サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【もはや技術的には限界?】メーカーが挑んだ排出ガス規制の歴史と今後のクルマはどうなる

ここから本文です

 排ガスが人体に悪影響を及ぼすため、規制が始まった

 クルマの排ガスに含まれる有害物質による人への影響は、1960年代半ばあたりから日米ともに注目されるようになった。まず懸念されたのは一酸化炭素(CO)の排出だ。一酸化炭素中毒による命の危険は日常生活の中でもガス漏れや不完全燃焼などで起こる可能性がある。エンジンも、酸素(空気)が足りず不完全燃焼が続けばCO排出量が増え、人体への影響が懸念されるため、その規制がはじまった。

ディーゼルに乗るなら今しかない! 自動運転時代に訪れるディーゼル車への逆風

 その後とくに自動車業界に衝撃を与えたのは、70年代の大幅な排ガス規制だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