サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マッドパンダ、2台へと体制拡大し2022年GTWCヨーロッパ参戦へ。TCRからジロラミの起用も検討

ここから本文です
 2021年のトタルエナジーズ・スパ24時間レース・シルバーカップを制した、スペインのバルセロナを拠点とするマッドパンダ・モータースポーツ。そのチーム代表兼ドライバーであるエゼキエル・ペレス・コンパンクによれば、同チームは来季、2台のGT3車両をオペレーションするための「たくさんのアイデア」があるという。

 アルゼンチン籍のコンパンクが創設したマッドパンダ・モータースポーツは2020年の参戦開始以来、SROの統括するファナテックGTワールド・チャレンジ・ヨーロッパ・パワード・バイAWSに1台のメルセデスAMG GT3を送り込んできた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン