サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「スーパーカブ125」最新モデルを欧州に導入 わずか1.5Lの燃料で100KMの走行を実現する新エンジンを搭載

ここから本文です

■シリンダーヘッドの改良で最高出力・最大トルク共に向上

 ホンダ・ヨーロッパは、日本における原付二種モデル「スーパーカブ125」(日本でのモデル名/スーパーカブC125)の2022年モデルを欧州市場に導入します。

ホンダ「CT125ハンターカブ」特別仕様車2車種を公開 各125台限定で販売

 ホンダ創立10周年の1958年に初代モデル「スーパーカブC100」が登場し、2017年にはシリーズ累計1億台が製造されているスーパーカブ・シリーズは、世界のあらゆる市場で高い人気と実績を誇る、ホンダの代表的なモデルです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン