サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 小林可夢偉、2022年はトヨタWECのドライバー兼チーム代表に! 中嶋一貴の後任は平川亮

ここから本文です
 TOYOTAGAZOORacingは12月5日に2022年の参戦体制を発表。その冒頭でトヨタ自動車の豊田章男社長が登壇し、小林可夢偉がトヨタWEC(世界耐久選手権)のチーム代表に就任することが明らかとされた。

 小林は来季、ドライバーとチーム代表を兼任することになる。豊田社長の紹介で登壇した小林は、自らの口で2022年WECの参戦体制を発表。7号車は小林、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスの布陣が継続され、8号車はWECを勇退した中嶋一貴の後任として、平川亮がチームに加。セバスチャン・ブエミ、ブレンドン・ハートレーと組むことが発表された。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン