現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 全長5m超えのトヨタ「正統派セダン」発売! 新型「クラウンセダン」は「Sクラス」になれる? ショーファーに必要な条件とは

ここから本文です

全長5m超えのトヨタ「正統派セダン」発売! 新型「クラウンセダン」は「Sクラス」になれる? ショーファーに必要な条件とは

掲載 20
全長5m超えのトヨタ「正統派セダン」発売! 新型「クラウンセダン」は「Sクラス」になれる? ショーファーに必要な条件とは

■Sクラスの大きな武器である「匿名性」とは

 ショーファーセダンというカテゴリーをリードするメルセデス・ベンツ「Sクラス」には、「匿名性」という大きな武器があります。
 
 トヨタから発売された新型「クラウンセダン」は、Sクラスのような「匿名性」をもったショーファーセダンとなれるのでしょうか。

【画像】「えっ…!」これがトヨタの全長5m超え「セダン」 豪華なデザインを画像で見る! (50枚以上)

 2023年11月2日、トヨタは新生クラウンシリーズの第3弾となる新型「クラウンセダン」を発売しました。

 新型クラウンシリーズがSUVを中心としたラインナップへと大きく生まれ変わったなかで、FRレイアウトを活かした正統派のセダンであるクラウン セダンは、歴代クラウンが担ってきたショーファーニーズを満たすモデルとなることが期待されています。

 一方、このカテゴリーで大きな存在感を放ち続けているのが、メルセデス・ベンツのSクラスです。

 メルセデス・ベンツのフラッグシップモデルであるSクラスは、高級セダンのベンチマーク的存在として、世界の高級車市場を長らくリードしています。

 日本においても、年間数千台の販売台数を安定して記録し続けているなど、ライバルであるBMW「7シリーズ」やアウディ「A8」、そしてレクサス「LS」を圧倒しています。

 Sクラスがこのカテゴリーをリードし続けている大きな理由が、クルマそのものの仕立ての良さにあることは言うまでもありません。

 一方、実際の販売の現場を見ると、Sクラスを求めるユーザーが「ある視点」を高く評価していることがわかります。

 それが「匿名性」です。

 世界屈指の経済大国である日本では、1000万円を超えるような高級車を購入できるだけの資産があるユーザーは少なくありません。

 金銭的に余裕がある場合、快適性や機能性に優れた高級車を選ぶことは非常に合理的です。

 ただ、資産家であることを積極的にアピールすることを好まないユーザーも多く、「過度に目立たない高級車」を求めるユーザーが一定数存在するとされています。

 その点、このカテゴリーでトップクラスの販売台数を誇るSクラスは、都市部においては決してめずらしいものではなく高い「匿名性」を持っています。

 もちろん、世界トップクラスの快適性や機能性を備えていることから、上質な移動空間を提供してくれることは言うまでもありません。

 こうした高い「匿名性」は、Sクラスの大きな武器のひとつになっていると考えられます。

■新型クラウンセダンは「匿名性」の高い1台となれるのか?

 では、新型クラウンセダンはSクラスになれるのでしょうか。

 もちろん、両車はボディサイズや価格帯が異なることから、そうした部分を比較しても得られるものはほとんどありません。

 ただ、歴代のクラウンを見ると「匿名性」の高い高級車を求めるユーザーに評価されてきたという事実があります。

 そうなると、新たに登場した新型クラウンセダンにも、Sクラスのような高い「匿名性」を求めるユーザーがいると考えても不思議ではありません。

 そういった視点で新型クラウンセダンを見ると、Sクラスになれる要素は十分に備えていることがわかります。

 たとえば、そのエクステリアをみると、昨今のトヨタのデザインを受け継ぐ存在感のあるフロントマスクや横一文字のテールランプを採用した近未来的なリアエンドとはなっているものの、どちらかと言えば万人受けするデザインで、過度に目立つものではありません。

 また、「センチュリー(セダン)」を別格とすれば、トヨタのショーファーセダンは事実上クラウン セダンのみとなっており、その需要を一身に背負うことになるため、セダン不況と言われる昨今でも一定以上の販売台数を記録することが予想されます。

 その多くは法人や官公庁などによるいわゆる「黒塗りのクルマ」になると言われており、発売後ほどなくして、都市部を走る黒い新型クラウンセダンの姿が多く見られるようになると考えられます。

 そういった意味では、高い「匿名性」を持つことになると考えることができそうです。

 それでいて、3000mmというロングホイールベースや最適化されたサスペンションセッティング、さらにはエアブラダー(空気袋)によるマッサージ機能など、上質な移動空間を提供する数々の機能や装備が備わっていることから、新型クラウンセダンが快適性と機能性を兼ね備えていることは言うまでもありません。

 つまり、新型クラウンセダンはSクラスのような高い「匿名性」と快適性、機能性を持っており、そういった意味では「クラウンセダンはSクラスになれる」と言っても差し支えなさそうです。

