サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ 日本、メキシコ、タイの製造工場で生産調整を実施

ここから本文です
マツダは2020年3月24日、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各国で外出禁止、小売営業停止、企業活動の制限などの対策が大規模に実施される状況になり、部品の供給が滞っていることや今後の市場環境の不透明性を考慮し、各国の工場において生産調整を実施すると発表した。

本社工場(広島県安芸郡府中町・広島市南区)、防府工場(山口県防府市)では、3月28日から4月30日までの間、13日間の操業を休止する。また加えて8日間は昼勤のみの操業とする。この2ヶ所の工場で年間約100万台を生産し、その多くを輸出しているため、海外市場の販売の激減に対応し、当面の生産を削減する。

おすすめのニュース

サイトトップへ