現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 岩佐歩夢がF1初ドライブ「今日学んだことが将来のレースに大いに役立つと確信」エドルズはフィードバックを称賛

ここから本文です

岩佐歩夢がF1初ドライブ「今日学んだことが将来のレースに大いに役立つと確信」エドルズはフィードバックを称賛

掲載
岩佐歩夢がF1初ドライブ「今日学んだことが将来のレースに大いに役立つと確信」エドルズはフィードバックを称賛

 11月28日、アブダビのヤス・マリーナ・サーキットでF1参戦全10チームによるタイヤ&ヤングドライバーテストが行われた。スクーデリア・アルファタウリから参加した岩佐歩夢はこの日にF1を初ドライブし「本当に素晴らしかったです!」とチームのリリースでコメントした。

 ホンダ&レッドブル育成の日本人ドライバーとして、2023年はFIA F2に参戦し、ドライバーズランキング4位でシーズンを終えた岩佐。今回のテストには同じ日本人ドライバーの角田裕毅が所属するアルファタウリから参加し、2023年型マシンのAT04を初ドライブした。

【インタビュー】「想像していたより1.5倍凄かった」岩佐歩夢のF1初走行。ミスのないパフォーマンスで肉体も問題なし

 テストでの岩佐は、終日走行を重ねたものの、セッション終盤にトラブルでマシンを止めてしまったことから最終アタックは叶わなかった。それでもレギュラードライバーの角田から0.183秒差となる1分25秒753のベストタイムを記録し、自身初となるF1マシンでの走行を無事に終えている。

 テスト終了後、岩佐は「レッドブル、スクーデリア・アルファタウリ、ホンダのみなさん、ありがとうございました。本当にファンタスティックで素晴らしかったです!」とチームのリリースでその感想を語った。

「午前のプログラムは、すぐに限界までプッシュするのではなく、徐々にペースを上げていくようにしていました。午後になってからは、新しいタイヤを履き始めてさらにプッシュできるようになりました」

「残念なことに、この日最後のアタックラップの前にマシントラブルが発生し、テストは早めの終了となってしまいました。トラブルの原因はまだ正確に分かっていないため、引き続き調査を続けます」

「ですが、僕はこの一日を楽しみ、多くの経験を積んで、マシンやコース、そしてチームについて多くのことを学びました。 今日学んだことが将来のレースに大いに役立つと確信しています」

 アルファタウリのチーフレースエンジニアを務めるジョナサン・エドルズは、リリース内でテストを振り返ると同時に、岩佐のF1初ドライブにコメント。フィードバック能力と成長に好印象を抱いている様子だ。

「歩夢をチームに迎え入れ、2023年シーズンの走行最終日にAT04をドライブする機会を与えられたことをうれしく思う」とエドルズ。

「彼はまずクルマの特性を把握し、これまでのデータと比較するためのエアロマッピング作業からテストを開始した。この作業は完了までに時間がかかるため、通常のレースウイーク金曜日のプラクティスセッション中に完了する余裕はないんだ」

「ただ、ベースとなるマシンで数回走行した後、歩夢がすぐに慣れてきたことは明らかだったので、一連のセットアップテストとタイヤ作業を完了することができた。この結果は、レギュラードライバーたちと検討してきた最近のセットアップの方向性について、私たちの信念を裏付けるものだった。その後は来年に向けたテスト項目のデータベース構築に着手することができた」

「歩夢はチームのために非常に堅実な仕事を行い、一歩も間違うことはなかった。 彼のフィードバックは明確かつ簡潔で、テスト項目に沿ったものだった」

「歩夢はソフトコンパウンドで2度の走行を行い、最初のスティントでは良いパフォーマンスを引き出すことができていた。しかし、まだ調査中である車両トラブルにより、2回目のスティントを完了することはできなかった」

