現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > バトルがないからレースに比べて楽しめない……なんて言ってちゃ人生損してる! ラリージャパンに見る「ラリー」観戦の楽しみ方

ここから本文です

バトルがないからレースに比べて楽しめない……なんて言ってちゃ人生損してる! ラリージャパンに見る「ラリー」観戦の楽しみ方

掲載 12
バトルがないからレースに比べて楽しめない……なんて言ってちゃ人生損してる! ラリージャパンに見る「ラリー」観戦の楽しみ方

 この記事をまとめると

■レースとはまったく異なるラリー競技ならではの魅力と楽しみ方を解説

ラリージャパンのレッキ車両は単なる「下見の足」じゃなかった! ワークスチームが積んだ「ハイテク機器」に驚き!!

■ラリーではドライバーの本気のタイムアタックを満喫することができる

■スタジアム、SS、リエゾン、サービスパークそれぞれの楽しみ方がある

 ラリーにはラリーならではの楽しみ方がある

 WRC第13戦「フォーラムエイト・ラリージャパン」が11月16~19日、愛知県・岐阜県で開催。既報のとおり、エルフィン・エバンス選手がシーズン3勝目を獲得したほか、セバスチャン・オジエ選手が2位、カッレ・ロバンペラ選手が3位につけるなど、トヨタGAZOOレーシングWRTが表彰台を独占した。

 さらに、SS2でクラッシュを喫し、大きく出遅れた日本人ドライバーの勝田貴元選手も、計9回のSSベストを奪取する猛追で5位入賞を果たすなど、トヨタ勢の躍進が目立つ大会となったのだが、果たして日本のファンはどのように年に一度の祭典を楽しんでいたのだろうか?

 まず、ラリー観戦の王道的な楽しみ方といえば、やはりSS(スペシャルステージ)での観戦が挙げられる。ラリー競技は1台ずつ出走してそのタイムを競うことから、サーキットを舞台にしたレース競技のようにコース上でのテール・トゥ・ノーズ、サイド・バイ・サイドのようなポジション争いはないものの、レース競技の予選のように各ドライバーの迫力あるアタックを満喫可能。

 しかも、普段は生活道路として使用されている公道が舞台となっていることから、身近なワイディングを異次元のスピードで駆け抜ける競技車両は迫力満点である。各ドライバーやマシンでアプローチの仕方も異なっていることから、定点での観戦ではドライビングスタイルの違いもチェックすることができることだろう。

 残念ながらラリージャパンの林道SSは、アクセスや駐車場の関係により、観戦人数のキャパシティが決められていた。スペシャルステージでの観戦ができなかったギャラリーも多かったと聞くが、それでも林道で観戦できたギャラリーは、ラリー競技特有の臨場感を満喫できたに違いない。

 もちろん、現地での観戦は待ち時間が長く、ラリーウィークは天候が不安定だったものの、00カー、0カーとオフィシャルカーを経て競技車両が出走してくることから、その高揚感は高く、多くのファンがWRCを楽しめたのではないだろうか?

 加えて2023年の大会では、豊田スタジアム内にデュアルスタート形式のスーパーSSを新設。ここでは着順で2台の優劣を見てとれるほか、全体を見渡せるので、ゲーム感覚でラリーを観戦できたはずだ。

 事実、多くのギャラリーが豊田スタジアムSSSを訪れ、エンターテイメント性の高いバトルを満喫していた。

 ラリーの見どころは本気アタックだけじゃない

 また、SS以外でもラリー競技は観戦可能で、なかでもリエゾンと呼ばれる移動区間はおすすめのポイントといえる。リエゾンでは交通ルールに合わせて制限速度で走行していることから、迫力ある走りを見ることはできないが、各チームの最新ラリーカーを至近距離で観戦できるところが最大の魅力。

 しかも、駅前の市街地や紅葉の美しい幹線道路、お寺や神社などのシンボリックな建物の前などラリールートに合わせて好みのシチュエーションで観戦可能である。なかでもラリージャパンの名物リエゾンとなっているのが岐阜県恵那市の岩村町本通りで、日本の伝統的街並みを各ワークスチームのRally1ハイブリッドが通過していくシーンはなかなか風情のある光景で、2023年の大会でも多くのギャラリーが訪れていた。

 もちろん、サービスパークでは各チームのメカニックの神業技術を満喫可能で、この緊張感のある作業シーンもラリー観戦のポイントと言っていい。事実、2023年の大会でも17日のデイ2のサービスBで語り継がれる名シーンが誕生。SS2でクラッシュを演じた勝田貴元選手のGRヤリスRally1ハイブリッドをトヨタGAZOOレーシングWRTのメカニックたちが修復に挑み、わずか40分という限られた時間ながら、完璧なリペアを行い、勝田選手をセカンドループへ送り出したのである。

 作業終了後、メカニックたちのこの神業に多くのファンが拍手を贈っていたが、こういったメカニックたちのサービス作業もラリー競技のひとつの見どころとなっている。

 そのほか、近年、WRCではライブ放送が充実しているので、現地に行けない場合は、公式映像やスポーツ専門チャンネルで観戦するのも、ひとつの手段。

 とはいえ、競技車両のサウンドや臨場感を楽しみたいファンはやはり現地での観戦が一番だ。ここで紹介したように、サーキットで行われるレース競技と違ってラリー競技はSS、リエゾン、サービスパークと観戦ポイントが多岐に渡るだけに、2024年のラリージャパンでは、観光やドライブを兼ねて好みのスタイルで観戦してみてはいかがだろうか?

