サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 最強スポーツハッチ、最新版「メルセデスAMG A45」が発表!

ここから本文です

最強スポーツハッチ、最新版「メルセデスAMG A45」が発表!

自慢の2Lターボはついに400㎰オーバーに

メルセデス・ベンツ日本は「Aクラス」の高性能モデル、「メルセデスAMG A 45 S 4マチック+」と「メルセデスAMG A 45 S 4マチック+エディション1」を発表。10月23日より注文受け付けを開始した。オーナーへの納車は、11月以降を予定している。消費税込みの車両本体価格は「A 45 S 4マチック+」が7,900,000円、「A 45 S 4マチック+ エディション1」が9,190,000円。

【スクープ】帰ってきた究極のメルセデスAMG、「GT Rブラックシリーズ」の最新プロトが“ニュル”に降臨!

「A 45 S マチック+」は、メルセデスAMGのブランドスローガンである「ドライビングパフォーマンス」を体現した究極のホットハッチ。

パワーユニットは、完全新設計となる2L直列4気筒ターボエンジンの「M139」を搭載。量産の2L 4気筒エンジンとしては世界最高の421ps、最大トルク500Nmを発生。その発生回転数も5,000から5,250rpmの範囲とするなど、自然吸気エンジンに近いトルクカーブ特性を実現したことでエモーショナルな加速感を味わうことができる。また、レブリミットも7,200rpmに設定するなど、ピュアスポーツカー並みのエンジン性能が備わっている。

このエンジンは従来と異なり、ターボチャージャーとエキゾーストマニホールドがエンジン後方に、インテークマニホールドなどの吸気系がエンジンの前方に配置。これによりエンジン搭載位置を下げることが可能となり、操縦性能に貢献するだけでなく空力性能も向上したという。また最大過給圧2.1barと、クラス最高の値を実現している。

パフォーマンス志向の四輪駆動システム

パフォーマンス志向のトルク可変配分四輪駆動 AMG 4マチック+は、トルクの前後配分を状況に応じて連続可変制御、新型リアディファレンシャルに内蔵された「AMG トルクコントロール」が電子制御式の多板クラッチを2つ備え、それぞれが左右のドライブシャフトに接続されていることにより、前後だけでなく左後輪と右後輪の間でも状況に応じたトルク配分を行なうことができる。

シャシーとサスペンション

アルミニウムのプレートをエンジンルーム下部に設け、ストラットタワーバーなどで追加補強を行なうことで、サスペンションシステム全体のレスポンスが正確になるとともに、コーナリング時やブレーキング時、荷重変化時のボディのねじれが低減。また、サスペンションは基本レイアウトこそベース車と変わらないが、すべてのコンポーネントに対して徹底的な見直しが行なわれた。たとえば通常のAクラスに対してトレッドはフロントが30mm、リヤは11mm拡大されている。さらにオプション装備となる「AMGライドコントロール サスペンション」は、サスペンションを制御する3つのモードをドライバーが選択することができる。

ブレーキシステム

ブレーキシステムは、フロントに6ピストン固定キャリパーと360×36mmディスク、リアには1ピストンフローティングキャリパーと330×22mmディスクを装備。ディスクはドリルドベンチレーテッドタイプとなっており、、レッドペイント仕上げのブレーキキャリパーにはブラックのAMGロゴが入る。

6つのドライブモードとAMG DYNAMICS

「AMG DYNAMIC SELECT」には「スリッパリー(滑りやすい路面)」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツプラス」「レース」「インディビジュアル」の6つのモードがあり、これを切り替えることで、クルマを快適性重視からレーシングカーのような特性までドライバーが求める最適な制御に変化させることができる。

エクステリア

エクステリアは、フロントにコンパクトモデルで初めて下側の幅が広く縦にルーバーが入ったAMG専用ラジエターグリルを採用。また、フロントエプロンはジェットウイングデザインを採用した。左右の外側エアインテークを横方向に走るフィンと幅を広げた中央下側のエアインテークによりワイドな印象を強調。さらに、通常のAクラスから 54mmワイドなフロントフェンダーを採用したことで、ワイドな印象を与えている。

リヤにはルーフスポイラーを装着、専用デザインの大型ディフューザーとクローム仕上げで円形デュアルエキゾーストエンドにより、スポーティでハイパフォーマンスを体現するダイナミックなデザインに仕上げられている。

インテリア

インテリアでは、コックピットディスプレイが「スーパースポーツ」を含むAMG専用表示を選択可能に。フラットボトム型となるナッパレザー/DINAMICAの「AMGパフォーマンスステアリング」には、手を離さずに走行モードを変更することができる「AMGドライブコントロールスイッチ」が装備される。標準のフロントシートは、ヘッドレストとバックレストが一体化したセミバケットタイプのスポーティなデザインとなっており、さらにAMGパフォーマンスパッケージを選択すれば、サイドサポートが高い「AMGパフォーマンスシート」が装備される。

AMG トラックペース

「A35」と同じく「AMGトラックペース」も装備。サーキット走行時に80件以上の車両データ(車速、加速度など)を常時記録。加えてラップタイムと区間タイムの表示や、それぞれの基準タイムからの差を表示する機能も備わる。また、特定の項目は緑または赤で表示されるため、数字を読まなくても最高タイムより速いか遅いかがひと目で分かる。

発表記念特別仕様車「メルセデス AMG A 45 S 4マチック+エディション1」

特別仕様の「エディション1」は、エクステリアカラーに目を惹くサンイエローとdesignoマウンテングレーマグノの2色を用意。サイドには、サンイエローのモデルにはグレー、designoマウンテングレーマグノのモデルにはイエローの専用デカールが組み合わされる。19インチAMGマルチスポークアルミホイールは、マットブラックにペイントされる。また、フロントグリルのルーバーの一部やサイドスカートインサートなどの数々のエクステリアパーツがハイグロスブラック仕上げとなる。

さらに大型フロントスプリッターやフロントバンパーサイドに追加されたフリック、大型のハイグロスブラック仕上げのリヤウイングが空力性能やダウンフォースを向上するとともに、刺激的なホットハッチとしての特徴を強くアピールする。

インテリアにはイエローのアクセントステッチが入った、専用のチタニウムグレー/ブラックツートーンレザーのAMGパフォーマンスシートが採用。足元には、イエローパイピングとAMGロゴが入った専用フロアマットが装備される。さらに、インテリアトリムにはAMGのロゴが入ったダークアルミニウムの専用トリムが装着。ステアリングホイールはイエローのステアリングセンターマークが入ったナッパレザーの“EDITION”ロゴ入りAMGパフォーマンスステアリングが採用されるなど、特別感のあるインテリアに仕上げられている。