現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アルピーヌ、推し進めてきた“F1パワーユニット均等化計画”が頓挫。ライバルとの性能差解消狙うも「時間と労力に見合わない」

ここから本文です

アルピーヌ、推し進めてきた“F1パワーユニット均等化計画”が頓挫。ライバルとの性能差解消狙うも「時間と労力に見合わない」

掲載
アルピーヌ、推し進めてきた“F1パワーユニット均等化計画”が頓挫。ライバルとの性能差解消狙うも「時間と労力に見合わない」

 ルノー/アルピーヌはF1パワーユニット(PU)の性能面で他メーカーに先行を許していることから、PUの性能を均衡化させる計画を推し進めてきた。しかしmotorsport.comの調べでは、この計画は頓挫したようだ。

 アルピーヌはこの計画に関して、ライバルチームから全面的な支持を得られなかった様子。そのため、パワーユニットに関する一連の改善案を取り下げ、FIAの査定も打ち切られることになったと見られている。

■メルセデスF1代表、PUのパワー均等化求めるアルピーヌを一刀両断「3%の差もない。自分たちで頑張れ」

 7月にmotorsport.comでは、現在開発が凍結されているPUの性能レベルをFIAが分析した結果、アルピーヌのルノー製PUはフェラーリやメルセデス、ホンダ/HRCといったライバルメーカーと比較して約15~25kW(約20~34ps)劣っていることが判明し、PUの均等化に関する話題がF1委員会に持ち込まれたと報じた。

 FIAはベルギーGPで行なわれたF1委員会後に発表した声明で、アルピーヌ/ルノーとライバルPUメーカーとの出力差を「顕著な差」と呼んだ。

 FIAはさらに、F1委員会では「この差異を改善する方法について話し合われた」として、「委員会に出席したPUメーカーは、PU諮問委員会でこのトピックを検討し、委員会に提案を持ち帰るよう委任することで合意した」と語った。

 この動きは、FIAが2023年シーズン前半にPU性能差を確認したことを受けたモノで、2022年に現行PU規則のサイクルが始まった時に、2023年にはPUに変更が加えられる可能性があると合意されていた。

 FIA曰く、これは大きな性能差が次期PU規則サイクル開始時まで「長期間固定される」ことを避けるために合意されたモノだという。

 しかし、どのPUメーカーが変更を行なうにしても、PUにおける性能開発の凍結が最初に合意された2021年に全チームとPUメーカー間で取り決められた“誠意のある”合意が必要となる。

 先月行なわれたF1カタールGPで、アルピーヌのブルーノ・ファミン暫定チーム代表はPU均等化計画について「進展はない」として、チームにとっての「最優先事項は2026年に良いPUを手に入れること」だと語った。

 そして、現行PU規則でパフォーマンスの均衡化を計るための計画を破棄し、FIAもそれを受け入れたようだ。

 アルピーヌはこれまで、誠意ある理解の元で均等化計画を調整していたものの、ライバルから全面的な支持を得られなかったことを受けて、現行PUの出力向上に費やされるはずだったリソースを新PU規則への対応に振り向ける方が良いと判断したと見られる。

 2026年からF1に導入される次世代PUでは、100%持続可能燃料が使用される他、内燃エンジンと電気モーターの出力割合が50:50となることが目指されている。

 motorsport.comがPU均等化計画の進展についてチームにコメントを求めると、次のようなファミン暫定代表のコメントが返ってきた。

「PUの均等化に関するFIAとの話し合いの結果、我々はPUメーカーとして、FIAや他のPUメーカーの立場も考慮して、この問題をこれ以上進めないという決定を前向きに下した」

「PU均等化に関する話題は、7月のF1委員会でFIAから持ち上がったモノで、その後レギュレーションとPUメーカー間の紳士協定に沿って、どのような選択肢があり、どのような性能アップが可能かを検討した」