こんな記事も読まれています

ブリッツがスロットルコントローラー「Power Thro」とターボ車ブーストアップ製品「Power Con」に『スペーシアカスタム』の適合を追加
ブリッツがスロットルコントローラー「Power Thro」とターボ車ブーストアップ製品「Power Con」に『スペーシアカスタム』の適合を追加
レスポンス
【MotoGP】ジョアン・ミル、ホンダの24年マシンに不満「僕らは間違った方向性を選択してしまった」
【MotoGP】ジョアン・ミル、ホンダの24年マシンに不満「僕らは間違った方向性を選択してしまった」
motorsport.com 日本版
大きくなっても“ミニらしさ”健在? 新型「ミニ・カントリーマン」公道での印象は? キャラ立ちしたデザインと操作系&走りが好印象
大きくなっても“ミニらしさ”健在? 新型「ミニ・カントリーマン」公道での印象は? キャラ立ちしたデザインと操作系&走りが好印象
VAGUE
22年の歴史に幕! マツダ「最上級セダン」終了も”まもなく”「次期型」登場へ!? 「新型マツダ6」どうなるのか
22年の歴史に幕! マツダ「最上級セダン」終了も”まもなく”「次期型」登場へ!? 「新型マツダ6」どうなるのか
くるまのニュース
日産の名車といえばハコスカ、ケンメリだけじゃない! 幕張メッセにまさかのプリメーラが?…オートモビルカウンシル2024
日産の名車といえばハコスカ、ケンメリだけじゃない! 幕張メッセにまさかのプリメーラが?…オートモビルカウンシル2024
レスポンス
フェラーリ「296」とトヨタ「GR86」がバトル! SUPER GT「GT300」クラスはクルマ好き必見です【参戦26台を一挙紹介Vol.3】
フェラーリ「296」とトヨタ「GR86」がバトル! SUPER GT「GT300」クラスはクルマ好き必見です【参戦26台を一挙紹介Vol.3】
Auto Messe Web
初めてのマイカーを運転した時に戸惑ったこと、3位サイドミラーの調整、2位給油口の開け方、1位は?
初めてのマイカーを運転した時に戸惑ったこと、3位サイドミラーの調整、2位給油口の開け方、1位は?
@DIME
メルセデス・ベンツ EQAがマイナーチェンジ、新開発の高性能大容量バッテリーを搭載
メルセデス・ベンツ EQAがマイナーチェンジ、新開発の高性能大容量バッテリーを搭載
Webモーターマガジン
王者36号車au TOMSが堂々ポール。ただQ1担当の山下は”複雑”な心境|スーパーGP開幕戦岡山:GT500 PP記者会見
王者36号車au TOMSが堂々ポール。ただQ1担当の山下は”複雑”な心境|スーパーGP開幕戦岡山:GT500 PP記者会見
motorsport.com 日本版
軽トラなのにオシャレさを追求……って魂動デザインの起源か! マツダB360は情熱と魂の結晶だった
軽トラなのにオシャレさを追求……って魂動デザインの起源か! マツダB360は情熱と魂の結晶だった
WEB CARTOP
アウディ スタイリングとスポーティネスに磨きをかけた新型S3を発表
アウディ スタイリングとスポーティネスに磨きをかけた新型S3を発表
Auto Prove
刑事モノといえばクルマは劇中の華! スカイラインにRX-7にガゼール……心に刺さりまくった記憶に残るモデルたち
刑事モノといえばクルマは劇中の華! スカイラインにRX-7にガゼール……心に刺さりまくった記憶に残るモデルたち
WEB CARTOP
マセラティはカスタマイズ「フォーリセリエ」を訴求…オートモビルカウンシル2024
マセラティはカスタマイズ「フォーリセリエ」を訴求…オートモビルカウンシル2024
レスポンス
顔がスゴイ! “斬新顔”のスバル「3列SUV」!? 大排気量“6気筒”エンジン搭載の最上級モデル「B9トライベッカ」とは
顔がスゴイ! “斬新顔”のスバル「3列SUV」!? 大排気量“6気筒”エンジン搭載の最上級モデル「B9トライベッカ」とは
くるまのニュース
新方式導入で“初めて”ポール獲得。篠原「自分で名乗れるのはちょっと嬉しい」|スーパーGP開幕戦岡山:GT300 PP記者会見
新方式導入で“初めて”ポール獲得。篠原「自分で名乗れるのはちょっと嬉しい」|スーパーGP開幕戦岡山:GT300 PP記者会見
motorsport.com 日本版
スーパーGT、2024年第1戦岡山を皮切りに全大会で公式練習をYouTube無料ライブ配信
スーパーGT、2024年第1戦岡山を皮切りに全大会で公式練習をYouTube無料ライブ配信
AUTOSPORT web
過去の名車の現代化――それは実現しなかった夢でありながら、叶えられた祈りでもあった…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第24回
過去の名車の現代化――それは実現しなかった夢でありながら、叶えられた祈りでもあった…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第24回
LE VOLANT CARSMEET WEB
スーパーGT第1戦決勝前に航空自衛隊がウエルカムフライト。2機のF-2戦闘機がサーキット上空を飛行
スーパーGT第1戦決勝前に航空自衛隊がウエルカムフライト。2機のF-2戦闘機がサーキット上空を飛行
AUTOSPORT web

みんなのコメント

12件
  • ugc********
    林道SSに感動しました!
  • anc********
    レースとは「競争」「競技」の事。
    ラリーも他車と競い合う競技なので、レースです。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村