現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 岩佐歩夢、F1初走行「僕のキャリアで、最も素晴らしい1日でした!」マシントラブルに見舞われるも、全てのプログラムをこなす。チームも高評価

ここから本文です

岩佐歩夢、F1初走行「僕のキャリアで、最も素晴らしい1日でした!」マシントラブルに見舞われるも、全てのプログラムをこなす。チームも高評価

掲載 更新
岩佐歩夢、F1初走行「僕のキャリアで、最も素晴らしい1日でした!」マシントラブルに見舞われるも、全てのプログラムをこなす。チームも高評価

 F1のポストシーズンテストがアブダビのヤス・マリーナ・サーキットで行なわれた。岩佐歩夢はアルファタウリAT04を駆り、96周を走破。F1初走行を経験した。

 岩佐はこの日が、F1初ドライブ。初のF1マシンを大いに満喫したようだ。

■岩佐歩夢F1初走行で96周を走破。しかしセッション終盤には赤旗の原因に。角田裕毅も走行。トップタイムはオコン|F1アブダビポストシーズンテスト

「今日の走行を可能にしてくれたレッドブル、アルファタウリ、そしてホンダのみなさんに感謝します。本当に素晴らしい経験でした」

「F1マシンはF2マシンとは全然違いますね。2日前まではF2マシンに乗っていたんですが、全然違いました。そして、すごく楽しむことができました。マシンからも、チームからも、貴重な経験をさせてもらいました。僕のキャリアの中でも、最も素晴らしい1日だったと思います」

 岩佐は午前中は慣熟走行に専念し、午後にペースを上げる、そんなプランだったようだ。

「午前中のプログラムは、すぐに限界まで攻めるのではなく、徐々にペースを上げていくような形でした。そして午後になって新しいタイヤを履き、プッシュラップをすることになりました」

 そして岩佐は1分25秒753を記録。この日総合15番手となるタイムを計測した。しかし残り40分というところで最後のプッシュラップをしようとコースインしたところ、マシンにトラブルが発生。ターン16にマシンを停めることになってしまい、岩佐のF1初走行は終了することになった。

「最後のプッシュラップの前にマシントラブルが発生し、早めに終了することになってしまいました。原因が何だったのかはまだ正確には分かっていないため、調査する必要があると思います」

 岩佐は、初のF1走行だったにも関わらず、身体的に苦しむことはなかったと明かす。

「今日は多くのことを学びました。今日学んだことは、僕の将来のレースに大いに役立つと思います」

「何人かのドライバーから、F1はF2とは全然違うよと聞いていたんです。でも、思っていたよりも(肉体的には)良かったと思います。首はF2で走るよりも厳しかったですが、でも1日を通じてF1マシンをドライブすることができました。限界だったということはないです」

 チーフレースエンジニアのジョナサン・エドルズも、岩佐のF1での初仕事を賞賛する。

「アユムをチームに迎え入れ、2023年最後の走行日に、彼にAT04をドライブするチャンスを与えられたことは、とても光栄なことだ」

 そうエドルズは語った。

「彼には、マシンの特性を評価し、風洞実験のデータを比較するために、マシンのエアロマッピングの関する作業から始めてもらった。これには時間がかかるため、通常のグランプリの金曜には完了することができないんだ」

「基本的なマシンで数回走行すると、彼がすぐにマシンに慣れてきたのは明らかだった。そのため、セットアップに関するテストとタイヤに関する作業を完了することができた。これらは、レースドライバーたちと検討した最近のセットアップの方向性についての、我々の信念を裏付けるモノだった」