※ ※ ※

 ただ、ショーファーカーにおいてもセダンは少なくなっており、トヨタ「アルファード/ヴェルファイア」のような高級ミニバンが選ばれるケースも増えています。

 実際、トヨタが設定している月販基準販売台数は600台と、クラウンクロスオーバーやクラウンスポーツと比べても少ない数字です。

 新型クラウンセダンの販売台数が低迷してしまうと、「匿名性」も薄れてしまいます。

 そう考えると、新型クラウンセダンがSクラスのようになるためには、一定の販売台数を記録し続けることがまずなによりも重要と言えそうです。

こんな記事も読まれています

軽トラなのにオシャレさを追求……って魂動デザインの起源か! マツダB360は情熱と魂の結晶だった
軽トラなのにオシャレさを追求……って魂動デザインの起源か! マツダB360は情熱と魂の結晶だった
WEB CARTOP
刑事モノといえばクルマは劇中の華! スカイラインにRX-7にガゼール……心に刺さりまくった記憶に残るモデルたち
刑事モノといえばクルマは劇中の華! スカイラインにRX-7にガゼール……心に刺さりまくった記憶に残るモデルたち
WEB CARTOP
マセラティはカスタマイズ「フォーリセリエ」を訴求…オートモビルカウンシル2024
マセラティはカスタマイズ「フォーリセリエ」を訴求…オートモビルカウンシル2024
レスポンス
顔がスゴイ! “斬新顔”のスバル「3列SUV」!? 大排気量“6気筒”エンジン搭載の最上級モデル「B9トライベッカ」とは
顔がスゴイ! “斬新顔”のスバル「3列SUV」!? 大排気量“6気筒”エンジン搭載の最上級モデル「B9トライベッカ」とは
くるまのニュース
新方式導入で“初めて”ポール獲得。篠原「自分で名乗れるのはちょっと嬉しい」|スーパーGP開幕戦岡山:GT300 PP記者会見
新方式導入で“初めて”ポール獲得。篠原「自分で名乗れるのはちょっと嬉しい」|スーパーGP開幕戦岡山:GT300 PP記者会見
motorsport.com 日本版
スーパーGT、2024年第1戦岡山を皮切りに全大会で公式練習をYouTube無料ライブ配信
スーパーGT、2024年第1戦岡山を皮切りに全大会で公式練習をYouTube無料ライブ配信
AUTOSPORT web
過去の名車の現代化――それは実現しなかった夢でありながら、叶えられた祈りでもあった…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第24回
過去の名車の現代化――それは実現しなかった夢でありながら、叶えられた祈りでもあった…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第24回
LE VOLANT CARSMEET WEB
スーパーGT第1戦決勝前に航空自衛隊がウエルカムフライト。2機のF-2戦闘機がサーキット上空を飛行
スーパーGT第1戦決勝前に航空自衛隊がウエルカムフライト。2機のF-2戦闘機がサーキット上空を飛行
AUTOSPORT web
トヨタ「2.0L カローラ」あった! 限定500台“2000 Limited”に「復活」願う声… 新型カローラ並の注目されるクルマとは
トヨタ「2.0L カローラ」あった! 限定500台“2000 Limited”に「復活」願う声… 新型カローラ並の注目されるクルマとは
くるまのニュース
【MotoGP】リンスのヤマハへの適応、まだまだ道半ば? 「こっちが乗られてるみたい」アメリカズGP勝利再現はムリと示唆
【MotoGP】リンスのヤマハへの適応、まだまだ道半ば? 「こっちが乗られてるみたい」アメリカズGP勝利再現はムリと示唆
motorsport.com 日本版
マツダ渾身のラージSUV始動! トップバッター「CX-60」って実際どうなのよ? 今だ見えない実力はいかに
マツダ渾身のラージSUV始動! トップバッター「CX-60」って実際どうなのよ? 今だ見えない実力はいかに
ベストカーWeb
マツダ CX-80のティザーがついにスタート! ワールドプレミアに向けてカウントダウンが始まったぞ
マツダ CX-80のティザーがついにスタート! ワールドプレミアに向けてカウントダウンが始まったぞ
Webモーターマガジン
サソリの毒をまるっと1日味わい尽くせ! アバルト500eの1日試乗キャンペーンが開催中
サソリの毒をまるっと1日味わい尽くせ! アバルト500eの1日試乗キャンペーンが開催中
THE EV TIMES
やっぱり速かったau TOMS! 前年王者が新方式となった予選を制す。シビック最上位は3番手のSTANLEY|スーパーGT開幕戦
やっぱり速かったau TOMS! 前年王者が新方式となった予選を制す。シビック最上位は3番手のSTANLEY|スーパーGT開幕戦
motorsport.com 日本版
「消滅した阪神高速」いよいよ「復活」へ!? 異例の「3年間通行止め」松原線の工事大詰め 大阪市内に新たな高架橋の建設開始
「消滅した阪神高速」いよいよ「復活」へ!? 異例の「3年間通行止め」松原線の工事大詰め 大阪市内に新たな高架橋の建設開始
くるまのニュース
ブリッツの「スロコン」「スマスロ」にLBXなど4車種の適合が追加
ブリッツの「スロコン」「スマスロ」にLBXなど4車種の適合が追加
レスポンス
ハミルトン、2024年のメルセデスW15に実は好印象を持っている?「このクルマは素晴らしいよ。まだ、最大限の性能を発揮できていないだけ」
ハミルトン、2024年のメルセデスW15に実は好印象を持っている?「このクルマは素晴らしいよ。まだ、最大限の性能を発揮できていないだけ」
motorsport.com 日本版
カーメイト、新ウェットシート&ガラスクリーナー発売
カーメイト、新ウェットシート&ガラスクリーナー発売
レスポンス

みんなのコメント

20件
  • fie********
    Sクラスの対抗はLSであって、クラウンの役目ではないでしょう。
  • *******
    デカいだけでペラペラのTOYPETクラウンが世界のVIPから絶大な支持を集めるベンツSクラスと同等なわけねーだろw
    ヨーロッパメーカーはたとえエントリーグレードでも走りや安全性能で手を抜くことはありえないから!!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村