーを装備し、1.2リッター直列4気筒OHVエンジンを搭載。SUツインキャブ仕様で最高出力80馬力を発揮しました。

 チェリークーペは斬新で独特なハッチバックスタイルで、左右後方視界を度外視したリアサイドのデザインが特徴的で、左への車線変更はかなり気を使ったことでしょう。

●ホンダ「シティ カブリオレ」

 ホンダは、1963年から4輪自動車を生産していましたが、本格的な自動車メーカーとして世界的に認められたのは、1972年の初代「シビック」発売からです。

 そのシビックがモデルチェンジによって大きくなったため、ホンダはよりコンパクトなリッターカー(1リッターエンジンを搭載したクラスのクルマ)を企画し、1981年に初代「シティ」を発売します。

 シティはそれまでのコンパクトカーにはなかった高い車高と、極端に短いフロントノーズ、全体を台形イメージしたデザインで、一般的には奇異に映りました。

 しかし、限られたサイズのなかで人が乗る空間は広く、エンジンなどが収まる空間は小さく、という機能美ともいえるデザインは、ユーザーから絶大な支持を受けます。

 そして、1984年にはバリエーションのひとつとして、オープンカーの「シティ カブリオレ」を発売。

 ソフトトップのスタイリングやレイアウトをイタリアのデザイン会社であるピニンファリーナに依頼し、オープンでもクローズド状態でも優れたフォルムを実現。ボディカラーを12色用意することなども相まって、オープンカーながら異例のヒット作になります。

 ところが、オープンの状態だと畳んだソフトトップがかなり大きくかさばり、後方の視界を悪化させてしまいました。それでも、開発初期の試作車ではもっと大きくなっていたため、市販車ではかなり改善されていたようです。

■スポーツカーは前だけをみればいい!?

●ロータス「ヨーロッパ」

 ロータスはイギリス人天才技術者のコーリン・チャップマンが、バックヤードビルダー(裏庭でクルマの製作やチューニングをおこなう)を経て創業したスポーツカーメーカーです。

 F1を始めさまざまなレースで優秀な成績を収めていたロータスは、その技術力を活かした高性能なクルマを数多く生み出しました。

 その1台が1966年に誕生した、ミッドシップスポーツカーのロータス「ヨーロッパ」です。

 日本ではスーパーカーブームの火付け役となった「サーキットの狼」の主人公が、このロータス ヨーロッパに乗っていて、少年たちの憧れの的になりました。

 ロータス ヨーロッパは大きく分けてシリーズ1からシリーズ3がありますが、なかでもシリーズ1と2は、リアサイドが高く立ち上がったデザインで、左右後方の視界が極端に悪かったといいます。

 シリーズ3でデザインが変更されてリアサイドは低くなりましたが、そもそもリアウインドウがミニマムサイズということもあり、決して後方視界は良いクルマではありませんでした。

 ただし、ロータスがつくるクルマのほとんどは、速く走ることに特化したピュアスポーツカーとしてデザインされており、後方視界や使い勝手が悪くても文句をいうユーザーはいなかったと思います。

 また、スーパーカーはどれも後方視界が悪いモデルが多いですが、もの凄いスピードで走る時は前だけ見ていれば良いということなのかもしれません。

※ ※ ※

 近年のクルマは乗員保護の目的から強固なキャビンを実現しています。そのため、フロントウインドウ左右の支柱であるAピラーが昔とくらべ太くなりました。

 Aピラーが太くなり始めた初期のモデルでは、左右前方の死角が増えてしまいましたが、後にAピラーの断面形状の見直しなどで死角の範囲が改善されます。

 そして、2020年2月に発売されたホンダ新型「フィット」では、構造そのものを見直すことでよりAピラーを細くし、広い前方視界を確保しました。

 全体のデザインからすると地味な改善ですが、安全性の向上という点では高く評価されています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します