「アユムはチームのために実に堅実な仕事をし、ひとつも間違えなかった。彼のフィードバックは明確かつ完結で、完了したテスト項目とも一致していた」

 この1日で、岩佐の成長が見てとれたと、エドルズは語る。

「マシンの問題により、最後のアタックラップを完了することができなかった。そういう問題はあったものの、全体的には生産的な1日だったと言える」

「予定していたテスト項目は完了できたし、アユムの成長も随所に見ることができた」

関連タグ

こんな記事も読まれています

USスチール、日本製鉄による買収を承認 買収額は2兆1000億円
USスチール、日本製鉄による買収を承認 買収額は2兆1000億円
日刊自動車新聞
BMW次世代EVに「リマック」のバッテリー搭載? 新興メーカーと供給契約を締結
BMW次世代EVに「リマック」のバッテリー搭載? 新興メーカーと供給契約を締結
AUTOCAR JAPAN
マルティン、今季限りでのプラマック離脱をほぼ認める。目指すはファクトリーチーム移籍
マルティン、今季限りでのプラマック離脱をほぼ認める。目指すはファクトリーチーム移籍
motorsport.com 日本版
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新「サメ顔」採用? 「アウトドア仕様」もアリ!? “都会派SUV”のマイナーチェンジどうなるのか
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新「サメ顔」採用? 「アウトドア仕様」もアリ!? “都会派SUV”のマイナーチェンジどうなるのか
くるまのニュース
LEDヘッドランプの採用でさらに視認性UP! スズキが「GSX250R」の新型モデルを発売
LEDヘッドランプの採用でさらに視認性UP! スズキが「GSX250R」の新型モデルを発売
バイクのニュース
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
AUTOCAR JAPAN
42歳のアロンソがアストンマーティンF1と複数年契約、2026年にはホンダと再タッグへ「心身ともに準備が整っている」
42歳のアロンソがアストンマーティンF1と複数年契約、2026年にはホンダと再タッグへ「心身ともに準備が整っている」
AUTOSPORT web
真っ赤なトヨタ「ハイエース」をワイド&ロー化!「ハイスタミーティング」で3位を獲得した圧巻のカスタムとは
真っ赤なトヨタ「ハイエース」をワイド&ロー化!「ハイスタミーティング」で3位を獲得した圧巻のカスタムとは
Auto Messe Web
SUBARU BRZの「カップカー ベーシック」が仕様変更
SUBARU BRZの「カップカー ベーシック」が仕様変更
カー・アンド・ドライバー
ヤマハ発動機、フォーミュラEのパワートレイン供給先 独アプトに決定
ヤマハ発動機、フォーミュラEのパワートレイン供給先 独アプトに決定
日刊自動車新聞
トヨタ、堤工場の停止期間を再び延長、ダイハツは5月から全工場で生産再開[新聞ウォッチ]
トヨタ、堤工場の停止期間を再び延長、ダイハツは5月から全工場で生産再開[新聞ウォッチ]
レスポンス
2023年度国内EV販売ナンバーワンは2年連続で日産「サクラ」! 「EV購入者の5人に2人はサクラ」の快進撃は続くのか!?
2023年度国内EV販売ナンバーワンは2年連続で日産「サクラ」! 「EV購入者の5人に2人はサクラ」の快進撃は続くのか!?
ベストカーWeb
カーユーザーはどれくらいの頻度で洗車しているのか?
カーユーザーはどれくらいの頻度で洗車しているのか?
@DIME
なぜガソスタで「空気圧高くしますか?」と聞かれる? 規定値より高めの意味は? 定番セリフに隠された“重要メッセージ”とは
なぜガソスタで「空気圧高くしますか?」と聞かれる? 規定値より高めの意味は? 定番セリフに隠された“重要メッセージ”とは
くるまのニュース
制服でバイクに乗っても良いの? 誰かに怒られる事はあるのか?
制服でバイクに乗っても良いの? 誰かに怒られる事はあるのか?
バイクのニュース
マクラーレン『アルトゥーラ・スパイダー』日本初公開…パフォーマンスが向上、価格は3650万円
マクラーレン『アルトゥーラ・スパイダー』日本初公開…パフォーマンスが向上、価格は3650万円
レスポンス
群馬では悲しい事故も! 対策はないものか? 列車の接近を知らせる設備がない第4種踏切がまだ2400か所も!
群馬では悲しい事故も! 対策はないものか? 列車の接近を知らせる設備がない第4種踏切がまだ2400か所も!
ベストカーWeb
トヨタ・プロボックスが一部改良で安全装備を拡充
トヨタ・プロボックスが一部改良で安全装備を拡充
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村