サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 平均給与はいくら? 過去最高益連発の自動車業界「お給料事情」とは

ここから本文です

平均給与はいくら? 過去最高益連発の自動車業界「お給料事情」とは

■自動車メーカーよりも高額の給与をもらえる?

 クルマが好きな人にとって、クルマに関連した仕事をするのはひとつの夢といえます。しかし、クルマに関わるといっても幅広く、業種によって給与が大きく異なることも珍しくありません。今回は、自動車業界のあらゆる仕事の「お給料事情」を紹介します。

クルマの維持費が安すぎる県のナゾ 自賠責、高速料金、ガソリン税も格安

 自動車業界の仕事は非常に種類が豊富です。クルマに直接触れる仕事だけでも、自動車メーカーの開発・マーケティング、新車・中古車ディーラーの営業、整備士、自動車、自動車学校の教官などさまざまです。また、クルマに直接触れない仕事であれば、さらに種類が広がります。

 経済産業委員会の資料によれば、日本の自動車関連就業人口は約550万人ほどとされ、日本の全就業数の10%ともいわれています。つまり、日本の就業人口における10人に1人が、自動車関係の仕事をしているのです。

 今回は、自動車メーカーを中心とした自動車業界に関わっている会社の平均給与や、仕事ごとの年収の違い、実際に働く人の声を紹介します。なお、企業の平均年収は上場企業であれば有価証券報告書に記載されているため、それを参考にしていきます。

 はじめに、クルマ作りを担う「メーカー」ではどうでしょうか。一言にメーカーといえど、クルマが完成するまでには自動車メーカーのほかにも、自動車部品メーカー、素材メーカーなど、さまざまなメーカーが携わっています。

 自動車メーカーの平均給与は、トヨタ(約832万円)、日産(約815万円)、ホンダ(約786万円)で、比較的高い水準です。

 部品メーカーについては、デンソー(約817万円)、カルソニックカンセイ(約624万円)、曙ブレーキ(約694万円)で、自動車メーカーに迫る勢いです。

 ここで注目なのが、素材メーカーです。代表的な企業である三菱ケミカルHDは約1738万円、JFEスチールは約949万円、AGCは約817万円で、自動車メーカーと同等か、それ以上の金額となっています。

 素材メーカーはクルマ以外にも多彩な事業をおこなってるので、ほかの業種における利益によって、自動車メーカーを上回っているのです。

 では、メーカー以外はどうでしょうか。自動車販売会社、自動車整備会社を例に見てみましょう。

 自動車販売会社については、約300万円から500万円程度とされています。販売会社には、メーカーの子会社や、高級輸入車を販売している会社もあり、年収の幅が非常に広いようです。

 自動車整備会社も、約300万円から500万円程度とされています。地域や会社の規模によって利益も大きく変わるため、平均年収にも幅があるようです。

■実際のお給料事情を現場のスタッフに聞いてみた!

 年代別の年収については、企業が発表する細かい数字は非常に少ないため実態がわかりません。具体的な金額はどれほどなのでしょうか。

 国産車ディーラーの営業スタッフは、以下のように話します。

「具体的な金額はいえませんが、子ども二人と専業主婦の家族と暮らしながら、自分のクルマを持てる生活ができる程度の収入があります。ディーラーの営業マンなので極端に高くはないですが、それほど低くもないです。

 また、私のいる会社はメーカー直系の販売会社ですので、輸入車ディーラーに比べると収入が安定していると思います。不安なく働けるという点は、やっぱり国産車ディーラーのいいところです」

 また、同店舗で働く整備スタッフは以下のように話します。

「新卒で入社して数年経ちましたが、自動車が趣味だとお金が足りないということがあります。自分の乗っているクルマは排気量が2リッター以上あるスポーツカーで、サーキットにも行くので、正直カツカツです」

 自動車業界にはクルマを趣味にする人も多く、さらにクルマには高い維持費がかかります。年収そのものよりも、お金のかかる趣味を持っている、というのも特徴のようです。

 また、別の輸入車ディーラーの営業スタッフは以下のように話します。

「年収でいえば、以前勤めていた国産車ディーラーの頃よりは余裕があります。いまの会社はドイツ車をメインに扱っていますが、メーカー直営店ではありませんので成果を上げれば上げるだけ年収もあがっていきます。

 売れない月は低くなりますが、長年勤めている営業ですと固定客がいますので、1台も売れないということはないです」

 もともと国産車ディーラーに勤めていた人が、年収アップを求めて輸入車ディーラーへと転職することもあるようです。

※ ※ ※

 自動車に関する仕事について、ウェブサイトやSNSでは「営業はブラック」「整備士は薄給」という言葉を目にすることも少なくありませんが、やりがいだけでなく企業や職種によっては高い平均年収を得ることもできるようです。

 働き方改革や、経団連が設定した就活ルールの廃止など、仕事に関する環境は昔に比べて大きく変わろうとしています。

 とくに、最近は転職もキャリアアップのひとつとしてポジティブに受け容れられるようになり、スマホひとつで転職活動ができるサービスも広まっています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します