サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1第10戦無線レビュー(1)】接触後、レッドブル代表がレースディレクターへ猛抗議「適切な判断をしてくれるよね」

ここから本文です

 2021年F1第10戦イギリスGPの決勝レースでは、スタート直後にマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトン接触が発生した。幸いフェルスタッペンは自力でマシンを降りることができたものの、赤旗中断の間に両チームのチーム代表がレースディレクターにお互いの主張を伝えていた。イギリスGPのスタート直後の様子を無線とともに振り返る。

────────────────────

ハミルトンは接触でリムを損傷。赤旗中に交換できなければ「リタイアだったかもしれない」とメルセデスF1

 F1史上初のスプリント予選方式が導入されたイギリスGP。

おすすめのニュース

サイトトップへ