サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 輸入車がステータスだった!? アメリカで生産された日本車3選

ここから本文です

■アメリカで生まれた日本車を振り返る

 かつて、日本とアメリカの間には貿易不均衡という問題がありました。なかでも1980年代には、自動車と家電製品が大量に日本からアメリカへ輸出されていたことで、貿易摩擦へと発展します。

デザインが酷い! 走りが悪い!? 酷評された車5選

 品質の良い日本製品がアメリカで売れたことで、アメリカ製の製品が売れなくなり、失業者が増加。その結果、日本バッシングが激化し、不買運動や日本製品を破壊するデモも起きました。

 そうした背景から、日本の自動車メーカーはアメリカに工場を建設し、現地の人を雇って生産を開始。貿易摩擦解消へと進み始めました。

おすすめのニュース

サイトトップへ