「我々はすぐ、時間と労力に見合わないという結論に達した」

「そのうえ、わずかな性能向上のために、2026年PUプロジェクトへ向けた我々の努力に水が差されることになる」

 今週末のアブダビGPで開催されるF1委員会では、PU均等化計画の評価が打ち切られることが正式に打ち出される予定だ。

 なおFIAはこの件に関するコメントを拒否している。

こんな記事も読まれています

【スズキ】元世界耐久選手権チャンピオンによるライディングスクール 「スズキ北川ライディングスクール」 2024年度の開催日程が決定!
【スズキ】元世界耐久選手権チャンピオンによるライディングスクール 「スズキ北川ライディングスクール」 2024年度の開催日程が決定!
バイクブロス
北条の巨大な山城「滝山城跡」は想像以上に堅固な要塞だった
北条の巨大な山城「滝山城跡」は想像以上に堅固な要塞だった
バイクのニュース
武骨、しかし万能!!! ジープはいつも侮れないのだ! 3代目ラングラー試乗【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
武骨、しかし万能!!! ジープはいつも侮れないのだ! 3代目ラングラー試乗【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
メルセデス・ベンツがメカニックを養成する理由が深かった! 東京工科自動車大学校「メルセデス・ベンツコース 卒業を祝う会&同窓会」が初開催
メルセデス・ベンツがメカニックを養成する理由が深かった! 東京工科自動車大学校「メルセデス・ベンツコース 卒業を祝う会&同窓会」が初開催
Auto Messe Web
古い名車ではなく、新しい愛車を探しに行ってみた。W124の最終型は想定外の価格!フルレストアの924も捨てがたい!!【最新Q車事情 オートモビルカウンシル探訪編】
古い名車ではなく、新しい愛車を探しに行ってみた。W124の最終型は想定外の価格!フルレストアの924も捨てがたい!!【最新Q車事情 オートモビルカウンシル探訪編】
Webモーターマガジン
ニッサン・フォーミュラEが初勝利。暫定トップのダ・コスタに違反発覚でローランドが繰り上がり優勝
ニッサン・フォーミュラEが初勝利。暫定トップのダ・コスタに違反発覚でローランドが繰り上がり優勝
AUTOSPORT web
ブリッツの「テレビナビジャンパー」にレクサスやクラウンなど4車種の適合が追加
ブリッツの「テレビナビジャンパー」にレクサスやクラウンなど4車種の適合が追加
レスポンス
まもなく発売!? 日本で初登場の“オフロードも得意なプレミアムSUV”レクサス新型「GX」ってどんなクルマ?
まもなく発売!? 日本で初登場の“オフロードも得意なプレミアムSUV”レクサス新型「GX」ってどんなクルマ?
VAGUE
ホンダが新型「最上級SUV」公開! 大排気量V6&全長5mボディ採用! 顔面刷新で“精悍顔”に進化した「MDX」米に登場
ホンダが新型「最上級SUV」公開! 大排気量V6&全長5mボディ採用! 顔面刷新で“精悍顔”に進化した「MDX」米に登場
くるまのニュース
未来のモビリティ、2050年の東京を見る!…SusHi Tech Tokyo 2024 4月27日からショーケース
未来のモビリティ、2050年の東京を見る!…SusHi Tech Tokyo 2024 4月27日からショーケース
レスポンス
キジマからハーレー X350用カスタムパーツ3アイテムが発売!
キジマからハーレー X350用カスタムパーツ3アイテムが発売!
バイクブロス
都会も山もイケちゃいます! 今が旬のRAV4は買いか? PHEVも搭載して文句なしの仕上がり
都会も山もイケちゃいます! 今が旬のRAV4は買いか? PHEVも搭載して文句なしの仕上がり
ベストカーWeb
クラウンシリーズ最後に登場のエステート! 「クラウンにワゴン?」なんて思ったらじつは伝統あるモデルだった
クラウンシリーズ最後に登場のエステート! 「クラウンにワゴン?」なんて思ったらじつは伝統あるモデルだった
WEB CARTOP
マクラーレンの日本7店舗目となる正規販売拠点、「マクラーレン横浜」がみなとみらいエリアにオープン!
マクラーレンの日本7店舗目となる正規販売拠点、「マクラーレン横浜」がみなとみらいエリアにオープン!
LE VOLANT CARSMEET WEB
中上貴晶、1周目に他者との接触で転倒「日曜日は最大限のパフォーマンスを発揮したい」/第3戦アメリカズGP スプリント
中上貴晶、1周目に他者との接触で転倒「日曜日は最大限のパフォーマンスを発揮したい」/第3戦アメリカズGP スプリント
AUTOSPORT web
すれ違ったバスの「ナンバープレートの位置」が明らかにヘンだったのですが… 実は増えてる その正体とは?
すれ違ったバスの「ナンバープレートの位置」が明らかにヘンだったのですが… 実は増えてる その正体とは?
乗りものニュース
VW ゴルフ が表情チェンジ…改良新型の生産開始
VW ゴルフ が表情チェンジ…改良新型の生産開始
レスポンス
かなり納車時期が早まった原付二種!人気の「カブシリーズ」も早めにゲットできる?
かなり納車時期が早まった原付二種!人気の「カブシリーズ」も早めにゲットできる?
バイクのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村