現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > “チャンピオンカー”をドライブし「引き出しがすごく増えた」坪井翔。上位安定が自信に

ここから本文です

“チャンピオンカー”をドライブし「引き出しがすごく増えた」坪井翔。上位安定が自信に

掲載 1
“チャンピオンカー”をドライブし「引き出しがすごく増えた」坪井翔。上位安定が自信に

 三重県の鈴鹿サーキットで行われている全日本スーパーフォーミュラ選手権の合同/ルーキーテスト。2023シーズンのドライバーズタイトルを獲得した宮田莉朋は2024年のFIA F2フル参戦が決まり、これにより空席となった2023年の“チャンピオンカー”VANTELIN TEAM TOM’Sの37号車には、スーパーGTで宮田とともにGT500王座を獲得した坪井翔が乗り込んで、2日間・4セッションを走行した。

■「思ったより普通」だった共通ダンパー

「コンセプトが違う」P.MU/CERUMO・INGINGから参加の大湯都史樹が驚き

 2019年にスーパーフォーミュラデビューを果たした坪井は、5シーズンにわたってP.MU/CERUMO・INGINGから参戦してきたこともあり、同シリーズでは初めて別のチームのマシンをドライブすることとなった。

「GTでは(トムスで)やっているので、ある程度は知っているメンバーですけど、エンジニアは違うし、SFに関してはずっとセルモインギングで乗ってきたので、そこでのクルマや走り方が染み付いていました」と坪井。

「今回トムスで乗って、動き方が違ったり、ひとつひとつの考え方やコンセプトも微妙に違うなと思いつつも、それに合わせた走り方も必要でした」

 それは結果にも表れており、1日目午前のセッション1ではトップから0.9秒差の11番手に終わっていた。

 しかしセッション2では唯一の1分36秒台となる1分36秒994で1日目総合トップタイムを記録。2日目も好調でセッション3で2番手につけると、セッション4ではトップから0.067秒差の3番手と、セッション2以降は安定して上位につけ、2日間の走行を終えた。

「みんなが何をやっているか分からないので一概には言えないですけど、常にタイムシートの上にいるということは、大事なことだと思います」と坪井。

「2日間を通してアジャストしながら、セットアップもいろいろ試しながらやりました。チャンピオンカーと言えども、共通ダンパーになったので、今年のままの状態でいけるとは思っていなかったです。その中でもしっかりテストをしていき、結果的に1日目はトップでしたし、2日目も総合3番手でした。セッション2以降はずっとトップ3に居続けているので、そういう意味では速さがあったのかなと思いますし、自分の自信にもなりました」

 共通ダンパーの印象について坪井は「思ったより“普通”でした」と語る。

「劇的に変化して、イチから(セットアップを)やり直しという感じになったら嫌だなと思っていましたけど、そこまでにはなかったです。あくまで延長線上でアジャストというかトライはできました。もちろん変えないといけない部分はたくさんありましたけど、いろいろとテストできて良かったなと思います」と、現状ではポジティブに捉えている様子だった。

 何より収穫だったと語るのは、いままでとは違う環境でスーパーフォーミュラの走行に臨めたこと。「本当にこのテストでは、(今までとは)違うクルマに乗ったことで、自分の走り方やクルマの考え方で、引き出しがすごく増えた2日間でした。僕にとっては結果以上に得たものが多かったです」と、充実した2日間を送った様子だった。