「問題はあったにせよ、全体的には生産的な一日だった。予定していた項目はすべて完了し、歩夢の成長が随所で見られたテストだった」

こんな記事も読まれています

ホンダの電動二輪など4製品がレッドドット・デザイン賞を受賞
ホンダの電動二輪など4製品がレッドドット・デザイン賞を受賞
レスポンス
硬派に行くならジムニー一択!! コスパで選ぶならヤリスクロス!? 若者にオススメしたコンパクトSUV6選
硬派に行くならジムニー一択!! コスパで選ぶならヤリスクロス!? 若者にオススメしたコンパクトSUV6選
ベストカーWeb
生産済みの車両は安全性が確認されているの新たには出荷停止……ってどういうこと? ダイハツ事件にみる「認証試験」の問題点とは
生産済みの車両は安全性が確認されているの新たには出荷停止……ってどういうこと? ダイハツ事件にみる「認証試験」の問題点とは
WEB CARTOP
消滅は「人類の進歩」といえるのか? ベントレー・フライングスパー・スピードでザ・マッカランへ(2)
消滅は「人類の進歩」といえるのか? ベントレー・フライングスパー・スピードでザ・マッカランへ(2)
AUTOCAR JAPAN
ベントレー最後の「W12」を堪能 フライングスパー・スピードでザ・マッカランへ(1) 僅か120台限定
ベントレー最後の「W12」を堪能 フライングスパー・スピードでザ・マッカランへ(1) 僅か120台限定
AUTOCAR JAPAN
引退進む「金ホイール&デカッ羽」見るなら今! スーパーパトカー軍団、栃木の秘蔵っ子いつまで現役?
引退進む「金ホイール&デカッ羽」見るなら今! スーパーパトカー軍団、栃木の秘蔵っ子いつまで現役?
乗りものニュース
受注1万台突破! WR-Vの爆売れが止まらない! 人気色からグレードまで全部わかった!
受注1万台突破! WR-Vの爆売れが止まらない! 人気色からグレードまで全部わかった!
ベストカーWeb
やらないと、どんな問題が起こる? 忘れてしまいがちなバイクのオイル交換
やらないと、どんな問題が起こる? 忘れてしまいがちなバイクのオイル交換
バイクのニュース
トヨタ『4ランナー』新型に冒険仕様「トレイルハンター」を初めて設定
トヨタ『4ランナー』新型に冒険仕様「トレイルハンター」を初めて設定
レスポンス
運転がチョー楽チンになるアダプティブ・クルーズ・コントロール! そいつを世界初採用したのはまさかの三菱車だった!
運転がチョー楽チンになるアダプティブ・クルーズ・コントロール! そいつを世界初採用したのはまさかの三菱車だった!
ベストカーWeb
S耐王者の「GT-R」がSUPER GTに殴り込み! 老舗チームとのバトルは必見です【参戦26台を一挙紹介Vol.5】
S耐王者の「GT-R」がSUPER GTに殴り込み! 老舗チームとのバトルは必見です【参戦26台を一挙紹介Vol.5】
Auto Messe Web
F1中国GP、5年ぶりの開催に向けてサーキット路面のバンプを除去。新世代F1マシン迎える準備進む
F1中国GP、5年ぶりの開催に向けてサーキット路面のバンプを除去。新世代F1マシン迎える準備進む
motorsport.com 日本版
新車カタログをみると燃費が2種類あるけどナゼ? WLTCとJC08モード燃費の違いとは
新車カタログをみると燃費が2種類あるけどナゼ? WLTCとJC08モード燃費の違いとは
WEB CARTOP
【クルマら部】クルマ愛クイズ!「日産 スカイラインGT-R」全4問・解答編!
【クルマら部】クルマ愛クイズ!「日産 スカイラインGT-R」全4問・解答編!
レスポンス
ル・マンの雄にして元F1ドライバーのエマニュエル・ピロ、62歳で2輪レースデビュー。初陣はクラス10位フィニッシュ
ル・マンの雄にして元F1ドライバーのエマニュエル・ピロ、62歳で2輪レースデビュー。初陣はクラス10位フィニッシュ
motorsport.com 日本版
【全ドライバー独自採点&ベスト5/F1日本GP】トップ5チームの一角を崩し、10位に食い込んだ角田裕毅
【全ドライバー独自採点&ベスト5/F1日本GP】トップ5チームの一角を崩し、10位に食い込んだ角田裕毅
AUTOSPORT web
恐怖のシーズン到来!? “全国最悪級の渋滞”春のアクアライン&首都高湾岸線 攻略法は? 車線改良の効果はあるのか
恐怖のシーズン到来!? “全国最悪級の渋滞”春のアクアライン&首都高湾岸線 攻略法は? 車線改良の効果はあるのか
乗りものニュース
「タダモノじゃない!」 4✕4でウインチ付属 リフトアップされた“タフネス仕様” 「キャンター」キャンピングカーがカッコいい
「タダモノじゃない!」 4✕4でウインチ付属 リフトアップされた“タフネス仕様” 「キャンター」キャンピングカーがカッコいい
VAGUE

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村