サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーGT】グリップが残っていなかった……19号車スープラの宮田莉朋、2周連続アタック完遂できずポール逃すも「決勝が楽しみ」

ここから本文です
 2021年スーパーGT第4戦もてぎの予選で2番手タイムを記録した19号車WedsSport ADVAN GR Supraの宮田莉朋。ポールは逃したものの、予選でのパフォーマンスには満足しており、決勝も楽しみにしているようだ。

 Q2を担当した宮田は、セッション終了間際に1分37秒549をマークしてトップに。直後にコントロールラインを通過した1号車STANLEY NSX-GTの山本にタイムを上回られた宮田は、2周連続のアタックを敢行してセクター2まで1号車を上回るペースを刻んでいた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン