サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【サイズ感抜群! 売れないわけがない!!!】ロッキー&ライズどれを買う?

ここから本文です

【サイズ感抜群! 売れないわけがない!!!】ロッキー&ライズどれを買う?

 2019年11月5日に発売され、ちょうどいいサイズ感で注目を集めているダイハツ「ロッキー」とトヨタ「ライズ」。この2台だが、実はメーカーによって、グレードの装備が異なっている。

 クルマを購入する際に気になるのは、そのクルマが魅力的かどうかもそうだが、価格に対して装備が充実しているかも重要なところだろう。

【10月激売れで3位と5位獲得の真相】隠れヒット車ルーミー&タンクの実力はライバルより上か?

 今回は、ロッキー&ライズそれぞれの、価格と装備のバランスが優れている、お薦めのグレードを解説していきたい。

文/渡辺陽一郎
写真/TOYOTA、DAIHATSU

【画像ギャラリー】購入時にライバルとなるモデルとエクステリア&インパネを比較

■新プラットフォームを採用し登場した期待のコンパクトSUV

 コンパクトSUVのダイハツ「ロッキー」とトヨタ「ライズ」が登場した。両車とも基本部分を共通化した姉妹車で、開発と生産はダイハツが受け持つ。親会社となるトヨタには、OEM車のライズが供給される。

ダイハツ「ロッキー」とトヨタ「ライズ」。フロントデザインを変更することで差別化を図る

 ボディは、全長が4m以下に収まる5ナンバーサイズだ。最小回転半径は、前輪駆動の2WD、4WDともに、16インチタイヤ装着車が4.9m、17インチでも5.0mに収まる。小回り性能が優れ、コンパクトなボディと相まって、混雑した街中でも運転しやすい。

 エンジンは直列3気筒1Lガソリンターボを搭載して、動力性能は1.5Lノーマルエンジンと同等だ。プラットフォームはDNGAの考え方に基づいて開発され、基本形状はタントと同じだが、造りは異なる。軽自動車のプラットフォームを単純に拡大したものではない。

エンジンは、直列3気筒1Lガソリンターボの1択となる

■ダイハツとトヨタで違うグレード&装備の考え方

 ロッキー&ライズを購入する時に迷うのは、グレードと価格の違いだろう。両車ともエンジンは1Lターボのみで、すべてのグレードに2WDと4WDを用意するが、グレード構成、装備内容、価格には違いがある。

 グレードは両車とも4種類で、ロッキーがL/X/G/プレミアム。ライズはX/X・S/G/Zになる。

 非常に分かりにくいのは、XとGという共通のグレード名を使いながら、グレードの位置付けと装備内容に差があることだ。ロッキーXの装備はライズGに似た内容で、ロッキーGの装備はライズZに近い。

 そして、ロッキーで価格が最も安いLの装備は、ライズXに衝突被害軽減ブレーキ(緊急自動ブレーキ)のスマートアシストを加えたX・Sに近い。従ってライズで価格が最も安い2WD・Xは170万円を下まわる167万9000円だが、ロッキーはスマートアシストを全車に標準装着するから最低価格が170万5000円になった。よし悪しは別にして、ライズではスマートアシストを装着しない安価なグレードも選べる。

 一方、ロッキーで最上級のプレミアムには、ライズには用意されないソフトレザー調シート表皮が備わる。安全装備のブラインドスポットモニターやリヤクロストラフィックアラートは、ライズではオプション設定だが、ロッキー プレミアムだけは標準装着した。

 以上の点を踏まえると、購入対象のグレードは、ロッキーがX/G/プレミアム。ライズはGとZになるだろう。低価格のロッキーLやライズXは、装備が簡素になり、各種の情報を表示するディスプレイなどの機能も下がるからだ。

 2車線道路などでドライバーの死角に入る並走車両を知らせるブラインドスポットモニター、後退時の衝突を防ぐリヤクロストラフィックアラートのオプション設定も、ロッキーX&ライズG以上になる。

 ロッキーXの価格は184万8000円、ライズGは189万5000円で(価格はいずれも2WD)、ライズが4万7000円高い。基本装備は共通でも助手席アンダートレイの設定は異なり、ロッキーではG以上に装着するが、ライズではGにも標準装着した。これらの装備の違いだけで4万7000円には達しないから、ロッキーXが割安だが、ライズも多少は装備を充実させた。

 もう少しグレードアップさせたロッキーGの価格は200万2000円、ライズZは206万円だ(価格はいずれも2WD)。この組み合わせもライズがロッキーより高く、5万8000円の開きがある。ライズZは、ロッキーがプレミアムのみに装着する本革巻きステアリングホイールや本革巻きシフトノブを装着した。この装備の違いも、5万8000円の価格差には達しない。

 2WDと4WDの差額は、装備の組み合わせに応じて22万2200円から23万9800円になる。この4WDの対価は、ロッキー&ライズともに同額だ。価格差も妥当だろう。

ブラックを基調としたロッキーのコクピット。メーターは先進性とプレミアム感を表現した「アクティブ マルチ インフォメーションメーター」を採用

■グレードの選び方には大切なポイントあり

 さてグレードの選び方だが、まず駆動方式は、ご自分の用途に応じて決めればよい。しかし基本的には4WDを推奨する。ロッキー&ライズは最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)に185mmの余裕を持たせ、前後のオーバーハング(ホイールからボディが前後に張り出した部分)も切り詰めて、悪路走破力を高めたからだ。

 分類上は前輪駆動ベースの4WDを備えるシティ派SUVだが、悪路の走破も視野に入れて開発した。クルマの性格は、RAV4やエクストレイルに近く、駆動方式も4WDが相応しい。

ダイハツが独自に開発した、前後にアクティブでトルク制御を行う「ダイナミックトルクコントロール4WD」を搭載。WLTCモードで燃費は2WDが23.4km/L、4WDが21.2km/Lとなっている

 そこで推奨グレードも4WDとする。価格を抑えるなら、ロッキー4WD・X(208万6700円)&ライズ4WD・G(213万3700円)がいいだろう。両車ともスマートアシスト、7インチTFTカラー液晶ディスプレイ、16インチアルミホイールなどを標準装着した。ロッキー4WD・L&ライズ4WD・X・Sに比べて14~15万円の上乗せだが、差額に見合う装備が加わる。

 予算に余裕があるなら、ロッキー4WD・G(222万4200円)&ライズ4WD・Z(228万2200円)に上級化する。両車ともに全車速追従機能付きクルーズコントロールと車線の中央を走れるように操舵を支援するレーンキープコントロール、LEDフォグランプやリヤフォグランプなどを加え、アルミホイールも17インチに拡大される。価格の上乗せは13~15万円だから、これも妥当な設定だ。

 そしてオプションでは、ブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックアラートのセット(両車ともに6万6000円)を必ず装着しておきたい。

 ロッキーでは、前述のプレミアムも用意した(4WD:242万2200円)。4WD・Gに比べて19万8000円高いが、ソフトレザー調シート表皮、LEDフットイルミネーションなどが加わり、ブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックアラートのセットオプションも標準装着した。

 このセットオプションの標準化を差し引くと、実質13万2000円で内装が上級化される。安全装備のセットオプションは必ず付けたい装備だから、内装が気に入ったらプレミアムを選ぶとよい。

駐車場内での後進時に、死角から接近する車両などを検知して警告する「
リヤクロストラフィックアラート 」。ロッキー プレミアムにのみ標準装備される

 ロッキーとライズの価格を比べると、先に述べたとおりライズが若干高い。この価格差には、メーカーや販売会社が受け取る利益の差額と併せて、販売促進などに使われる営業費用の差額も含まれている。OEM車の価格は、基本的には供給を受けた側が自由に決められるから、トヨタの各種コストがダイハツを上まわると考えられる。

 装備と価格は、車種によってはOEM車とベース車で共通化している場合もある。ロッキーとライズは、装備と価格の組み合わせを変えて、両車の割安感の違いを分かりにくくしている。注意してチェックすればロッキーXとライズG、ロッキーGとライズZが共通性の多いグレードだと分かるが、最初に見た時は分かりにくく、比べるのが面倒になってしまう。

 機能や装備と価格のバランスでは、ロッキーが少し割安だが、値引き、残価設定ローンの残価率、ローン金利などは販売会社によって異なる。ローンを使う時は、条件の似通ったグレード同士で見積りを取り(今はメーカーのウェブサイト上のオンライン見積りでも計算できる)、比較検討するとよい。

 また購入後5年以内に売却するなら、ロッキーとライズで査定額の違いも相応に生じる。従来の流れから考えると、トヨタブランドのライズが有利だ。販売台数が多く(1か月の販売目標はライズが4100台/ロッキーは2000台)、ユーザーが中古車を検索する時も、ライズの車名を挙げる頻度が高まるからだ。中古車として売りやすければ、業者は高値で買い取ることが可能になる。

 最もデザインの違いもあり、ボディカラーのコンパーノレッドはロッキー専用、ターコイズブルーはライズ専用だ。ロッキーのプレミアムも含めて相違点も相応にあるから、まずは商品同士を細かく比べたい。

 この2車種からは、ダイハツとトヨタの販売戦略の違いも推察される。ダイハツの場合、トヨタからOEM車として供給を受けるアルティス(カムリ)とメビウス(プリウスα)を除くと、ロッキーが最上級車種だ。そのために軽自動車からロッキーに上級移行するユーザーも多い。

 今の軽自動車は質感を高めたから、そこからさらに上級移行を促すなら、かなり上質に造り込まねばならない。そこでプレミアムを用意して、シートは生地を上級化させ、縁取りもパイピングからステッチ(縫い目)に変更した。

 一方のライズは、ヴァンガードや先代RAV4といった従来型のSUV、あるいはヴォクシー系3姉妹車のようなミニバンからの乗り替えが中心だ。価格の安さが重視されたり、レンタカーの需要も考えられるから、価格が170万円以下の2WD・Xも用意した。

 ただしスマートアシストは必須装備だから、購入するならX・S以上にすべきだ。売却した後に中古車で買ったユーザーの事故を防ぐためにも、安全装備の充実した仕様を選んでいただきたい。これはロッキー&ライズに限らず、今のクルマ選び全般に当てはまることだ。

ライズは、トヨタの現行車のなかで唯一の5ナンバーサイズSUVとなる。サイズとしては、C-HRに対して全長が390mm(C-HR 4385mm)、全幅が100mm(C-HR 1795mm)短く、ひとまわり小さい。全高は70mm、最低地上高も30mm ライズのほうが 高い

【画像ギャラリー】購入時にライバルとなるモデルとエクステリア&インパネを比較

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します