関連タグ

こんな記事も読まれています

【魅力あるクルマたち】世界のクルマ好きを魅了するマツダ・ロードスターの心踊るオープンフィール
【魅力あるクルマたち】世界のクルマ好きを魅了するマツダ・ロードスターの心踊るオープンフィール
カー・アンド・ドライバー
三菱「新型SUVミニバン」実車登場! ゴツ黒グリル&野生グリーンがカッコイイ! 最上級の「エクスパンダークロス」比で出現
三菱「新型SUVミニバン」実車登場! ゴツ黒グリル&野生グリーンがカッコイイ! 最上級の「エクスパンダークロス」比で出現
くるまのニュース
日本車王国タイのモーターショー会場は中国ブランドが台頭! それでも「日本メーカーの優位」が揺るがないワケ
日本車王国タイのモーターショー会場は中国ブランドが台頭! それでも「日本メーカーの優位」が揺るがないワケ
WEB CARTOP
環境省、2022年度の運輸部門CO2排出量は3.9%増 経済活動再開の影響で
環境省、2022年度の運輸部門CO2排出量は3.9%増 経済活動再開の影響で
日刊自動車新聞
メルセデス・ベンツ新型電動GクラスはEQGと呼ばれない・・・ 果たしてそのモデル名は?
メルセデス・ベンツ新型電動GクラスはEQGと呼ばれない・・・ 果たしてそのモデル名は?
AutoBild Japan
【MotoGP】偉業達成ビニャーレス「ここまで来るのは大変だった。言葉が出ないよ」と涙。3メーカー優勝に感無量|アメリカズGP決勝
【MotoGP】偉業達成ビニャーレス「ここまで来るのは大変だった。言葉が出ないよ」と涙。3メーカー優勝に感無量|アメリカズGP決勝
motorsport.com 日本版
アンダー300万円のトヨタ「小さな高級車」発売中! 280馬力&5速MTの「コンパクトFRセダン」 見た目以上に凄いヤツとは
アンダー300万円のトヨタ「小さな高級車」発売中! 280馬力&5速MTの「コンパクトFRセダン」 見た目以上に凄いヤツとは
くるまのニュース
自動車学校がバイク試乗会、6ブランドが集合 4月21日に佐賀県佐賀市で開催
自動車学校がバイク試乗会、6ブランドが集合 4月21日に佐賀県佐賀市で開催
レスポンス
「シフトレバーにレジ袋」“ゴミ箱代わり”に使うのNG! クルマの誤操作の原因に!? 一体何がダメなのか?
「シフトレバーにレジ袋」“ゴミ箱代わり”に使うのNG! クルマの誤操作の原因に!? 一体何がダメなのか?
くるまのニュース
スズキ「V-Strome250」 シリーズエントリーモデルの2024年型を発売
スズキ「V-Strome250」 シリーズエントリーモデルの2024年型を発売
バイクのニュース
メルセデス代表、フェルスタッペンに早くも白旗。しかしレッドブルのホーナー代表気にせず「彼の言うことを真に受けちゃいけないと知ってる」
メルセデス代表、フェルスタッペンに早くも白旗。しかしレッドブルのホーナー代表気にせず「彼の言うことを真に受けちゃいけないと知ってる」
motorsport.com 日本版
[音のプロが推す“超納得”スタートプラン]「2ウェイ+サブをアクティブ制御」することで純正スピーカーのままでも音が激変!
[音のプロが推す“超納得”スタートプラン]「2ウェイ+サブをアクティブ制御」することで純正スピーカーのままでも音が激変!
レスポンス
BMW 5シリーズ ツーリング【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
BMW 5シリーズ ツーリング【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
トヨタが新型「“スポーティ”セダン」初公開! コンパクト&迫力エアロの「アクティブ スポーツ」! ワゴンも設定の「新カローラ」が販売店でも話題に
トヨタが新型「“スポーティ”セダン」初公開! コンパクト&迫力エアロの「アクティブ スポーツ」! ワゴンも設定の「新カローラ」が販売店でも話題に
くるまのニュース
待ってたぜ3列シート! 4月18日にマツダCX-80発表! 日本発売はいつ? 今わかっているすべて教えます!
待ってたぜ3列シート! 4月18日にマツダCX-80発表! 日本発売はいつ? 今わかっているすべて教えます!
ベストカーWeb
マーベリック・ビニャーレス、MotoGP史上初の3メーカー優勝を達成! マルケス一時トップ走行も散る|MotoGPアメリカズGP決勝
マーベリック・ビニャーレス、MotoGP史上初の3メーカー優勝を達成! マルケス一時トップ走行も散る|MotoGPアメリカズGP決勝
motorsport.com 日本版
スカイラインタイプR誕生に期待も……? 日産とホンダの業務提携がもたらす自動車業界の大変革!
スカイラインタイプR誕生に期待も……? 日産とホンダの業務提携がもたらす自動車業界の大変革!
ベストカーWeb
キャンピングカーはミニバンで充分! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
キャンピングカーはミニバンで充分! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

1件
  • jan********
    F3の時は宮田選手も全く歯が立たない程の速さ強さがありトムスに乗らないかな?とずっと思ってた。トムスに乗ったら速さは健在でしたね。トムスさんお願いします。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村