現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アルヴェル超えなるか!? 5m級新型ミニバン「スターリア」登場! 9人乗り設定し尼で発表

ここから本文です
アルヴェル超えなるか!? 5m級新型ミニバン「スターリア」登場! 9人乗り設定し尼で発表
写真を全て見る(35枚)

■2.2リッターディーゼルエンジンを搭載

 ヒュンダイ(ヒョンデ)のインドネシア法人は、2021年8月20日に新型MPV(日本でいうミニバン)の「スターリア」をインドネシアで発表しました。現地では最大で9人乗りの仕様が設定されるといいますが、どんなモデルなのでしょうか。

【画像】金エンブレムがギラリ! 5m級大型ミニバン 新型「スターリア」を見る(35枚)

 新型スターリアは、2021年3月17日に内外装デザインが世界初公開されたクルマで、インドネシア以外の市場では最大11人乗り仕様が設定されるほか、商用仕様も存在するなど、幅広いラインナップが特徴です。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

なぜ? なぜ? 三菱自動車、小学生向け相談室を開設…自動車産業や工場、環境問題などについて答える【夏休み】
なぜ? なぜ? 三菱自動車、小学生向け相談室を開設…自動車産業や工場、環境問題などについて答える【夏休み】
レスポンス
現代において最も成功した12気筒エンジン! 最後の「ベントレーW12」エンジンが生産完了、ひとつの時代が終わりを告げる
現代において最も成功した12気筒エンジン! 最後の「ベントレーW12」エンジンが生産完了、ひとつの時代が終わりを告げる
LE VOLANT CARSMEET WEB
ガスリー「ハイドロリック系の液漏れが起きた。またしても困難な週末の最悪の幕切だ」:アルピーヌ F1第13戦決勝
ガスリー「ハイドロリック系の液漏れが起きた。またしても困難な週末の最悪の幕切だ」:アルピーヌ F1第13戦決勝
AUTOSPORT web
トヨタの新型「ランドク“ルーミー”」初公開!? 全長3.7m級「ハイトワゴン」を“ランクル化”!? まさかの「顔面刷新モデル」2025年登場へ
トヨタの新型「ランドク“ルーミー”」初公開!? 全長3.7m級「ハイトワゴン」を“ランクル化”!? まさかの「顔面刷新モデル」2025年登場へ
くるまのニュース
角田裕毅、前戦入賞で弾み「F1ベルギーGPでどんな走りができるか楽しみです!」一方僚友リカルド言葉少な……
角田裕毅、前戦入賞で弾み「F1ベルギーGPでどんな走りができるか楽しみです!」一方僚友リカルド言葉少な……
motorsport.com 日本版
ボッタス「パフォーマンスは過去2、3戦よりいい。この方向で改善を続けるしかない」:キック・ザウバー F1第13戦決勝
ボッタス「パフォーマンスは過去2、3戦よりいい。この方向で改善を続けるしかない」:キック・ザウバー F1第13戦決勝
AUTOSPORT web
雨、雪、氷、ドライもウエットも! 何でも来いの新世代ASタイヤ
雨、雪、氷、ドライもウエットも! 何でも来いの新世代ASタイヤ
AUTOCAR JAPAN
アルボン「戦略に難あり。2ストップに戻すと言われたが、その頃にはタイヤが終わっていた」:ウイリアムズ F1第13戦決勝
アルボン「戦略に難あり。2ストップに戻すと言われたが、その頃にはタイヤが終わっていた」:ウイリアムズ F1第13戦決勝
AUTOSPORT web
【MotoGP】トラックハウス、ラウル・フェルナンデスと2年契約延長。今季の走りに高評価
【MotoGP】トラックハウス、ラウル・フェルナンデスと2年契約延長。今季の走りに高評価
motorsport.com 日本版
マグヌッセン「ソフトスタートは賭け。1周目に順位を上げたが、何台かにオーバーカットされた」:ハース F1第13戦決勝
マグヌッセン「ソフトスタートは賭け。1周目に順位を上げたが、何台かにオーバーカットされた」:ハース F1第13戦決勝
AUTOSPORT web
音程が不安定な「ウゥゥゥ…」パトカーのサイレンは「エンジンの回転数で変わる」説は本当?音程やうなり方が変化する理由とは
音程が不安定な「ウゥゥゥ…」パトカーのサイレンは「エンジンの回転数で変わる」説は本当?音程やうなり方が変化する理由とは
くるまのニュース
バイクのマフラーから“煙”が出ても、大丈夫?
バイクのマフラーから“煙”が出ても、大丈夫?
バイクのニュース
【ブレイズ】ニューモデル「スマートEV 特定原付モデル」の発表会を実施
【ブレイズ】ニューモデル「スマートEV 特定原付モデル」の発表会を実施
バイクブロス
【グッドイヤー・タイヤ試乗会】都内&千葉で新SUV専用タイヤをテスト
【グッドイヤー・タイヤ試乗会】都内&千葉で新SUV専用タイヤをテスト
AUTOCAR JAPAN
三菱『アウトランダー』2024年モデルを米国発表、最先端の三菱車として人気に
三菱『アウトランダー』2024年モデルを米国発表、最先端の三菱車として人気に
レスポンス
アロンソ「新パッケージで初のロングラン。来週までにさらに多くのことを学びたい」:アストンマーティン F1第13戦決勝
アロンソ「新パッケージで初のロングラン。来週までにさらに多くのことを学びたい」:アストンマーティン F1第13戦決勝
AUTOSPORT web
タイヤまで専用設計だったのマジよ! バブル時代の日本が作ったぶっ飛び車[セラ]がヤバすぎ
タイヤまで専用設計だったのマジよ! バブル時代の日本が作ったぶっ飛び車[セラ]がヤバすぎ
ベストカーWeb
昭和レトロなツートーンのトヨタ「タウンエース」のレトロポップな可愛らしい車内は要チェック! 普段使いができるキャンパーはいかが?
昭和レトロなツートーンのトヨタ「タウンエース」のレトロポップな可愛らしい車内は要チェック! 普段使いができるキャンパーはいかが?
Auto Messe Web

みんなのコメント

61件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

540.0872.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.02199.0万円

中古車を検索
アルファードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

540.0872.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.02199.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村