サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ高級セダンはベンツやBMWばかり人気? 国産セダンが敵わない理由とは

ここから本文です

■ブランドイメージ以外にも訳がある? 輸入セダンが国産セダンより人気な理由

 2019年上半期(1月から6月)の販売統計を見ると、上級セダン(セダンをベースにしたワゴンを含む)で販売好調となっているのは輸入車です。上半期の登録台数を1か月平均に換算すると、メルセデス・ベンツ「Cクラス」が1876台、BMW「3シリーズ」は746台、メルセデス・ベンツ「Eクラス」は677台でした。

高級車の車検は高い!は本当か 新車時4000万円「ベントレー」の車検費用は?

 一方、日本の上級セダンのなかには、トヨタ「クラウン」などの人気モデルもあるものの、なかには売れ行きが不振となっているクルマも存在します。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン