サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > クライスラー300の内外装の質感を大幅に変更

ここから本文です

クライスラー300の内外装の質感を大幅に変更

FCAジャパンが、「Chrysler 300(クライスラー 300)」をマイナーチェンジし、10月17日(土)より全国のクライスラー正規ディーラーにて販売開始する。

エクステリアでは、フロントフォグランプにLEDを使用や大型グリルの採用など、フロントデザインを大きく変更。300S、SRT8ともにヘッドライトベゼル、ホイールカラー、テールランプおよびウインドーモールディングをブラックで統一した。

インテリアでは、「質の高い素材を採用」「最先端の技術を導入」「室内空間を最大限利用」の3点に注力したといい、ナビゲーションシステムおよびセンターパネルの意匠を一新。さらに、インストルメントクラスターに「フルカラー7インチ TFTマルチビューディスプレー」を搭載した。また、「エレクトロニックロータリーシフター」を全モデルに搭載したほか、300Sには、ドクター・ドレとジミー・アイオヴィンが開発した「Beats Audio(TM)」を、SRT8には「harman/kardon」プレミアムスピーカーを標準搭載している。

また、従来のACC機能に「Stop&Go」機能を追加。また、車線の走行位置を感知し方向指示器を点滅せずに車線からはみ出るとドライバーに警告する「LaneSense(TM)車線逸脱警報プラス」や「前面衝突警報プラス(クラッシュミティゲーション付)」など安全装備も充実している。

価格は300Sが577万8000円、SRT8が756万円。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します