サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ新型「HR-V」2021年後半に登場へ! 新型ヴェゼルとどう違う? 欧州で発表

ここから本文です

ホンダ新型「HR-V」2021年後半に登場へ! 新型ヴェゼルとどう違う? 欧州で発表

■ガソリン仕様有無以外の違いは?

 ホンダの欧州法人は、2021年後半に欧州市場で発売予定としている新型「HR-V」のデザインの詳細を3月25日に発表しました。新型HR-Vは、日本では新型「ヴェゼル」として発売予定としていますが、新型HR-Vならではの特徴にはどのような部分があるのでしょうか。

【画像】クーペSUV感強調でカッコよく進化! 新型「HR-V」を画像で見る(25枚)

 新型HR-Vは、欧州市場では3代目となるコンパクトSUVで、日常生活をサポートし、かつユーザーがクルマでできることの可能性を増幅する「AMP UP YOUR LIFE」をコンセプトに掲げて開発されました。

 外観は、Cピラーが大きく寝かされたクーペSUVスタイルを採用。その一方で、優れた空間効率を実現するホンダのセンタータンクレイアウトにより、居住性の高さも確保し、デザインと実用性が両立されています。

 内装では、乗員に当たるエアコンの風を柔らかくする新開発のL字型のベント(エアコン吹出口)が、心地よい車内空間を演出。

 またリアシートの座面を跳ね上げて荷物の積載が可能となっているなど、荷物スペースを多彩に作り出せることも特徴のひとつです。

 なお日本で販売される新型ヴェゼルでは、上級グレードの「PLaY」にパノラマルーフが装備されることが明らかになっていますが、2021年3月時点でホンダの欧州法人は新型HR-Vでのパノラマルーフ装備について言及していません。

 新型HR-Vに搭載されるパワートレインは、全車が2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」を採用。一方、日本で販売される新型ヴェゼルはe:HEV仕様のほかにガソリン仕様も設定されており、新型HR-Vとの違いとなっています。

 細かい部分で違いがある新型HR-Vと新型ヴェゼル。新型ヴェゼルの方がひと足早く、2021年4月に発売される予定です。

 それではここでクイズです。

 ホンダは1990年代後半に、HR-Vという車名のコンパクトSUVを日本および海外で展開していました。

 日本市場で販売していた頃、ホンダはHR-Vを「Jムーバー」シリーズの第二弾に位置づけていましたが、Jムーバーシリーズの第一弾だった車種はどれだったでしょうか。

【1】クロスロード

【2】アヴァンシア

【3】キャパ

【4】シティ

 正解は【3】の「キャパ」です。

 キャパは1998年に発売されたコンパクトカーで、全高が1650mmと比較的背の高いトールワゴンタイプのボディが特徴でした。

 第一弾がキャパ、第二弾がHR-Vとして登場したホンダのJムーバーとは、同社が初代「オデッセイ」や初代「CR-V」などで提案した広さ・乗り心地・ユーティリティに優れる「クリエイティブ・ムーバー(生活創造車)」のコンセプトを元にコンパクトカーで展開された商品群です。

 なお、キャパは一代限りで消滅しましたがHR-Vの名前は、ホンダ初代ヴェゼルの海外名として復活し(2代目HR-V)、今回の3代目HR-Vの発表につながっています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します