サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > お金があっても高級装備のほうがいいとは限らない? 選べるクルマの装備6つのメリット・デメリット

ここから本文です

お金があっても高級装備のほうがいいとは限らない? 選べるクルマの装備6つのメリット・デメリット

 使いやすさは人それぞれだからこそ選べるようになっている

 1)プッシュスタートとカギひねり

一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

 クルマを始動させる方法は、今ではボタンを押すだけのプッシュスタートが一般的になっている。それは軽自動車にまで拡大しているのだ。リモコンキーとセットとなるプッシュスタート方式は、キーをひねる作業が不要だから、ワンタッチで始動できる便利さが魅力。夜、キーを差し込む穴を探す手間もない。急いでいるときにも、プッシュスタートは有効なのだ。

 一方、まだキーをシリンダーに差し込んで回し、始動させる“前時代的”なクルマは、同一車種の中にグレードによって存在する。同じグレードで選べるわけではなく、主に、廉価グレードにキーをひねる儀式が残されているというわけだ。

 自身のクルマも、キーをシリンダーに差し込み、回すタイプ。しかし、その数カ月後にプッシュスタートに仕様変更されたのだから、当時は「がっかり」。なんで教えてくれなかったんだ! と思ったものだ。

 が、キーを回す“前時代的”かつ面倒な仕様にも、少なからずメリットがある。まずは、今話題になっている、リレーアタック被害と無縁ということ。電子キーとスターターが通信されているから、リレーアタックされるわけで、キーを回すタイプはその点安心なのである。

 また、プッシュスタートだと、電子キーをポケットやバッグの中に入れたままでも、ドアのロック、アンロック、始動ができるのだが、その電子キーがどこにあるのかわからなくなることがある。が、キーを回すタイプなら、リモコンキーでもドアのロック、アンロックにキーのボタン操作が必要になり、始動するには必ずキーをシリンダーに差し込む必要があるため、キーが見当たらない……とアセることはまずなくなるのだ。

 2)足踏みパーキングブレーキと電子パーキングブレーキ

 パーキングブレーキは、かつてのサイドレバー式や足踏み式から、自動、またはボタン操作でOKの電子パーキングブレーキに代わりつつある。足踏み式はセンターコンソール部分を有効に使え、ミニバンなどで1~2列目席スルーが可能になるなどのメリットがあるものの、けっこうな力で踏まなければならず、靴をひっかけたりするデメリットもあったりする。

 サイドブレーキを使った走行をするような人はともかく、電子パーキングブレーキはセンターコンソールまわりと運転席足もとがすっきりするし、停止時などに自動で作動するホールド機能があったりするから、いいことだらけ。ただ、デメリットとして、引く、踏む、という作業がないため、パーキングブレーキをかけた実感が薄いことと、その作動方法が統一されていないこと。上級車の多くは、エンジンを切ると自動でパーキングブレーキがかかり、Dレンジに入れて発進すれば自動解除となる。これが電子パーキングブレーキならではの便利さだ。

 が、なかにはパーキングブレーキをかけるのも、解除するのもスイッチ操作による手動というタイプも少なくない。かけ忘れや、発進しようとして電子パーキングブレーキがかかったまま……という場面もありがちなのである。同時に、オデッセイHVのように、スイッチの操作方向が逆のクルマもあるのでやっかい。一般的には、引き上げるとかかり、押すと解除されるのだが(サイドレバー式と同方向)、オデッセイHVは押すとかかり、引き上げると解除。オデッセイのガソリン車は足踏み式ブレーキなので、その動作方向に合わせているのだろうか? もちろん、理想は全自動である。

 3)普通のナビとコネクトナビ

 トヨタや日産のナビゲーションの場合、トヨタならT-コネクトナビ、日産なら日産コネクトナビが選択できる。ただのナビゲーションとどこが違うのかと言えば、マイクとスピーカー、通信機機器を介した肉声のオペレーターサービスが利用できるようになるのだ。スマホとの接続が必要だが、専用車載通信機(ドコモやau、ソフトバンクのSIM)搭載のクルマなら、スマホとの接続なしで利用OK。

 トヨタのT-コネナビは3年間通信量無料、日産の日産コネクトナビはなんと1年間通信料が無料である。トヨタや日産の場合、緊急時(オペレーターはGPSで自車位置を把握)はもちろん、目的地設定の遠隔操作、近所の修理工場、医療施設やお薦めのレストランの紹介(遠隔目的地設定)といったサービスもあるから超便利。

 これからは、安心・快適に移動できる、つながるナビゲーションを選択するのが“時代”の流れである。

 上級グレードが良いとは限らない!

 4)本革シートと布シート

 クルマによっては最上級グレードに本革シートが標準装備されていたり、本革シートを注文装備できるグレードがあったりする。確かに、本革シートは高級感があり、見た目は豪華。同じクルマでも、一段と高級感が出てくる。ただし、人によっては布シートのほうがかけ心地がよく感じることもあるから、選択は慎重に。その理由は、本革シートゆえの表皮の張りの強さ(硬さ)。とくに体重が軽めの人は、お尻の沈み込み量が少なくなり、落ち着き感、ホールド感に欠けるかけ心地になったりするのだ(体重65kgもボクでも)。

 ボルボなどでも、上級グレードの高級感あふれる本革シートより、ベーシックグレードの布シートのほうがしっくりしたかけ心地になり、乗り心地までよく感じられたりするのである。

 本革シートを選択しようか悩んでいる時は、できれば布シート、本革シートの両方に実際に座って、運転してみるといい。メーカーが「できるだけかけ心地に差がないようにしました」という布と本革シートでも、かけ心地はけっこう違うものなのである。

 5)ベンチレーションシートの有無

 暑がりの人にとって、プリウスやボルボなどに用意される、本革シートのベンチレーション機能は、絶対にお薦めである。真夏、高温になった車内でも、エアコンが効く前に、本革シートのパンチング部分のベンチレーション機能によって、瞬時に背中、腰まわり、太股裏などがスースーして体感温度が一気に下がり、快適そのもの。背中の汗も引き、ベタベタせず、上着もシワになりにくくなったりする。

 ボルボの場合は、布シートと本革シートで、体重によってかけ心地に差があるように感じられるのでベンチレーション機能を選ぶかどうかで迷うところだが、プリウスの本革シートはそれほど表皮の張りが強くないので、布シートとのかけ心地に差が少なく、体重を気にせずベンチレーション機能の装着グレードを選ぶ価値は大いにある。

 6)前席マッサージ機能の有無

 ロングドライブの機会が多い人には、前席マッサージ機能付きのクルマ、高額になっても装着グレードを選ぶといい。ボルボV60を例に挙げると、標準的なMomentumグレードには付かず、上級のInscriptionグレードに本革シートとセットで装備される。けっこう本格的なマッサージ機能で、クルマから降りたくなくなるほど快適なリラクセーション効果が得られるのだ。ただ、体重の軽い人にとっては、Momentumの布シートのほうが座り心地よく、快適に感じられたりするので、悩ましい……。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します