現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 光岡自動車の創業55周年を記念したコンセプトモデル「M55コンセプト」が初公開

ここから本文です

光岡自動車の創業55周年を記念したコンセプトモデル「M55コンセプト」が初公開

掲載 20
光岡自動車の創業55周年を記念したコンセプトモデル「M55コンセプト」が初公開

 光岡自動車は2023年11月16日、自社の創業55周年を記念するコンセプトモデル「M55コンセプト(エムダブルファイブ コンセプト)」を特設サイトにて公開した。

 M55コンセプトは、1968年創業の光岡自動車と同じく、55年の人生を歩んだ同世代の人々をメインターゲットに据え、感受性豊かな少年・少女時代に体験した様々な出来事や1970年代の時代感覚をベースに、当時の夢や希望に満ち溢れ、先の未来を変える大きなエネルギーの中、時代を駆け抜けた人々のマインドをクルマとして形にしたことが特徴である。

光岡自動車が2シーターオープンカー「Himiko(ヒミコ)」の2024年モデルを発表

 光岡自動車は2シーターオープンスポーツの「ロックスター(Rock Star)」やSUVスタイルの「バディ(Baddy)」など、往年のアメリカンテイストあふれる珠玉のモデルを精力的に市場に放っている。今回公開されたM55コンセプトは、1970年にデビューしたスペシャルティカーの初代ダッジ・チャレンジャーを彷彿とさせるスタイリングを採用。メッキで覆ったブラックグリルと丸型4灯式ヘッドランプを配したフロントマスクに、スロープをつけた前後のバンパー下部、フルワイドなパネルに楕円形のコンビネーションランプを組み込んだリアビューなど、来し方の米国製スペシャルティカーの特徴を最新パーツで見事に再現した。1970年代に流行ったリアウィンドウのルーバーやホワイトレタリングのタイヤなども、見る者を惹きつける。ボディは往時のスペシャルティカーの典型だった2ドアハードトップではなく、4ドアハッチバッククーペで構成した。

 インテリアに関しては、鮮やかなライトブルーのレザーに、1970年代に流行ったハトメ加工を施したスペシャルなシートを配備したことがトピック。ヘッドレストには車の象形文字を模した光岡自動車のエンブレムを、シートバックには車名の“MITSUOKA M55 CONCEPT”を刻印する。内装自体は、光岡自動車は明言していないものの、左右に伸びやかに広がるメッシュタイプのインストルメントパネルやスイッチ類およびルーバーの造形などから、ホンダ・シビックをベースとしていることが想定される。ステアリングもシビックと同仕様だが、中央部には“MITSUOKA”ロゴを配した。また、トランスミッションには6速MTを組み込んでいることから、エンジンはL15C型1496cc直列4気筒DOHC16V・VTEC直噴ガソリンターボユニット(182ps/24.5kg・m)の搭載が見込まれる。もし、シビック・タイプR用のパワートレイン(330ps/42.8kg・mを発生するK20C型1995cc直列4気筒DOHC16V・VTEC直噴ガソリンターボユニット)を搭載したら、M55は往年のマッスルカーに匹敵する速さを誇るかもしれない。

 光岡自動車はM55コンセプトについて、現在のところ「商品化の予定はない」とアナウンスする。ただし、特設サイトでは応援メッセージを受け付けていることから、ファンの熱心なリクエストがあれば、商品化が実施されるかもしれない。

 なお、M55コンセプトの実車は本年11月24日から12月16日にかけて「MITSUOKA 麻布ショールーム/GALLERY 麻布」(東京都港区)にて、2024年1月12日から1月28日にかけて「MITSUOKA 富山ショールーム」(富山県富山市)にて特別展示する予定である。

こんな記事も読まれています

全長4.4m以下で "7人乗り" 実現! シトロエン新型「C3エアクロス」 箱型シルエットのSUV登場 
全長4.4m以下で "7人乗り" 実現! シトロエン新型「C3エアクロス」 箱型シルエットのSUV登場 
AUTOCAR JAPAN
ボディカラーに「ベージュ」採用するクルマが増加中! 「アースカラー」ブームの現状は?
ボディカラーに「ベージュ」採用するクルマが増加中! 「アースカラー」ブームの現状は?
くるまのニュース
中国重視:VWがコンセプトカーを4月24日に発表
中国重視:VWがコンセプトカーを4月24日に発表
レスポンス
大迫力の新デザイン採用! 高級感&スポーティ性アップ、アウディ改良新型「A3」 約585万円から欧州発売
大迫力の新デザイン採用! 高級感&スポーティ性アップ、アウディ改良新型「A3」 約585万円から欧州発売
AUTOCAR JAPAN
レトロだけど今っぽい!? スズキ「エブリイ」に天然木材をふんだんに使ったオシャレ軽バン「FAFエブラー」とは
レトロだけど今っぽい!? スズキ「エブリイ」に天然木材をふんだんに使ったオシャレ軽バン「FAFエブラー」とは
Auto Messe Web
豊田合成、深紫外線LEDモジュールで200mW級の光出力を実現
豊田合成、深紫外線LEDモジュールで200mW級の光出力を実現
日刊自動車新聞
高齢ドライバーと「危険運転」同一視は差別的で誤り、日本老年学会が提言[新聞ウォッチ]
高齢ドライバーと「危険運転」同一視は差別的で誤り、日本老年学会が提言[新聞ウォッチ]
レスポンス
「車検通ってるのに…」 でも「整備不良」になることも? SNSで話題の改造トラブル、なぜ? NGとなる理由とは
「車検通ってるのに…」 でも「整備不良」になることも? SNSで話題の改造トラブル、なぜ? NGとなる理由とは
くるまのニュース
2ストロークエンジン車は、なぜあまり見かけなくなったのか?
2ストロークエンジン車は、なぜあまり見かけなくなったのか?
バイクのニュース
高速道路SA・PAでEV充電器大幅増設、2025年度末には充電口数1100へ
高速道路SA・PAでEV充電器大幅増設、2025年度末には充電口数1100へ
レスポンス
今がメルセデスの限界なのか? ラッセル「基本に立ち返って、マシン開発とダウンフォース増加に注力すべき」
今がメルセデスの限界なのか? ラッセル「基本に立ち返って、マシン開発とダウンフォース増加に注力すべき」
motorsport.com 日本版
日産 家庭内の家電でクルマの移動情報や状態を音声で通知する新サービスを開始
日産 家庭内の家電でクルマの移動情報や状態を音声で通知する新サービスを開始
Auto Prove
アストンマーティン「アロンソの現役続行に確信はなかった」年24戦の高負荷から引退の可能性もあった?
アストンマーティン「アロンソの現役続行に確信はなかった」年24戦の高負荷から引退の可能性もあった?
motorsport.com 日本版
トーヨータイヤ「OPEN COUNTRY」シリーズがサイズラインナップを拡充! 新型「ランドクルーザー250」モデリスタにも純正装着
トーヨータイヤ「OPEN COUNTRY」シリーズがサイズラインナップを拡充! 新型「ランドクルーザー250」モデリスタにも純正装着
くるまのニュース
アンダー200万円! ホンダが“新”「軽商用バン」発表! 黒すぎ顔×「上質内装」採用! 新たな「STYLE+ NATURE」 どんな特徴がある?
アンダー200万円! ホンダが“新”「軽商用バン」発表! 黒すぎ顔×「上質内装」採用! 新たな「STYLE+ NATURE」 どんな特徴がある?
くるまのニュース
自転車感覚で気軽に乗れる電動原付スクーター「MK114」発売
自転車感覚で気軽に乗れる電動原付スクーター「MK114」発売
バイクのニュース
新生スマート第3のモデルを示唆:コンセプトカーを4月25日に発表
新生スマート第3のモデルを示唆:コンセプトカーを4月25日に発表
レスポンス
ホンダが新型軽商用EV「N-VAN e:」の発売を2024年秋に延期
ホンダが新型軽商用EV「N-VAN e:」の発売を2024年秋に延期
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

20件
  • zoo********
    MITSUOKA、クオリティが半端なく上がっていますね。
    ベースがシビックらしいですが、名残が全くありません。
    これからも新しいジャンルに挑戦する異端のメーカーであってほしい。
  • ごまのらら
    現在、シビックの納期が4ヶ月だから、取り敢えずホンダにシビックの発注を掛けて、遅れているバディの納期とのバランスをみながら実車販売をして欲しい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村