サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【2030年までに死亡事故ゼロを掲げたSUBARU】クルマづくりの基本にある「0次安全」って何?

ここから本文です

【2030年までに死亡事故ゼロを掲げたSUBARU】クルマづくりの基本にある「0次安全」って何?

 0次安全は視界良好なパッケージ!

 自動車の評価基準はさまざまだが、現在のクルマにおいて安全性能は非常に優先順位が高い評価ポイント。事故を起こしたときに乗員を守る丈夫なボディが重視されていた時代もあったが、それは当たり前の機能となり、いまは事故を起こさない機能が求められるようになっている。その象徴的なデバイスがAEB(衝突被害軽減ブレーキ)だ。

スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

 国産車でAEBを広めるきっかけになったのは、言わずもがなスバルの「アイサイト」。ステレオカメラによって立体的に前方の状態を監視することで、車両や歩行者を検知することが基本だ。衝突の可能性を検知すると車両側で緊急ブレーキをかけ、衝突を回避しようとする運転支援システムである。そして、車両停止までカバーするAEBをスバルが実現したのは、たまたまアイサイト・テクノロジーを生み出したからではない。そもそも安全志向の強いメーカーだからこそ、アイサイトを実現できたのだ。

 スバルの安全志向は「総合安全思想」と呼ばれているが、その基本となるのが4つの「安全」だ。基礎となるのが「0次安全」と呼ばれるもので、具体的には視界の良さを考慮したパッケージを指している。振り向けば後方がよく見えるようなウインドウデザインや、視界を邪魔しないピラーの設計などは「0次安全」に基づいている。視界がよければ周囲の状況をドライバーが認知しやすく、それは事故を起こさないクルマにつながるという考え方だ。

 知能化により4次安全まで拡大する

 0次安全に続くのが「走行安全」。これはハンドリングやブレーキなどの動的性能を高めることで危険回避性能を高めようというもの。その上にあるのが「アイサイト」に代表される「予防安全」で、ぶつからないをサポートする機能だ。そして、もしアクシデントに巻き込まれてしまったとしても乗員を守り、他者とのコンパチビリティも含めた「衝突安全」にも並々ならぬこだわりをもって設計している。もっとも「走行安全」、「予防安全」、「衝突安全」というのは、どのメーカーでも意識していること。その前段階から安全を考慮して車体パッケージを考えている(=0次安全)ことがスバルの特徴だ。

 さて、先日スバルは「SUBARU技術ミーティング」をメディア向けに開催。各種技術のロードマップを示した。そのなかには総合安全思想についての将来展望も含まれていた。0次安全においてはドライバーモニタリングシステムを活用して乗員の状態を認識する性能を向上させることで、体調不良などの突発的な事象にも対応すべく考えているという。

 車両運動制御技術の向上による走行安全のレベルアップも目指す。予防安全では、画像認識性能の向上を愚直に進めていくという。衝突安全においてはサイクリストを考慮したエアバッグといった新デバイスの開発が進んでいることも発表された。

 さらに、4次安全というべき新しい段階のアイディアも提示された。それが「つながる安全」だ。事故によってケガをした場合、AACN(緊急自動通報)やインフラ協調を利用して、可能な限り早く治療をはじめる体制を整備することで、死亡事故を減らすことができるとスバルは考えている。なにしろ『2030年までにスバル車にかかわる死亡事故ゼロ』という高い目標を掲げているのだ。単なるスローガンではなく、スバルは本気で死亡事故ゼロを目指している。

 そうした進化する総合安全思想のベースといえるのが「0次安全」。視界の良さという表面的な状態だけでなく、安全に注力しているフィロソフィーの原点ともいえる言葉だ。こうして生まれた高い安全性能がSUBARUというブランドの価値をさらに高めている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します